“ちょうど良い”折りたたみ自転車!?「DAHON K3 plus」を購入しました!!

はじめに~ 脱・ミニベロ

5年ほど前に購入したミニベロ。
普段の足に使っているんですが、
どうにも使いにくい部分があって、
手放すことにしました。

ドロップハンドルなミニベロ!「GIOS ANTICO(アンティーコ)」購入!

2015/05/19

簡単に理由を挙げるとコレ。

  1. 保管場所が確保できない
  2. ちょい乗りでは”役不足”

ずっと外で保管をしていたのですが、
子どもの成長とともに、モノも増え、
できればそのために場所を空けたい。

ただ20インチのミニベロって、
室内に入れておけるほど小さくもない。
置き場所が難しくなってきた。

そして普段の用途は街乗り。
いや、近所へ子どもと出かけるときに
本当にチョロっと乗ることがほとんど。

割と爽快に走れる自転車だけど、
でも、お散歩だけに使うのは、
ちょっと役不足な感じもあるのです。

もしお散歩以外にも使い道があって、
さらにスペースも取らないサイズで、
室内保管ができるようなのがあれば…
そんな自転車があれば良いのになぁ!

あるやん。
まさに「折りたたみ自転車」やん!

こういう理由付けを以てして、
「買うことが正当化」されました。
カモナ物欲!
開け!財布のヒモ!

 

「K3 plus」に行き着くまで

折りたたみ自転車と言っても、
色々と種類、サイズ、性能があって、
もちろん価格も色々とありますよね。

まず用途を考えれば、
性能/種類は絞られるはずだ!

 

欲しい折りたたみを考える

用途としては、
7~8割は子どもとのお散歩でしょう。
残りは「お手軽輪行用」というイメージ。
多少は自転車趣味の部分も残したいの。
(※ ミニベロは輪行するのもしんどい)

しかし性能面で考えるのは
お手軽輪行用で使ったときのこと。
100kmは走れる性能はあってほしい。

そんな感じで考えていると、
欲しい性能が見えてきました。

欲しい折りたたみの妄想
  • ホイールサイズは16インチ以上
  • できたらそれなりの多段変速
  • なるべく軽い車体(できれば10kg以下)
  • できれば予算は8万くらいで・・・

こんなんあるんやろうか。

 

候補は”TERN”!?

まず候補に挙がったのは、
「Tern Verge N8」でした。

しかしTERNの21年モデルは、
もう普通には買えないレベルの品薄
買おうにも買えないやないかい。

他にも気になるのはありました。
前から気になりまくっていた、
CARACLEは無念の予算オーバー。

KHSやDAHONも検討しましたが、
パっとするものがありませんでした。

いや、欲しいモデルは高い!
どのブランドもこれに行き着きます。


実際にショップにも見に行きました。

店頭に置いてあった「DAHON K3」は、
ネットで見るイメージとは違って、
めちゃくちゃ好みな感じでした。

しかし、14インチで3段変速です。
もしツーリングで使おうと考えると、
性能面では不安な部分が多いですね。
散歩用と割り切れるならベストですけどね。

このK3の雰囲気のまま、
16インチにして変速も強化したような、
そういうモデルがあれば良いのになぁ。

・・・あるやん!

なんか「K3 PLUS」ってやつあるやん!

見つけてしまったのです。

 

Dahon K3 plus 購入!

さて、前置きが長くなりました。
折りたたみ自転車買いました!

「DAHON K3 PLUS」とは

今回買ったこの「K3 PLUS」は、
現在、日本では発売されておらず、
「日本未発売モデル」でございます。

そう、なんか勢い余ってしまい、
まさかの個人輸入をしてまで、
手に入れてしまったのであります。
無尽蔵な物欲。無駄な行動力。

というわけで、
早速、簡単にご紹介。

16インチの折りたたみ自転車。
ブレーキはディスクブレーキ採用で、
変速はフロントシングル、リア9速。

DAHON K3 plus(KAA693)/スペック

サイズ: 16インチ
フレーム: アルミフレーム
ブレーキ: メカニカルディスクブレーキ
クランク:55T
スプロケット: 11-28T
サドル:DAHONオリジナル(SELLE ROYAL?)
変速: 9スピード(リア)
重量: 9.8 kg
折りたたみサイズ: H62cm X W68cm X D45cm

