【乗鞍開通アタック!】天空の絶景ロード「乗鞍スカイライン」の雪壁を堪能してきました!!

はじめに

自転車を始めて何度か訪れたことがある
サイクリストの聖地「乗鞍」

何度でも走りたくなる絶景の連続で、
大好きな場所の一つです。

秋の乗鞍

大阪から日帰り乗鞍へ!!ロードバイクで紅葉の「乗鞍エコーライン」を走る!

2019/10/01

【夏の乗鞍に泊まる!】スカイラインと剣ヶ峰!乗鞍を満喫する1泊2日ライド!!

2018/07/31

しかしここ数年は機会に恵まれず、
なかなか訪れることが叶いませんでした。

やっと実現したと思ったら、
晴れ予報だったのに散々雨に遭ったりと、
天にも恵まれてなかった気がする。

この日は自転車が通行できたのが
不思議なくらいでしたよ・・・

さて。
そんな恵まれなかったぼくたちに、
絶好のチャンスがやってまいりました!

5/15(日) 乗鞍スカイライン開通!

この機会を逃してはいけない!
雪が残る乗鞍が見られる最高のタイミング!

そんな開通初日に行ってまいりました!

 

弾丸kazu号、出発!

今回の乗鞍は日帰り行脚。

そんな弾丸スケジュールとなれば、
お馴染みの「kazu号」の出番であります!
kazuさん、お世話になります!

今回のメンバーはこの6名だ!

  • kazu.jumpさん
  • Lovelybeerさん
  • kaboさん
  • キーボーさん
  • きゃぷちゅん(a.k.a.フジモト)
  • DARUMA

パンがないけどキーボーさんがご一緒に!

きゃぷちゅん氏に関しては、
前日の昼間に誘われて急遽参加する…
という身軽さを発揮いただきました。
フットワークすごい。

そして久しぶりに見る満載CAR。
すごいじゃないカー。

深夜に出発をして、
6時にスカイラインゲート前に到着。
7時のゲート開通に向けて、
既に駐車場は半分以上埋まっていました。

そんな折、突如彼が思いを吐露するのでした。

きゃぷちゅん氏
トイレがしたいです…

なぜコンビニで済ませなかった!
笑いながらツッコむ我々と違って、
彼の眼は真剣だった。

ここはただのゲート前だ。
下の「ほおのき平バスターミナル」まで戻らないと、
トイレはないんじゃないか!?
持ち合わせの情報からの結論だった。
そして下との標高差は450mほどもある。

もう車は移動できない状況下なので、
下るとすれば自転車で行くしかない。
しかし行けば登坂がもれなく付いてくる。
なかなかのアンハッピーセット。

彼の顔面は苦悩に満ちていたが、
塾考の末に一つの答えを出した。

激坂<<<便意

彼は決して健康優良ではない腹をくくり、
勇敢にも自転車で激坂を下って行ったのだ。
450mを登り返す決意を胸に。
さようなら・・・

なんか話がめちゃくちゃそれました。
開門前になると自転車乗りが続々と…

そして、いよいよ開門です。
乗鞍スカイライン、シーズンスタート!

開通してすぐにきゃぷちゅん氏が帰還。

置いていかれると思ったらしく、
死ぬほどがんばって激坂を登ってきたらしい。
あー、置いていくつもりだったのに(鬼畜

その後、ゲート横に簡易トイレがあることを
彼は知る事となるのだが、それはまた別のお話。

というわけで、
僕らの乗鞍がスタートしました!!

 

絶景の乗鞍へ!!!

ゲートをくぐってスタート。

楽しい楽しい乗鞍ですが、
道のりはなかなか険しいのです。
ひたすら登る。

早くも残雪が目に入ってきました。

ゲートのある平湯峠は標高1684m。
スタートから既になかなかの標高なのだ。

序盤に出てくる展望台「望岳台」

槍・穂高連峰の望める絶景スポット!
あいにく曇天気味なんですが、
登ってきた道も見えるし最高だわ。

この日は自転車だけではなく、
トレランで登る人も多くて驚きましたね。

乗鞍は一気に登ることはしません。

立ち止まっては景色を見て写真を撮る。
これがベストな楽しみ方だと信じてる!

先程の穂高連峰がきれいに見える中、
少しずつですが上に登っていくのです。

この日の気温は、この辺で6℃くらい。

登るにつれて徐々に雪が増えてきて、
気がつけば水が凍っていたり・・・
いよいよ別世界に入ってきた感じ。

遠くに大きな山が見えてきました。

これ白山ですよね。
すごいなぁ!

