DAHON K3 Plusのタイヤをシュワルベ「マラソン」と「ビッグアップル」へ。

はじめに

DAHONを購入してから、
色々と試行錯誤している部分もありますが、
特にタイヤに関しては、
正解が分からず何度か交換してきました。

一度、こちらでも報告したのが、
KENDAのKSMARTというタイヤです。

【ETRTO305規格の16インチ】DAHON K3 Plusのタイヤを「KENDA KSMART」に替えてみました。

2021/04/28

よく走る印象はありましたが、
乗り心地が好きでなかったのもあって、
あまり摩耗することもなくお蔵入り。

その後、IRCのタイヤに替えましたが、
こちらは転がりが鈍くお蔵入り。

そんな謎の無駄遣いを経て、
ついにお気に入りに出会いました!

 

シュワルベの国内在庫が復活!

在庫があるうちに買え!

ETRTO305の16インチというサイズは、
タイヤの選択肢が少なすぎる!
というのは、以前愚痴った通りです。

しかしその時に在庫がなかった
シュワルベのタイヤが入荷したようで、
国内でも流通しはじめたのです。

具体的に書くとコレ!

  • Schwalbe Marathon (16×1.75)
  • Schwalbe Big Apple (16×2.00)

これ国内在庫あるうちに買わないと、
欠品したらなかなか入らないかも!

ガイツーで入手するよりも、
こういうタイミングで買うのが正解!

ということで、
どちらもすぐに購入したのでした。

 

マラソンとビッグアッポー

長らく欠品していた商品。
本当に届くか少し疑っていましたが、
ちゃんと届きましたよ。

なんか、ええ感じや・・・

せっかくなので、
この2種類のスペックを比較してみる。


【Schwalbe Marathon】

“プラス”ではない無印のマラソン。
プロテクションは厚さ3mmのGreenGuard。
ツーリング向けのタイヤ。

プロテクションのためか500gもあるので
1.75幅のタイヤの中でも重い部類かな。

側面には反射材がついているタイプ、
「Black-Reflex」仕様。

Size:ETRTO 47-305 (16 x 1.75Inch)
Typ:Wired
Compound:Endurance
Execution:GreenGuard
Color:Black-Reflex
Weight:500 g
Pressure:3.50 – 5.00 Bar (50 – 70psi)
EPI:67

指標はこんな感じ。
GreenGuardの性能で、耐久性は高いみたい。


 

【Schwalbe Big Apple】

14インチK3のカステムでお馴染み、
「ビッグアップル」の16インチ版。

ただ14インチ版とは仕様が違って、
こちらは「パフォーマンスライン」で、
コンパウンドも違うし別物ですね。

サイズの割に370gと軽いし、
EPIも67で耐久性にも秀でていますね。

こちらも「Black-Reflex」仕様。

Size:ETRTO 50-305 (16 x 2.00Inch)
Typ:Wired
Compound:Endurance
Execution:RaceGuard
Color:Black-Reflex
Weight:370 g
Pressure:2.00 – 5.00 Bar (30 – 70psi)
EPI:67

指標はこちら。
パフォーマンスライン優秀すぎない!?

 

K3 Plusに装着する!

まず前提を振り返りますが、
K3 Plusはフレームに干渉するため、
1.75までしかハマりません。

干渉するのはフロントフォーク。
リアはまだかなり余裕があるので、
ビッグアップルのような2インチ幅でも、
充分にインストール可能ですね。

タイヤ幅ってそんなにシビア?
って思うかもしれませんが、
2つを比べてみると一目瞭然です。

幅とともに外径も大きくなるので、
クリアランスには注意が必要なのです。

そして「外径を大きくしたい」というのが、
太いタイヤを選ぶ理由の一つでもあります。

ビッグアップルのため、
チューブも新しいの買いましたよん。

タイヤを変えるだけなので、
作業は楽ちんでございます。

とはいえ、いまだに苦手な作業なので、
不器用な私にはこのアイテムが必須です。

created by Rinker
BIKE HAND (バイクハンド)
¥900 (2021/10/14 20:59:16時点 Amazon調べ-詳細)

インストール完了!
と思ったら、まさかのハプニング!

フロントフォークに干渉しやがる!!

IRCの1.75は余裕で入ったけど、
それよりもかなり大きいみたい。
空気圧の問題なんだろうか・・・

結局、少し空気圧を下げまして、
なんとかギリギリ収まりましたが…
クリアランスが数mmしかない!

まぁ入ればそれで良いんだよ…。

というわけで、
タイヤがパワーアップだ!!

前がマラソン、後ろがビッグアッポー。

 

使ってみた感想

こんなこと書くとアレなんですけど、
この仕様で初めて乗った時に、
本当にこう思ったんですよ。

「これ最高やん。」

太いタイヤなのに眠たくない印象。
しっかりと転がるのに、
乗り心地は悪くないというやつ。

特にビッグアップルが良い。
割としっかり空気を充填していても、
エアボリュームのが大きい恩恵なのか、
跳ねるような感じもなく、めっちゃ良い。

タイヤを太くしたデメリットは、
ひとつも思い当たることがなくて、
正直、最高の選択肢だと思ってます。

KENDA K193(1.50)、KSMART(1.75)、
IRC74型(1.75)を使ってみましたが、
今回のこの組み合わせが最強でした。

自分の中の正解が見つかった感じ。
なにか問題が見つからない限りは、
MY DAHONはこれで決定やな!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です