嵐山経由で美山までグルっと走る!春を感じる駆け足ロングライドへ!!

はじめに

こんにちは!
チャゲアスのアルバムを聴くときは、
大体チャゲの曲は飛ばしちゃうDARUMAです☆

・・・。

4月のflecheが近づいてくる中で、
焦燥感だけが募る日々でございます。
自信が全くない。
具体的に言うと、走力のことだ(今から無理

【フレッシュ】チームで走る24時間耐久ロングライド!「Flèche Kinki 守山」を走ることになりました!!

2020/03/10

だからと言って何をするワケでもなく、
せめてもの対策に!ということで、
ちょっと長めの距離を走ることにしました。

予定が迫ってくると
雨予報を知らせてくれる天気予報。
早くも崩れ去るロングライド案…。
無念。

当日15時くらいには降り出すようなので、
それを避けて走りに行こう!
という感じで計画は立て直されました。

今回の目的地は京北のあたりにして、
雨に濡れずに行きましょう!
そんなライドに御一緒してくれたのは、
この3人でした。

  • ロゼさん
  • あかのすけさん
  • がんちゃん氏

こんな適当に走り出したのに、
久しぶりのデガラシライドでした…

 

枚方からスタート!

朝5時すぎ。
私は守口の辺りを走っていました。
めざすは枚方だ!

淀川河川敷へ入りましたが、
まだまだ真っ暗なのでした。

意外と朝は寒かった!
という以外、特に何もないまま、
無事に枚方に着いたのでした。

おはようございます!

枚方駅前であかのすけさんと、
写ってないけど、ロゼさんも合流。
がんちゃん氏は八幡で合流予定だ。

駅前から再び淀川の河川敷へ。
ひたすら川沿いを北上していきます。

さくらであい館でがんちゃん氏と合流。

そのまま先頭に出てもらって、
桂川を嵐山方面へ!

八幡の背割堤や、桂川沿いの桜並木も、
まだ開花はしていませんでしたが、
おそらく、もうそろそろですよね。

川沿いを走って松尾へ。
この辺りまで来ると雰囲気も変わって、
何かが高ぶります。(なにが?

ちょっとコンビニで休憩を挟んでから、
嵐山を抜けて、さらに北を目指します。

正面奥に見えるのは清凉寺。
よく通るけど、一度も入ったことはない。

そこから東へ進んで、
広沢池を越えて、高雄方面へ北上。
ここからしばらくR162のお世話になります!

山を越えて南北に走るこのR162。
南北を繋ぐまともな道はこれくらいしかないし、
嵐山高雄パークウェイの入り口もあるし、
結構混みあうイメージの道です。

南から走ると、序盤にいきなり、
御経坂(みきょうざか)峠」という名の、
しっかりとした峠越えを迎えます。

その後もダラダラと登り続ける道。
ロゼさんが先頭に出てしまったことで、
後続の僕らの顔色はなくなりました。

山の中を走る道なので、
何本か大きめのトンネルがあります。

「中川トンネル」は迂回して、
北山杉の里を通ることができます。
絶対にこっちを走ろう。

そして引き続き北上!

笠トンネルを越えて、
続く京北トンネルを迂回して、
そのまま京北に行く予定でしたが、
道を間違えました。オーマイガー。

遠回りになっちゃったけど、
まあ良いか!と言いながら、リカバリー。

桂川沿いの道で、再び京北方面へ。

その途中、見事な枝垂れ桜があったので、
思わず近づいて写真を撮りました。

まだ朝方なんか寒いですが、
着実に春はやってきていますね。

いやー僕が道を間違えたおかげで、
絶景に出会えましたよね。ねっ!?

R477の裏を走る桂川沿いの道。
はじめて走ったけど、ええ道でした。
今度からこっち走ろう。

そして「道の駅ウッディー京北」へ到着!
トイレ休憩を兼ねてミーティングです。

実はこの日の朝から、
天気予報が好転しておりました。

【朗報】今日は雨降らないかも!?

雨が降らないのであれば、
ここで帰ってしまうのはもったいない!