空が広くなってきました。

ゆっくり登るのもしんどくて、
高度が上がってきたのを体で感じます。
(いや、ただ疲れてるだけかも!)

ビューチホー!

 

堪能!乗鞍!!!

スカイラインは終盤に差し掛かると、
本気を出してくるのです!

ヘアピンカーブに差し掛かると、
雪壁がドーンと出現!

うおー!すごい!!!

すごいことになってきました。

見通しの良いところから
後ろを振り返るとこの光景ですよ。

素敵すぎるやん・・・

まさに「天空ロードを走る」だよ。

大好きなつづら折り区間。
ここを走るだけで最高だわ。

これが乗鞍や!(再確認)

何度か見ている景色なのに、
初めて見たような感動のある絶景。
季節が違えばこんなにも違うのか…

思わず振り返っちゃうやつ。

こんなもん味わうしかないやろ。
しがむように景色を見る。

いよいよ畳平も近づいてきました。

その時、キーボーさんから驚きのお知らせ。

「あれ、雷鳥ですよね??」

ほんまやー!!!
キーボーさん千里眼やん!

これがスカイラインの最終カーブ。

畳平のバスターミナルに行く前に、
少しエコーライン方面へと向かいます。

途中の道は路面凍結&雪壁。

エコーラインはまだ閉まっているので、
自転車を担いで記念写真のみ。

松本側のほうが雪深いはずですが、
今年はかなり雪少ないですね〜。
大雪渓も例年より60cmマイナスとか、
そんな情報もありましたね。

畳平へ。

ここからは乗鞍・第二部へ。

 

第二部を満喫!

畳平に自転車を置いて、
ここで少し防寒対策を講じます。
なぜならめちゃくちゃ寒い。

畳平:2℃!

そんな中、向かうのは山である。
と言っても、散策レベルなんですけどね。

畳平からすぐの魔王岳。

本当は剣ヶ峰へ行きたかったんですが、
この写真でも分かる通り、めっちゃ雪。

さすがにまだ軽装で行ける場所ではなく、
今回は諦めざるを得なかったです。
(もうちょっと溶ければ行けそう…)

魔王岳のピークは標高2,764m。
それほど標高も高くないんですね。

そういえば自転車を担いで登ってる
ツワモノな方もいらっしゃいましたね。

そんな魔王岳からの景色。

抜群やんけ!

いやー、美しいなぁ。

剣ヶ峰のほうも良いですね。

松本方面。

畳平から本当にすぐそこですが、
少し登るだけで全く違う景色ですね!

これキーボーさんに頂いた写真。
なんかめっちゃ山登ってる感ある!
(おもくそサイクルキャップやけど。)

その後、バスターミナルに戻り、
体を温めるべく豚汁を頂きました。

これが550円の味…

ちなみにこの畳平で過ごした時間に、
きゃぷちゅん氏はテレビ取材を受けたらしく、
この日のニュースに登場していました。

最高すぎるw

色々と楽しかった乗鞍。

帰りも時々立ち止まり、
景色を堪能しながら下っていきました。

寒い中、下っていくと身体も冷えます。

麓の「平湯温泉」へ行くしかありません。
乗鞍ヒルクライムと温泉はセットです。
あ、腹ごしらえも忘れずに。

ということで、
最後の最後まで楽しい乗鞍でした!

久しぶりの乗鞍、濃厚でした!!!

 

おわりに

久しぶりの乗鞍は最高でした!

雪の残る乗鞍は格別で、
蓄積された「乗鞍欲」は満たされました。
剣ヶ峰に行けなかったのは残念なので、
また違う季節に行けたら良いなぁ。

この日は特に寒かったので、
平湯峠ですでに気温は一桁でした。
畳平で2℃っていうのもなかなか・・・

夏でもたまにめっちゃ寒い日あるので、
行かれる際は事前に気温を調べておいて、
寒い思いされないようにしてくださいまし。


さて。
この美しかった乗鞍の素晴らしい道程。
振り返ると素敵な思い出に包まれますが、
早くも何かに支配されつつあります。

それは、きゃぷちゅんのせいだ!

今回の主役は彼でした。
もしかすると乗鞍より彼でした。

ギリギリで参加してくれるという流れから
想像もつかない活躍ぶりでした。

意外と本筋と関係ないところが、
楽しかったりすることはよくありますが、
なんかそういうの良いですよね。

って何の話やねん。

乗鞍、雪が溶ける前に行くべし!!!
Special Thanx
なおっちさん、
数々のツイートの引用させてもらいました。
ありがとうございます。

そして是非こちらもご覧あそばせー

いよいよ開通!乗鞍スカイライン2022ライドレポート

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。