京都・嵐山でハンバーガーを食す!雲ケ畑経由で走るのんびりグルメライドへ!!

はじめに

この週末は昨年のFlecheを走る予定だった
(↑結局コロナのあれこれで出走できず)
5名のメンバーで集まって、
ビワイチに出かける計画を立てていました。

めちゃくちゃ楽しみにしていましたが、
こんな状況なので、中止(延期?)に。

せっかく予定を空けていたので、
京都方面に走りに出かけました。

今回のお目当ては、
「早朝うどん」と「ハンバ-ガー」だ!
最近、食い気ライドしかしてない・・・

 

京都で朝うどんを!

6時ごろに豊里大橋へ参上!
もうウインドブレーカーすら要らない、
夏の感じになってきましたね。

淀川沿いを北上です。
特になんの変哲もない道のりだ!

枚方に着いた頃には、汗だく。
朝からもう暑い。
最近は暑さに弱いので真夏が怖い…

そこから再び河川敷を北上。
何の変哲もない!

御幸橋を渡りまして、
桂川沿いの道へ。

途中の河川分岐で鴨川へ。
今年ここばっかり走ってる感。

【新・京都お雑煮ライド】ただ欲望のままに京都市内を徘徊するお散歩ライドへ!

2021/01/07

【パンライド】京都の絶品ベーカリー「ユノディエール」と「uki」を目指してサイクリング!

2020/12/21

前は一般道を繋いで走ってたけど、
最近は悪路でも川沿い突き進んでます。
めちゃくちゃ走りにくいけど。
グラベルロード欲しい。

そのまま鴨川を北上!
京都感も出てくるー!

二条の辺りで川沿いを離れて、
冷泉通りを東へ、聖護院方面に。

少し走ったところに、
今回のお目当てのお店がありました。

 

【聖護院 早起亭うどん】

製麺所が営むうどん屋さんで、
名前の通り早朝から営業している、
ちょっと変わったお店なのです。

お店が前は独特な雰囲気。

セルフサービスなスタイルです。
やり取りの間口がタイニー。

聖護院に湧き水が出るらしく、
麺や出汁にも使われているらしい。

メニューは割とたくさんあって、
中華そばなんてのもありました。

期間限定メニューもあるようなので、
ちょっと迷いましたね。

今回は後の予定もあるので、
王道きつねうどんをチョイス!

きたー!

予想と違った細麺。
讃岐ではなく京風のお饂飩なので、
それほどコシのない麺ではありますが、
これはこれで美味しいんですよね。

そして出汁がうまい。
結局ぜんぶ飲み干してしまった。

うどんを食べて、まだ8時半くらい。
立派な「朝うどん」でございました。

 

デザートに和菓子を!

うどん屋さんを後にして、
次なる目的地へと向かいます。

京都は大きい道を通らなければ、
割と走りやすい印象なので、
細い道を繋いで走りました。

出町柳駅前を通過。
8年ぶりくらいに通る場所だった…

下鴨西通り。
立派な家が建ち並ぶ場所でした。

京都府立大学付近を通って、
北山方面を目指します。

ちょっとここでパン屋へ寄り道。

 

【And Bread】

北山にある評判のパン屋さん。
かわいらしいお店だったので、
一度、素通りしてしまった。

「開店すぐに売れてしまう」という、
ネットの情報に半信半疑でしたが、
9時前に行くと、もう全然ないでやんの。

運よくチャバタが焼き上がりましたが、
今回は後の行程もあるので見送り。
食パンとクッキーを買いました。

食パンを買って帰るって、
約束したもんだから仕方ない。

これ背とろうて走りまんでえ。

パンをいろいろ選びたければ、
開店時間か?焼きあがる時間?に行くとか、
タイミングが肝要かもしれないなぁ。

 

さて、パン屋を後にしまして、
次なる目的地へ向かいます!

その次なる目的地、
割とすぐに着いてしまいました。

 

【朧八瑞雲堂】

日本一でかいみたらし団子とか
独創的な和菓子?で有名なお店。

9時過ぎくらいに着きましたが、
入店人数の制限の影響もあって、
もう列ができてました。

残念ながら店内撮影禁止。

今回は有名な「生どらやき」と、
わらび餅を購入しました。

生どらやきがかなり評判らしくて、
午前中には売り切れるらしい。
今回、朝に来て良かった!

賀茂川が近いので、
川沿いでいただくことにしました。

生どらやき、やば!!!

なんじゃこの分厚さ!!!

かなりパンチのある量なんですが、
意外とあっさりしているので、
それほど重たくなくて、美味しい。

今回は小倉をチョイスしましたが、
ほかにも色々な味があるので、
他のも食べてみたくなるなぁ。

さすがにわらび餅は蛇足でした。
腹いっぱいやわ!

甘いものは別腹って、
そう思っていた時期もありました。

 

雲ケ畑~嵐山へ!

さぁ、朝の補給は充分です!

むしろ食べすぎたきらいもあるので、
戒めに山を登りに行きます。

そのまま川沿いを北上します。

貴船方面の分岐を振り切って、
なお、直進していくと、
そこが「雲ケ畑」だ!!!