まだ先を目指すことにしました!

 

美山とベッキー!

そうと決まればレッツゴー!

再びロゼさんを先頭に、
ぼくらは美山を目指して走り出します。

長閑な風景を見ながら、
なかなか緩まないスピード。
なんか…つらい…

途中に立っている廃トトロ。
その存在をお伝えするも風にかき消され、
ロゼトレインには拍車がかかる。

スピードの上がるロゼさんに、
もう着いていくこともままならない。
いつの間にか必死になっている私に、
ロゼさんは励ましの声をくれました。

「もうちょっとやから、がんばって!」

ロゼさんとは、もう数年来の仲間です。
なので私は薄々気が付いていました。
おそらくこの「もうちょっと」は、
「もうちょっとではない」ということを。

そして私は静かにちぎれていきました。
まるでタイタニックと沈んでいった、
ディカプリオの最期のように・・・
背中がファーラウェイ。

トンネルを越えたら南丹市!
美山だ!!

まだ朝ご飯も食べていないので、
早速、モーニングを頂きましょう!

あかのすけさんのリクエストで、
道の駅のすぐ横にある「ZERO−BASE」へ。

二輪バイク御用達のイメージでしたが、
一応サイクルラックもあったので、
自転車も歓迎ということでしょう。

敷地が広くて開放感がありますね。
テラス席がメインっぽいんですが、
これからのシーズンには良いでしょうね。

みんなで朝ご飯を頂きまーす!

僕はハチミチーズトーストを注文!
パンが予想外のビッグサイズで、
腹いっぱいになりましたよ。

ついつい長居しちゃう感じで、
居心地の良いところでした~。

モーニングでお腹いっぱい。
「よし、美山を堪能しよう!」とはならずに、
ぼくらは亀岡方面へ南下します。

なんか正直に書いてしまうと、
みんな極力早く帰りたいのです。
今日はこれくらいがええ塩梅なのです!

めざせ亀岡!
(もちろん先頭はロゼさんに固定だ!)

R19へ入り、南下していきます。
美山の滞在時間の短さったらない。

神楽坂トンネルを越える。
旧道の峠道もオススメですけど、
今日は極力、峠はパスします(ヘトヘト)

このまま亀岡方面へ南下していくのには、
R443→R365→R477と走るのが早いはず。

走ったことのない道もあるので、
ワクワクしながら進んでいきます。

峠越えはないはず…
と、根拠なき妄信をしていましたが、
早速、勾配のある道が出てきました。
オーマイガー。

林道の風情が残る少し苔むした路面。
しばらく登っていくと思いがけない景色。
素敵な峠道です。

ピークは京都市との境でした。

ここは「漆谷峠」と呼ばれるところらしく、
少し園部の中山峠にも似た感じの雰囲気で、
とってもええ感じでした。

実際登ってるときは、
「これいつ終わんねん」と悪態ついてました。
心の機微とはそういうものなのです。

ようやく京北あたりまで戻ってきました。

しばらくはこんな感じの道。
山間を抜ける素敵な道の連続。

改めて京北は良いなぁ。

桂川のあたりまで降りてきて、
ここからはR477で南下していきます。

最近まで通行止めだった区間なので、
今回は久しぶりに走れます。

この木々の間をすり抜けていくような感じ、
めちゃくちゃ良いんですよね。

多少の登り坂なのは、了承済み。
うむ、ちこーよれ、くるしゅーない。

しかし、登れども登れども終わらぬ。
なんだこれは無限ループか。

そういえば南から走ることはあれど、
北から走るのは初めてのことだった。
この道、こんなに登ったっけ!?

地図を凝視した。
まだ終わらぬ道の果てを地図から読み取る。
・・・まだまだあるやないか!

いや、もうちょっとのはずだ。
苦しいときほど自分自身を欺くのだ。
「君はしんどいのか?」
「いや、僕はまだ16歳だから元気です」
もはや意味不明な問答を脳裏に漂わせ、
ついに長い登坂区間を乗り切った。
松本伊代と永遠に同い年だ。

ようやく神吉に到着しました!

