チームで走る24時間!”Fleche北海道2017″で走る「函館から札幌 360km」!

はじめに

先日「北海道フレッシュ」を走ってまいりました!

その時の準備の話や、飛行機輪行の話などは、
それだけでも長くなりそうだったので、
別記事にして、だらだらと書いてみました。

参加表明(単なる前置き)はコチラ↓

今回はフレッシュ当日の話を、
適当に書いて行こうと思います。

今年はチーム4人で参加!

私が参加しているチームは、
「チームグルメライド」という名前で、
このブログにもよく登場してくれている
"daicon氏"が指揮を執るチームです。

今年はその中から4人チームで参加。
メンバーはこんな感じでした。
みんなブログもやってるので一緒に紹介しちゃう。

既に今年のSRを取得している人が2人!
そういうツワモノに引っ張ってもらいまして、
骨折おじさんなぼくも、がんばって走ってきました~。

今年のコース概要

函館から海岸線へ走り、海を見ながら北上。
長万部を過ぎてから、内陸部へ入り、
洞爺湖の東側・羊蹄山の横を抜けて小樽まで。
そして小樽から札幌へ走る!
と言う感じの"360km"です。

昨年のフレッシュと比べても、
50kmほど距離も短いので、
「イケルイケル!」と思ってた時期もありましたが、
当然そんな余裕があるはずもなく…

24時間で走りきれるのか!?
クマは出ないのか!?
子どもがまだ食べている途中なのか!?

なにも分からないまま、
ぼくらは北海道を走ってきました。

スタート前の儀式

スタート前夜。
少し気の早い祝勝会が執り行われ、
海鮮グルメに埋もれる贅沢な時間を堪能。

「翌日の降水確率90%」という天気予報を受け、
雨だったらDNSだとかなんとか話し合いながら、
酒を酌み交わした結果、結束が固まりました。

「とりあえず雨予報でもスタートするぜ!」

そんな気持ちにさせてくれた海鮮の美味。
ありがとう。

DSC02355

やたらに盛り上がった一行は、夜の函館山へ行き、
おっさん4人で夜景を堪能するという暴挙へ。
そして、なぜか徒歩で1時間もかけて下山するという、
無駄な健脚を披露した4人組なのでした。
脚が売り切れました。

DSC02361

そのまま寝るのは味気ないので、
ラーメン屋へ突撃し、塩ラーメンを食しました。
夜の函館でカーボローディング。

DSC02366

翌日はフレッシュを走るというのに、
全員、"朝5時に起床"して「函館朝市」へ。
朝ごはんに"海鮮丼"を喰らうなどして、
重ね重ね、海の幸を満喫いたしました。

DSC02368

その足でホテルの朝食バイキングを食べ、
もはやただの食道楽と化しました。
はい、ぼくら「チームグルメライド」です。

↓記念写真撮影中

DSC02373

すっかり旅の主旨を忘れておりました。

当日になってみると、天気予報も変化を見せ、
「雨の予報が消える」という奇跡が起きました。

そんなわけで、
天気をも味方につけたぼくらは意気揚々。
いざ、スタート!

 

函館をスタート!

4月29日午前10時。
ようやく「フレッシュ」をスタートしました!
行ってまいります!

しばらくはJR函館線沿い、大沼国道を北上していきます。

DSC02376

函館市街を抜けると、
視界に平野が広がり、北海道を感じたりしましたが
途中で見た「落雪注意」の看板にビックリ。
さすが北の大地。

DSC02379

空港から函館市街地に走った時も感じたのですが、
「路面の状態が悪いところが非常に多い」のです。
おそらく積雪の影響かとは思いますが、
路面に深さ10cmくらいの穴がボコボコ点在していて、
タイヤがハマると落車しそうな規模のものもたくさん。

DSC02382

そして路肩は広いんですが、
砂利がかなり多くて、これもまたストレスでした。
これらが非常に走りにくい要因になっていて、
今回、最後まで苦しめられたものの一つでした。

