【突発の遠征ライド勃発!】車載で行く和歌山・紀の川あたりでショートライド!!

はじめに

日曜日はFlecheメンバーでのロングライド!
・・・の予定でしたが、
午前中の雨予報により中止になりました。
ぴえん。

午後からは晴れ予報だったため、
最悪はひとりで走ろうかなぁと思案していると、
嬉しいメッセージが届きました!

ぺもぺも氏
今日走りに行くんですか?
横倒しで良ければ車に積んで和歌山行っても良いですよ。

なんということでしょう!
twitterで和歌山ライドの話をしていたのを見て、
ぺもぺもさんからの素敵なご提案が!!
神!あなたはゴッド・ペモペモ!

私も思わず即答しました。

DARUMA
まじですか!!甘えてしまいたいです!

急遽決まった和歌山ライド。
せっかくなので割と和歌山に近い、
あかのすけさんにも声をかけてみると、
御一緒してもらえるとのこと!

よーし、和歌山ライドへ出発だー!!!

 

スタートは根来から!

いつもの道の駅根来にデポをして、
12時45分くらいにスタート!

とりあえず紀美野町を目指して南下!

根来から紀の川へは下り基調。
楽ちんなスタートでございます。

走り出しは一番暑い時間帯。
しかも雨上がりで湿度がすごい。
蒸し暑さの洗礼を受ける序盤戦でした。

紀の川を越える手前かな。

貴志川のほうへ向かいました。

そして川沿いの道へ。
とっても走りやすい道で最高です。

なぜか細い道を繋いで走る、
なんともクセのあるルート。
誰やコース考えたやつは!(イッツミー

R424をまたいで南下していきます。
途中、味のある直売所を発見。
桃があったら買いたかったのになぁ。

紀の国CCへ抜ける道を通りますが、
ここがかなりの難所でした。

普通にガッツリ峠越えの感じで、
コース作成者への罵詈雑言が止みません。

小さな桃園を横目に、
道はグイグイと登っていくのです。
ハー、つらい!

がんばって登ってきたももの、
ピークは予想以上に味気のないものでした。
町の境目とかでもなかったね。

南側はちょっと路面も悪かったですが、
グーンと一気に下っていきました。

途中から山田ダムに沿った道を下って、
見覚えのあるR129と交わりました。

そこからさらに南下して紀美野町方面へ。
ここから、またしても登り坂!
距離当たりのコスパ(登坂量)がすごい!!

ちょっとした登りかな?と思ったけど、
それなりに登らされる道のりに消耗。
めちゃくちゃ暑いんだもの。

そんなときに湧き水を発見!
こりゃ救いの水だ、ということで行水。
もう夏のサイクリストの風景である。
めちゃくちゃ気持ちよかった。

さて、このまま最短ルートで行くと、
いくつかトンネルを越えなければなりません。
迂回路もあるようだったんですが、
今回は最短距離(トンネル)を選択!!

トンネルを越えるんじゃー!
あー涼しくて最高。

もいっちょ。

長いトンネルもありますが、
歩道があるので、そちらを使いました。

4つ目の美里トンネル。
これで最後のトンネルでした。

交通量もそれほどないので、
意外とストレスにならなかったですね。

目的地まではあと少し!

 

キミノーカで絶品ジェラートを!

さて、最初の目的地に向かって、
貴志川の南側を走りますが、
ここのアップダウンがすごい。

すごいところだ・・・

そんなところに、
お目当てのお店があるのです。

というわけで、
やってきたのは有名なジェラート店。

「KIMINOKA(キミノーカ)」

めちゃくちゃ混んでるやないかい。

入場制限が設けられてました。

メニューを見ながら待ってましたが、
こんなん、めっちゃ迷うやん(笑顔)

桃のジェラートはなかったですね。
まだちょっと早かったのかな?
それとも売り切れ?

ショーケースを見ると、
こりゃまた気持ちが揺らぐんですよね。
買うまでのこのワクワク。最高。

結局注文したのは、
八朔のソルベ、キウイのソルベ、ミルクの3種。
はー、最高にうまい!

さて、この後の予定はどうしよう?

「『藤桃庵』でジェラートのはしごを!」
と思ってもみたのですが、
ここで時間は既に16時前になっていました。
件のお店の閉店時間は17時。
これは間に合いそうにないなぁ。

じゃあ帰り道にあるカフェで、
ちょっとだけ休んで帰ろう!

ガッツリ走る選択肢もありましたが、
選択肢があった、というだけでした。
さすが僕らやな…

 

カフェで休んで終わる!

