午前中の100kmライド!大阪から大正池を巡るのんびりツーリング!

はじめに

先週末、「大山一周ライド」ということで、
遠征をして走ってきたんですが、
その時にお世話になったkazuさんと、
今回も一緒に走ってもらいました。

ぼくは普段は北摂のほうへ行くことが多く、
家からそこそこ近いはずの生駒や京田辺は、
全く走ったことがないのでした。

その辺りの道にも詳しいkazuさんに、
案内してもらおうということで、
ルートはお任せという名の丸投げ…

こちらから声をかけたのに、
あ、ルートはよろしくです~みたいな感じで
我ながら鬼畜の所業(猛省

ということで、
100kmほど走ってきました。

 

大阪から生駒を越える!

今回は朝5時に待ち合わせ。
いつの間にか朝早いのには慣れましたね…

DSC06674

VOLT1600を装着して出発しようと思ったら、
充電がバッチリ切れていましたので、
ただの"重し"となりました。
ありがとう。

それでも5時前だと既に外は明るく、
走ってる間にすぐに明るくなったので
常備してるライトで事足りました。
(MOONのメテオ200もなかなか優秀!)

DSC06675

淀川河川敷で待ち合わせ。
いつも城北公園か池田の待ち合わせが多いので、
ちょっと新鮮な感じなのであります。

DSC06676

ほどなくしてkazuさんも到着。

DSC06677

というわけで、早速スタート!

淀川からは住宅地を抜けて走ります。
しょっぱなから、どこを走っているか
全然分からないぞ…

DSC06678 DSC06680

気がつけば京阪電車と並走する道へ。
R163が交通量が多いので、
なるべく回避して進むルートなのです。

DSC06681

途中から第二京阪の側道を走りますが、
ここは細かいアップダウンがあってキツイ…

kazuさんも踏み踏みで走るので、
ここいらは後ろで必死こいて走ってました。

もう少しで峠があるとのことで、
手前のコンビニで休憩をとりました。

DSC06682

あ、ここ前にあまえびさんと来たトコや!
多分、このときだ・・・

ここからは生駒方面へ峠越えです。
以前から名前は聞いたことのある「傍示峠」

住宅地の中を抜けると、
急に雰囲気が変わり峠道へ。

DSC06683

薄暗く狭い道を登ります。
さっきまで走っていた喧騒のある道とは大違い。
それなりにガッツリ登る道ではありましたが、
なかなかのええ雰囲気の峠でした。

DSC06685

峠を越えてさらに東へ進みます。
途中で「くろんど池」の近くを走りました。

DSC06686

kazuさんからの情報が…
「くろんど池でソフトクリーム食べれますよ!
まだ開いてないけど!」
そうなんです。
朝早く走るとコンビニ以外開いてないんですよね。
早朝ライドの多大なるデメリットだ・・・

DSC06687

でもまだそれほど暑くない気持ちの良い朝。
沢山のロード乗りとすれ違いました。

DSC06688

R65で京田辺方面へ進み、
途中で京阪奈道沿いの脇道を走ります。
さすがkazuさん、マニアックなコース設定だ…。

DSC06690

途中でR307に入り、
そのまま山城大橋で木津川を越えました。

DSC06692

橋を過ぎてすぐのコンビニで休憩。

「大正池、どうします?」
「疲れたしやめます?」

これは真面目な話し合い。
ぬるま湯の二人なので決まりません。
登るべきか登らざるべきか・・・

(いや、正直もう帰るつもりでした!)

 

 

大正池を登る!!

休憩中に議論を交わした結果、
せっかく近くまで来たんだし…
「ゆっくり登りましょう。ゆっくり。」
ということで、"ゆっくり協定"が締結。
大正池を散歩することになりました。

DSC06693

徐々に近づいてくる今回の強敵…。

DSC06695 DSC06696

いざ、大正池へ!!