小さな峠を越えて、「大沼公園」へ。

DSC02383 DSC02388

大沼、そして駒ヶ岳が眼前に広がる絶景!
思わず足を止めて、景色を眺めます。

DSC02391

そしてここからはしばらく大沼沿いの
絶景を見ながら走るという贅沢コース。

この日にマラソン大会か何かの都合で、
車両の通行整理がされていたんですが、
ちょうどぼくらが通る頃には、
自転車はその範疇ではなかったようで、
道路にほとんど車の通らない状況で走れました。
ラッキー!

DSC02393

今回のフレッシュはあくまで「完走目標!」。
無理にペースをあげることはせず、
ゆっくりと着実に、距離を重ねる走りでした。

大沼公園を越えて、しばらく走っているとき、
ふと後ろを見ると絶景が広がってました。
みんなで立ち止まって、来た道を振り返ります。

ぼくらは確実に、北海道を走っている!

DSC02400

鹿部町の海岸線近くが、最初のPC1。
予定を少し巻く順調なペースでした。

DSC02402

 

退屈な海岸線

海の近くまで出てきましたが、
ここからもしばらく駒ケ岳の周りを、
ぐるっと走る道のりです。

先ほどとは違った顔の駒ケ岳。

DSC02406

ウネウネした道を進んでいくと、
急に目の前に広がるこの一本道。
気持ちよすぎる!

DSC02407 DSC02408

スタートから60kmを越えた辺りで、
道は海岸線の5号線へ。
しばらくひたすらこの道を走る道のりです。

DSC02412

最初は海沿いの道に声をあげて喜びました。
「真っ直ぐに伸びた海岸線をひたすら走る!」
清々しいイメージの道のりでしたが、
ずっとそれを走るのは、また別の話。

変わり映えしなさ過ぎて退屈!

途中で休憩を挟みます。
風は追い風基調ではありますが、
景色の移り変わりが少なくなってきて、
路面の悪さと、横を走る車のスピードにも、
既にどこか辟易とし始めていました。

DSC02413

本当にお世話になったセイコーマート。

DSC02414

コンビニすらほとんどないような道のり。
100kmを越えたくらいなのに元気がなくなります。
さっき走ってきた大沼が恋しい!

退屈な道のりを走って長万部の辺りへ。
思っていたよりも、栄えてはいないんですね。
失礼ながら、そう感じたオシャマンベ。

DSC02415

コンデジが危篤状態に!

もうひとつ、小さい事件が起きていました。

愛用のコンデジの電源が入らない!

20%くらいの確立で電源が入りますが、
撮りたいタイミングを逃すのは必至。

うまく電源が入っても、
ズームをするとエラーになってしまうという、
なんとも苦しい状態になりました。

序盤でカメラの力が発揮できなくなったのは、
かなり残念な出来事でした。
ブログに載せる写真もあんまり撮れないよ…。


さて。
函館をスタートしてから約125km。
念願のグルメポイントに到着!

「三八飯店」
浜チャンポンが名物らしい!

DSC02416

浜チャンポン・・・。
見た目で食欲が出ず、
ぼくは「あんかけ焼きそば」を選びました。
(↑気になる人はググってみてください)

これもお店のイチオシだけだけあって、
見た目よりもあっさりした味で美味しかった!
しかしこれで(小)サイズっていうのは、どうなんだ?

DSC02419

胃腸虚弱の旅のお供はこれ。
ロングライドはいつも脚より胃が先にヤラれがち。

DSC02418

ご飯を食べて再スタート!
写真では分かりにくいけど、ぼくらの進む先には、
冠雪の「羊蹄山」がハッキリと姿を見せていました。

DSC02421

あー、雲に見え隠れ…。

DSC02423

徐々に日が傾いてまいりました。
たまに見える素敵な景色に励まされながら、
徐々に距離を消化していきます。

DSC02424 DSC02426

 

寒すぎるナイトライド!