さっそく来た道を引き返しますが、
帰りは山を避けて貴志川方面へ迂回する作戦!

しかし紀美野町すごいところだわー。

貴志川に沿って走る高野西街道を西へ。

ぺもぺもさんから「下り基調ですよ」という、
事前情報をもらっていましたが、
疑いを向けざるを得ないアップダウンの応酬。

もう一本、大きい道が並走してましたが、
こちらは旧道扱いなんだろうか…

眼下に見える場所もあったので、
もしかするとアップダウンが激しいのは、
こちらの旧道?だけだったのかも…
ハズレを引いたか!?

途中で交わるR10へ入って北上。
岩出・紀の川方面へ!

そしてしばらく走ると、
お目当てのカフェがありました。
キミノーカから僅か12kmでした…

「Red Cafe factory」

そういえば以前、前を通ったことがある!
目立つ建物だったので、記憶に残ってるなぁ。

根来から35kmくらい走って、
もうおじさんたちはヘロヘロなのです。

閉店まで30分ほどだったので、
うまい具合に空いてるタイミングだったかな。

自転車は見える場所に置いてOKとのことで、
テラス席のところに置かせてもらいました。
とても親切だ。

クレームブリュレとアイスコーヒー。
ケーキのような見た目で斬新や。

居心地も良くて、
閉店時間まで居座ってしまいました。
いやぁ、このお店は良かったなぁ。

お店の方はめちゃくちゃ親切で、
「ボトルにも水入れて行ってくださいね!」
なんて嬉しいことも言っていただいたり。

日曜の昼には美人店員さんが現れるらしいので
是非次回はそのタイミングで伺いたいですね。
いやほんと、ぜひとも食い気味に伺いたい。

最後の休憩を終えた僕たちは、
根来へ帰るべく、北を目指しました。

紀の川市へ。

途中から貴志川沿いの道へ入りました。

昼時はあれほど暑かったのに、
夕暮れが近づくと涼しいくらいでしたね。

のんびりと川沿いをゆきます。

そして紀の川へ。

川を越えて岩出の市中を抜けていきます。

途中の標識を見ると、
泉佐野までたったの24kmなんですね。

地図を思い浮かべると近いのは分かるけど、
距離にするとそんなもんなんですね~

そしてデポ地点の道の駅へ。

最後にあかのすけさんと無益な争いをして、
競り負けて終わりました…ぐぬぬぬ。

これにて和歌山ショートライドは終了!
距離にして50kmちょっとでした。

ホントに短い距離ではありましたが、
ヤケに濃厚な時間でございました!!
お疲れ様でしたー!

 

おまけ(その後・・・)

さて、ここからもう一つ展開が…

実は和歌山に来る途中に、
移動中の車内での急な思いつきで、
和歌山に近いロード乗り、
Oもちっこ氏にも声をかけていたのです。

さすがに急すぎるお誘いだったし、
用事もあったようでライドは叶わずでした。

しかし「晩御飯なら行けるね!」という、
謎の展開になり、晩御飯をご一緒に。

急なお誘いにもかかわらず、
来て頂いてありがとうございました!

なんか変態エピソードしか記憶にないですが…
次はサドルの上でお会いしましょう!
(あ、ZWIFTじゃなくてリアルにね)

 

おわりに

お誘いいただいて、
和歌山まで連れて行ってくれたぺもぺもさん、
本当にありがとうございました!

思いもよらなかった展開で、
暗雲の立ち込めていた一日が激変しました。
とても楽しかったです!

そして急に声をかけたにもかかわらず、
付き合ってくれたあかのすけさんと、
晩御飯丸投げに応じてくれたOもちっこさん。
お二人にも多謝でございます!


今年はまだ実現していませんが、
和歌山・紀の川と言えば「桃ライド」
(と、クソボリート事件!)

ここ数年は「桃を買うためのライド」という、
よくわからないけど贅沢なライドに、
KAZUさんに連れて行ってもらっています。
最高に楽しいんだ、これ。

桃の季節がやってきた!和歌山・紀の川~紀美野町を走る充実の「桃ライド」を走る!!

2019/07/12

【あら川の桃を買いに走る「桃ライド」へ!】和歌山の山間ルートと「麻生津峠」をゆく!!

2018/07/26

今回はその時のコースと同じような感じで、
短い距離だけど、充足感は充分でしたね。

もう桃の季節になってきたし、
近いうちに桃ライドも実現するのか!?
今年も桃たくさん買えるのか!?

 

今回の軌跡

距離:51.87 km
タイム:2:15:50
平均速度:22.9 kph
高度上昇:674 m



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です