DSC06697

変に名前だけで恐れていましたが、
大正池はイメージよりも緩勾配。

「FTPを測るのに最適」という評判でしたが、
確かに脚質を選ばず負荷をかけやすいのかも?
という感じの印象を受けました。

車の往来には気を付けないといけないけど、
追い込むのには良いかもしれないですね。

川沿いの道を走って行くと、
徐々に景色が山林に変わって行きます。

DSC06698 DSC06699

「池、まだですかね?」とか
話しているうちに登坂区間終了。
あれ、池はどこにあったんだ!?

あっけなく終わってしまった!

ゆっくり登ればなんてことのない道だった…

大正池を反対側に下りますが、
裏大正池は勾配も急でダウンヒルも怖かった…。
でも途中でちらっと見える景色は素敵!

DSC06701

そのまま大正池を下り終えて、
少し行ったとこにある自販機で休憩にしました。
ドリンクの消耗がえげつないのでした。

DSC06703

この辺りは水もきれいだったので、
このままダイブしたい欲求に駆られました…
まぁ泳がれへんからあかんねんけども。

DSC06702

念願の大正池を走ることができて満足。
ここからは大阪への復路となります。
さぁ帰ろう大阪へ。

 

京田辺を抜けて大阪へ

下り基調で木津川まで走ります。
この辺りで自転車とすれ違いまくったなぁ。
みなさん滋賀のほうへ向かうのかな?

DSC06706

途中で木津川沿いに北上しますが、
ここでも大型車のよく通るR163を避けるように
道を変えながら走りました。

DSC06708 DSC06709

細い道を抜けて"木津川台駅"の横を通過。
再び生駒のほうへ向かいます。
途中でよく名前を聞く「けいはんなプラザ」の辺りを走りました。

DSC06710

断片的な情報はありますが、なんせ土地勘が皆無。
どこを走ってるのかさっぱり分からないんですね。
それが新鮮で面白かったりして。

DSC06711

細かいアップダウンを走りながら、
この辺りで人気の?「鳥谷池」へ。
ここも自転車の定番練習コースなのかな?

DSC06713

そんなこんなで、
ようやく生駒まで戻ってきました。

DSC06714

行きは「傍示峠」を走りましたが、
帰りは下り基調のR168・盤石街道を走りました。

DSC06715

行きに立ち寄ったコンビニと、
同じところで最後の休憩。
暑すぎて"白くま"以外は胃が受け付けない…

DSC06716

そのまま一般道を走り枚方市街地へ。
クッソ暑いし、車が多くて辟易…。
都会はダメだ。

DSC06717

枚方からは淀川河川敷へ入りました。

DSC06718

河川敷は走りやすくて良いんですが、
真夏に来てはいけませんね。

遮るもののない川沿いの暑さは尋常ではなくて、
アスファルトの照り返しもマキシマム。
オーブントースターの中を走ってるみたいや…

こういう暑い日の河川敷は、
何年か前に嵐山に行ったときに、
熱中症でヘロヘロになった思い出が蘇るのです。

DSC06719

最後は暑さにコテンパンにされまして、
ヘロヘロで解散となりました。

そして帰ってから水浴びをするという。
夏のライドは修行だ…

kazuさん、道案内や諸々のこと
ありがとうございました!
また行きましょう!!

 

おわりに

暑かった。ほんとに暑かった。
しばらく走る道と時間帯は考えなくては!
と思わされるライドでしたね…

生駒を越えて交野の辺りに出たとき、
その強烈な日差しと暑さに、
言葉も出ないくらいでした。

今回はkazuさんに色々と案内してもらって、
生駒や京田辺のほうを走りましたが、
知らないところばかりで新鮮でした。

おもしろいところも沢山あると思うので、
北摂方面ばかりではなくて、
生駒のほうも開拓していかないと!

どうしても混雑する市街地を通らないと、
山のほうへアクセスできないのが、
生駒方面へ行きにくい要因なので、
走りやすい道を吟味しないと…

というわけで、
kazuさん、またよろしくお願いします!

 

今回の軌跡

距離:107.28 km
時間:4:50:24
平均速度:22.2 kph
高度上昇:1,147 m

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です