長万部を過ぎ、礼文の辺りの峠越え区間へ。
コースプロフィールを見る限りは、
大したことない道のはずなんですが、
なぜかかなり消耗してしまっていました。
そして、なにより「クソ寒い」んです。

ぼくはウインタージャケットを着ていましたが、
インナーが半袖だったこともあり、本当に寒い。
風が結構強かったのもあり、実際の気温よりも、
体感気温はさらにさらに低く感じました。
このままでは夜を越える自信がない・・・

DSC02428

徐々に日も落ちてきて、そろそろナイトライドが始まります。
どうやら夜はこれから5度以上気温が下がる様子。
ヤバイ。このままでは洞爺湖辺りで凍えてしまう。

DSC02431

寒暖差の激しさか、身体が消耗していて、
少しだけ違和感のあるった右膝が、
徐々にその度合いを増してきました。
膝痛は準備期間不足のせいかもしれない。

165km地点。
普段から普通に走っている距離なのに、
なぜか倍くらい疲れているのでした・・・

DSC02432

途中、豊浦の辺りで休憩を挟んで、
その後、「nicot」というホームセンターに、
立ち寄ってもらいました。
寒さに震えるぼくは、「2枚1000円のババシャツ」を購入。

インナーにするのは怖いので、
ウインタージャケットの下に着用しました。
たかが1枚500円のババシャツなんですが、
これの効果たるや凄まじく、なんとも暖かい。
わたしは救われました。

すっかり夜になってしまいました。
雰囲気の良い洞爺湖町を通り、
さらに南下していきます。

DSC02434

そのまま順調に伊達の街に到着。
函館以降、一番栄えていたような印象でした。
お店がたくさんあるし、ホテルもある!!
(ここならDNFしやすい!?)

DSC02437

189km地点の伊達のコンビニがPC2でした。
ここからいよいよ、内陸部を通り北上して行きます。
めざすは石狩湾、小樽だ!

DSC02438

 

真っ暗の絶景を走る!?

伊達から北上して、まずは洞爺湖を目指します。
トンネルを抜けて、昭和新山の脇を抜けていきますが、
早くもあたりは真っ暗になってしまいました。

もう少し明るい時間に通過できると、
勝手に思い込んでいただけにショック。

DSC02439

洞爺湖の手前で少し標高を上げます。

函館で現地の人に「夜は寒いよ~」と、
口々に言われていたのを身をもって知るのです。
これは本当に寒いやつや。

DSC02440

ここからはしばらく洞爺湖の湖岸を走ります。
昼間走ると最高に気持ち良い道なんだろうけども、
この時は真っ暗なので、景色は諦めるしかありません。
でも雰囲気は伝わりました。
雰囲気だけは。

この道中、たぬきが道へ出てきているのを、
度々目撃していたので、少々ビビっておりました。
ニャンニャン落車のトラウマで、
前へ出るのを嫌がるぼく・・・。ごめんなさい。

DSC02441

洞爺湖の近くのコンビニで休憩。
コンビニのおばちゃんに、
「次は昼に来てね。洞爺は良いところよ。」
と言われまして、再訪を誓いました。

洞爺湖を離れ羊蹄山を目指し北上していきます。
ここからが"今回最大の難所、峠区間"です。
真っ暗な峠を必死で登ります。

ナイトライドっていうのは、どうしても退屈で、
ぼくはあんまり好きではないです。
「昼間ならきっと絶景なんだろうな。」とか、
考えてはいけないことが頭をよぎります。
しかも何度もよぎります。
TSURAI。

「羊蹄山が見える!」

誰かが言った一言に、立ち止まります。
目を凝らして辺りをよーく見てみると、
確かに薄っすらと羊蹄山の稜線が見える!

「ライトを消したらもっと見えますよ!」
この一言に、みんながライトを消すと、
はっきりと浮かび上がる羊蹄山の稜線。
闇に浮かぶシルエット。
凄い。暗闇でも十分に美しい。

しかし、そこには羊蹄山よりも、
もっと驚くべきものがありました。

満天の星空!