実はこの道を走るのは初めて。
途中までしか走ったことがないので、
今回はワクワクでございますよ。

ちょうど山の藤は満開で見ごろ。
新緑も美しくて最高だな。

途中で雲ケ畑の集落を通りました。
なんか水尾と似た空気を感じる。

勾配もきつくないので、
のんびりと登っていけますね。
食パン背負ってるしね。

前方に自転車乗りとトレランナー発見。
ぼくも家が近かったら毎週走りたいわ。

分岐点へ。
真っすぐ北へ行くと行き止まり。
先には何かあるのかな。

道がつながるのは持越峠方面。
京見峠のほうに抜ける道ですね。

いざ持越峠を登りにかかりますが、
めちゃくちゃ激坂やんけ・・・

ランナーとの距離が縮まらない。
これは僕が遅いんじゃなくて、
おっさんが速すぎるに決まってる。

途中でええ感じの眺望。
あれさっき通ってきた道やなぁ。

景色を見る口実で脚を休め、
なんとかピークを越えました。
やったね!

そして南(左折)へ。
地図を見ると真弓方面も行き止まり。
集落のために続く道なんだろうな。

今回は嵐山を経由したいので、
京見峠に抜ける道ではなく、
R162へ出る道を選択。

トンネルを避けて旧道へ。
中川を抜けて南下していきました。

途中で見られる木造倉庫群。
もう今は使われていないらしいけど、
林業が盛んだった頃の賑わいを感じますね。

そのままR162を南下して、
嵐山高雄パークウェイのところの、
「御経坂峠」を越えました。
(超絶必死だったので写真は割愛!)

そのまま嵐山方面へ。

そしてここでランチタイムに。

 

【upit’s Burger】

嵐山駅近くにあるハンバーガー屋さん。
こんなお店あったっけ?と思ったら、
昨年の秋ごろにオープンしたらしい。

チーズバーガー専門らしいのですが、
その中に強烈なメニューがあるので、
それを食べに来てみました。

11時半くらいに着きましたが、
既に満席!

15分くらいで案内できるとのことで、
待ちながらメニューを選びました。

今回はこちらのプレートをチョイス。

プレートは別なのですが、
ハンバーガーのトッピングを選んで、
自分の好きなスタイルにできるという、
代わったシステムもありました。

フリートッピング充実しまくりやし、
こっちも気になるやん…

イートインは2Fです。
壁画が怖い。

乾いた体にライムコーク!

そんなことをしていると、
頼んでいたブツがやってまいりました。

「溶岩deチーズバーガープレート」

是非動画でご覧いただきたい。

燃えてるし!チーズまみれやし!

燃えよドラゴンは知ってるけど、
燃えるチーズプレートは初見である。

中年男性の理解を遥かに超えた
訳の分からぬカロリー爆弾ぶりに
私の胃袋は決死の覚悟を決めた。

バーガープレートとか言う名前ですが、
もはや素手で掴みかぶりつく…という、
従来のスタイルで食べることは許されません。
なんせチーズまみれだから。

ナイフとフォークで食します。
食べにくいったらありゃしない。
食べ始めるとハンバーガーではない。
パンとハンバーグとその仲間だ。

よくわからんけれども、うまい。
下の焦げ目がついたところなんか、
めちゃくちゃうまい。

本日の消費カロリーを全て無駄にする
最高にジャンキーな逸品でした。
残ったのは確かな満腹感。

会計を済ませると、
ステッカーをもらってしまいました。
どうせ配ってくれるのであれば、
あのいかがわしい壁画のデザインが良かった。

12時を回って店を出ると、
長蛇の列ができていました。
まじかよ、めっちゃ人気やんけ。

ちなみに自転車を置く場所はほぼないです。
しかもイートインは2Fしかないので、
自転車乗りとの親和性は低いかも。

 

帰ります。

なんか色々と疲れたので、
もう寄り道もせずに帰ります。

松尾から桂川CRへ入りました。

安定の向かい風でした。
適度にがんばるペースで南下。

さくらであい館に着いた頃には、
汗だくでヘロヘロでした。

ここまで向かい風ということは、
ここからも向かい風なのである。
ご勘弁願いたい。

御幸橋を渡って、淀川沿いへ。

予想を裏切る風の強さと、
腹いっぱいチーズを食べた代償で
苦難の帰り道と化しました。

そしてなんとか帰り着きました。

走りに行ってきたのか、
色々と食べに行ってきたのか、
ただ食パンを運んでいたのか、
よくわかりませんでしたが、
充実感はたっぷりなライドでした!

 

おわりに

自転車乗りよ、食せ!

良い汗をかき、良い景色を走る!
そして美味しいものを食べる!
それが健康優良自転車乗りの
本来あるべき姿だと私は伝えたい。

しかし食べすぎもどうなんだ!
もっと良いバランスがあるだろう!?

そういった批判もあることでしょう。
それは全くもってその通りです!
非常に加減が難しい!

私は腹の消化具合がよくわからぬ!
日によって違う!
あー自転車って難しいな!!!


何十kmも背とうろうて帰った
あの食パンでありますが、
しっかりと翌朝に頂きました。

めちゃくちゃうまい。

口に入れたときの香り高さ、
そしてもっちりとした味わい。
まるでフレンチトーストのよう。
美味。

私は拳を握り締め、天を仰ぎ突き出した。
そして強く光る陽の光に向かって誓った。
今度は他のパンも絶対に食べよっと!

 

今回の軌跡

距離:126.63 km
タイム:5:09:26
平均速度:24.6 kph
高度上昇:700 m



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です