いやー、美山から結構ヘヴィでした。

ここに来たということは、
ベッキーと会えるということである。

どう見てもレギュラーの西川である。
あるある探検隊である。

最短距離を取るのであれば、
ここから旧道・紅葉峠が良いんだろうけど、
走りやすさ重視でR477を使うことに。

廻り田池の横を通ってR477へ。
そのまま亀岡へ一気にダウンヒル!

 

亀岡でバーガー!

亀岡に降り立ちました。

ちょっとコンビニで休む予定が、
走るべき道のセレクトを間違いまして、
コンビニは諦めて次の目的地へ。

次の寄り道スポットは、亀岡駅近く。

車が少なくて走りやすい、
桂川の北側の道を東へ移動して、
亀岡方面へと走りました。

そしてたどり着きました。

「ダイコクバーガー」

久しぶりにやってきました!
サイクルラックもあったので、
しっかり利用させてもらいましたよ。

乾いた体に、てりやきバーガー。

ランチタイム満喫でございます。

久しぶりの再訪でしたが、
パっと利用できる雰囲気も良いですね。

ここでがんちゃん氏は離脱です。
今日もありがとうございました!

この先、雨雲が迫っているらしく、
急いで解散して、各々の帰路へ。

残り3人は南下ルートのR6へ。

flecheの話などをしながら、
最後の登坂区間を噛み締めました…

本日もまた一本牽きのロゼさん。
ここでR46へ行かれるためお別れです。
今日もありがとうございました!

 

帰路へ!

残り二人で大阪方面へ。

この「樫田トンネル」で、
今回の登坂区間はすべて終了でした。
お疲れさまでした。

トンネルを越えたところで、
自販機休憩をもらいました。

もう限界なのである。
ふたりとも、デガラシなのである。

このままR6を走って高槻まで。

しばらくは下り基調なんですが、
ほぼ平坦みたいなもんなので、
結局ペダルを回さないといけないのでした。

高槻の街中へ。

混み合う道を辛抱して走ります。

途中から、川沿いの道をつないで、
淀川を目指して走りました。

芥川沿いかな?
途中で道が途切れたりややこしいですが、
うまく繋げば、意外と行けるもんですね。

なんか途中で迷ったりもしましたが、
無事に枚方大橋まで帰ってこれました。

ちなみに今回は守口に着地したいので、
東側の河川敷を選びました。

ようやく、よく知ってる景色へ。
美山からここまでが長かった・・・

安定の向かい風が吹き荒れる中、
二人でゆるゆると帰りました。

最後は守口のコンビニへ。

今回は早朝に枚方集合だったので、
車載で来てくれたあかのすけさん。

なぜか枚方まで来ずに、
守口に車を置いてスタートしたらしい。
というわけで、ここがゴールなのでした。

お疲れさまでした!!

非常に充実したライドでした。
ありがとうございました!

 

おわりに

結局、雨に遭うこともなく、
ええ感じに楽しめたライドでした。

途中も結構適当に走っていたんですが、
なんかええ感じのルートでしたね。
京北の辺りは本当に素敵でしたわ。

今回もデガラシとなりました。
どこがキツかったというか、
全体的にずっとしんどかった一日。
後半は割れおかきの如くボロボロで
久しぶりに体の芯まで使った感じ。
やー、疲れた!

そして乗れば乗るほどに不安になる、
flecheというグループライドの怖さ。
本番までもう1ヶ月もないやんかいさ…


久しぶりにR162を登ってみると、
記憶にはないアップダウンの数々。
結構ハードな道だったんですね…

美山への道っていくつかありますが、
山を最小限にすれば、意外と走りやすい。
日吉経由なんかだと、そんな感じ。

峠を越えたければ、
東寄りからアクセスすれば峠三昧だし、
ロングライドには良い目的地ですよね。

改めて京北の辺りが楽しかったので、
また近いうちに走りに行きたいなぁ。
今年は夏のドボチョン美山したいー!

 

今回の軌跡

距離:188.40 km
タイム:7:02:40
平均速度:26.7 kph
高度上昇:1,570 m



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です