基本的なコンポーネントはDAHONオリジナル。

どうやらDAHON香港モデルのようです。
向こうのサイトを見てみると、HK$4,380。
今の為替で、日本円で6.2万くらいですね。
(わたしは6.5万くらいで入手しました。)

 

K3との違い

日本でも売られているK3と比べて、
簡単に書くとこんな感じの違いがあります。

K3 PlusK3
サイズ16インチ14インチ
ブレーキディスクブレーキリムブレーキ
変速9スピード3スピード
重量9.8 kg7.8kg
折りたたみサイズH62 X W68 X D45H59 X W65 X D28

ホイールベースも変わっていますが、
そういう走行性能に引き換えて、
サイズや重量を犠牲にしてる感じ。

このK3 Plusの微妙なバランスに、
魅力を感じたのですが、
その反面、敢えて悪く見てみると、
K3の魅力を犠牲にした印象もあります。
・・・どっちやねん。

詳しく解説されているページ発見。
K3をベースにはされているけど、
やっぱりちょっと違いますよね。

 

実機を見る!

前述のとおり、
海外からやってきたk3 plus。

DAHON K3 plus!

このフレームの特徴ですけど、
フレーム内装式なんですよねー。

これのおかげで、
外観がすっきり見える。

リアは9速。

あと写真にはないんですけど、
BBがスクエアーテーパーではなくて、
BSA規格の中空型のが入ってます。
K3とも違う仕様の一つですね。

スタンドの台座もありました。
また落ち着いたらまとめて書きますが、
ここにキックスタンドを付けたら、
ブレーキローターに干渉しました。
一体どういう仕様やねん。

この辺のパーツはK3と一緒かな?

16インチのホイール。
ただETRTO規格でいうと「305」です。
同じ16インチのブロンプトンは、
ETRTOは「349」なので、大きさが違いますね。

こちらのほうが一回り小さいです。

おそらくタイヤはKENDA製なんですが、
詳細はよくわかりませんね。

ちなみに重量は、
ペダルなしで「約9.3kg」でした。
割と軽いほうなんじゃないかな。

 

おわりに

というわけで、
まずは購入報告でございましたー!

まだ届いたばかりなので、
色々と語れるレベルではないんですが、
最低限のカスタムは必要かなぁと、
妄想している今日この頃です。

あまりお金はかけたくないので、
どこまでイジろうか・・・。

小径車ライド、誘ってー!!!


その後、パーツのカスタムをしたりして
色々と楽しんでおります。

ブログでも報告しているので、
良ければ見てみてくださいまし。

【カスタム記事はコチラ】

【小径ライド記事はコチラ】



8 件のコメント

  • K3は店頭で見かけて気になっていたのですが、「PLUS」が存在するなんて、DAHONのラインナップには隙がありませんね。

    K3に感じた配色の格好良さは「PLUS」にも当てはまって、マットな質感にため息が出ます。

    実物も拝見したいので、ミニベロライドを計画されているのでしたら、ぜひ、ご一緒させてください。

    • どういう事情に日本に入ってきていないのかは分かりませんが、面白いモデルではありますね。
      見た目はK3と変わらないですね。注意して見ないと分からないと思いますw
      今のところ特にライド計画はないんですが、機会があれば宜しくお願いします~

  • Dahon 香港モデルいいですね。気に入りました。ちなみに香港から購入したときの送料はお幾らでしたでしょうか?

    • こんにちは。今回は中国から輸入した形で購入しましたが、送料は8,500円ほどでしたよ。

  • 初めまして、K3買おうと調べていたところ
    ここでK3 plusを知って悩みが•••

    日本へは、どちらで購入されて発送されたのでしょうか?

    • こんにちは。
      今回はAliExpressで買ったんですが、今は買えないみたいですね。
      ほかにも入手経路はあるようなのですが、私もよく知らないんです・・・

  • シンガポールで仕事している通りすがりの者です。
    半年くらい前から私もK3 Plusに乗っています。

    Decathlonの汎用のキックスタンドがぴったりでした。
    ギアの入りが悪かったので調整必要でしたが、軽く・コンパクトなので
    車に積んでサイクリングを楽しんでいます。

    • こんにちは。
      K3plus愛用されているんですね!

      結局キックスタンドは純正品を使うことで解決しました。
      Decathlonにも色々と売ってるんですね~。ちょっとほかのアイテムもチェックしてみますw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です