[ロードバイク] 大阪→五月山経由→道の駅いながわへツーリング!

週末、久しぶりにロードバイクで出動。
いつもご一緒してもらう、ベーシスト仲間、
そしてロードバイク仲間の酒乱先輩を道連れにツーリング。


夕方から雨が降るという天気予報だったので、
100km以内くらいでゆるりと走れるコース…
結局、いつも走っていた猪名川沿いのコースで
なぜか「道の駅いながわ」が目的地に決定!w


出発はいつもの淀川沿い。
いつものスタート地点

天気も良くて、雨が降るとは思えない青空!
しかし寒い…。
上半身は半袖ジャージに長袖ジャージ、ウインドブレーカー。
下半身はレーパンに薄手のジャージを着用。

こんな服装でもちょっと風が冷たく感じる朝。


「赤川大橋を渡り、上新庄・淡路付近を抜けて神崎川に。
 神崎川沿いを下流に走り、途中の阪急神崎川辺りの分岐で、
 猪名川へ入り上流を目指す。」

いつものコースなんやけど、久しぶりのサイクリング。
ゴミゴミとした川沿いを走るのすら気持ち良い。

赤川仮橋


川西の辺りの猪名川河川敷で小休憩。
猪名川河川敷で休憩


この頃にはウインドブレーカーもしまいこんで、
走ってると少し汗をかくくらいの程よい気温に。
ほんとに天気が良い。
雨が降るとは思えない高い空。


途中に猪名川名物の鯉のぼりを発見!
季節を感じる猪名川こいのぼり

そういえば去年も見かけたなぁ。
迷いながら猪名川CRを走っていたのが一年前。
なかなかこの一年は充実していたのかもしれないな。


このまま「道の駅いながわ」に行くとなると、
結構おもしろみのない道になってしまう。
むしろ「道の駅いながわ」から奥へ進むのが本来の醍醐味。
今回は、その眼前で引き返すのだから、いささかもったいない。
いささか先生。

「せっかくここまで来たんだから、
ちょっとヒルクライムぽいことをしてから、
そっから先を目指すのも良いんでないかい?」

ぼくの意味不明な提案になぜか盛り上がる二人。
そうなんです。ちょうど目の前には五月山が!

「五月山の眺望の良い所まで登ろう!」


ちょっと寄り道をすることになりました。
猪名川を少し横にそれると五月山まではすぐそこ


徐々に傾斜が出てきます。
ここも二輪は禁止ですが自転車は通れます。
ゲートのおっちゃんと「おはよう」と挨拶を交わしたらスタート。

序盤がキツイ。
早くもギアが売り切れ状態になってしまうけど、
とりあえずゆっくりゆっくりとペダルを回して、
スローながらも着実に上っていく。

五月山ヒルクライム!

先輩は上りに強い30Tのギアを生かしてサーっと先を行く。
さすが自転車通勤男。
これが日ごろの鍛錬の成果なのか…。


前回上ったのは昨年末。
"あの時はもっと走れたはず!"と思いつつも足は回らず、
なんとか止まらない程度に上って行くと、
展望ポイントの「秀望台」が見えてきた。

その秀望台から少し走ると、小さい展望所があって、
とりあえずそこで休憩。

ここからの景観も素晴らしい。
むしろ秀望台よりもここのほうが良い眺めなのかもしれない。
上った甲斐があった!

景観良好!


その頃、先を急いでいた先輩はうずくまって死にかけていた。
ペースをあげすぎて心臓バクバクやったらしい。
「血を吐くかと思った」と言ってはりました。
先輩よ、命をかけてまで坂上ってどうするのだ一体。

 

二人とも十分に"傾斜"を満足したので、
ここで猪名川沿いに引き返して先を目指すことに。
上りは良いが下りはほんとに怖い。
「ブレーキ焼ける!」と3度ほど叫んで降りた。


猪名川沿いから173号線に入りひたすら走る。
"一庫ダム方面" or "日生中央方面"の分岐の手前にあるコンビニ。
いつもの休憩場所。
なぜか体が欲した"酢だこさん太郎"を補給。

エネルギー補給なり

 

ここからは68号線で日生のニュータウン方面へ
日生ニュータウン


"紫合北ノ町"の交差点を右折して12号線を川沿いに北上
するとようやく目的地!


今回の目的地=『道の駅いながわ』
今回の目的地!
道の駅は大人気


午前中からにぎわう道の駅。
名物の「里山ぷりん」がうますぎた。
これはオススメしたくなる絶品でございました。
名物プリン!これはうまい。


なんか中途半端な目的地でしたが、
空を見るといつの間にか曇り空。
天気予報も当たりそうなので、ここで帰路に着きました。

帰りは12号線を猪名川沿いに多田方面へ抜ける道。
173号線よりよっぽど走ってて楽しい道です。

 

しかしその帰り道で右膝に異変が。
曲げるとドえらく痛い。
もしや沖縄のときの古傷か!?

とりあえずあまりにも痛いので、
休み休みの騙し騙しで帰りました。
でも症状が前のときと少し違うようなので、
ちょっとまた様子を見ないとあかんな…

 

今回のルート


大きな地図で見る

 

Dst : 89.81km

 

 

というわけで、
同行いただいた先輩ありがとう。
ちょっと膝が心配だわ…。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>