自転車で走るのをやめて、
この場所に寝転がってしまいたい!

カメラが死んでいたので写真は撮れなかったけど、
これこそナイトライドの醍醐味でした。
そう感じさせてくれた「夜にしかない絶景」

前日までガッツリ雨予報だったので、
晴れの星空が見られるなんて、
ぼくらは運がいい!

DSC02445

それを見上げながら走るわけにもいかないので、
ここからはまた通常モード再開。

アップダウンを繰り返す道のり。
勾配はそれほどきつくはないものの、
ひたすら緩く登るような道が多く、
肉体的にも精神的にもきつい道でした。

峠越えも半分以上終えた255km地点。
京極町のコンビニがPC3でした。

誰かが言った「ガーミンで気温0.7度!」という、
その情報に絶望しか覚えない、この寒さ。
ババシャツがなければ、終わってたな…

DSC02446

ここからまだ続く峠越え。
今回のルート一番の難所、「稲穂峠」。

ここもダラダラと登り続ける道で、
それほど標高も高くはないはずなのに、
ピーク付近の道路脇には残雪も見えました。
これは、もう冬のヒルクライムだ・・・

この辺りで膝の違和感が強くなってましたが、
まだ徹底的な痛みにはなっておらず、
このままやりすごせそうな感じでした。

ここまで道が暗すぎたので、
ライト(VOLT1600)を明るめのモードで
使用していましたが、ここでバッテリー切れ
ダウンヒルを前にサブライトに切り替えました。
これもちょっと不安要素。

いろんな部分で難所でした…。
峠を下れば小樽だ!!

DSC02447

 

小樽へ、そしてゴールへ!

なんとかダウンヒルを終え、
下り基調の道をこなして走りますが、
ここで強烈な睡魔が襲ってきました。

ん~もう眠すぎて走れないかも・・・

しかしこのための対策は講じておりました。
背面ポケットに潜ませていた、
ミンティアの一番ガツンとくるやつを、
4粒ほど口に放り込みます。
すると…刺激が強すぎて悶絶!
あかん、ぼくには強烈過ぎる。

一時的に目が覚めたにもかかわらず、
それでも、しばらくすると睡魔が再び・・・。
あまりにも寝たいので、
途中からスマホで音楽を鳴らしながら走りました。
一人で結構苦しんだ区間でした…

徐々に日が昇ってきました。
小樽まではもう少し!

DSC02451

朝ごはんの休憩地点に、
小樽の「ドーミーイン」の朝食バイキングを、
予定していたのですが、到着時間が微妙。
なにやら新鮮な海鮮も食べ放題らしく、
(↑どこでこんな情報を手に入れるんだ!?)
スタート前から楽しみにしていたので、
ここはスルーしたくないところ。

このままでは間に合わないか!?
と思われましたが、追い風のおかげもあり、
なんとか予定時間通りに小樽に到着できました。
最後のグルメポイントにも間に合った!

DSC02452

バイキングは宿泊客優先なのですが、
幸いオープン前に到着できたので、
長居しないことを条件に入れました。

宿泊者以外の朝食バイキング、2000円!
みんながバイキングを堪能する中、
ぼくは胃が死亡のため、ご飯と汁物のみでした。
(Oh.モッタイナイ!)

結局、みんなの食べている間に、
椅子に座ったまま10分くらい仮眠ができたので、
ここに来れて良かったかもしれない。
トイレが綺麗だったのも地味にありがたかったなぁ。

DSC02453

小樽まで来たら、ゴールの札幌まで後わずか!
「ここまで来たら完走できるはず!」
という地点だったので、正直かなり安堵しました。

懸念していた膝の痛みも、
それほど進行していなかったので、
悩んだ末に、痛み止めを飲むのは止めて、
このまま最後まで走ることにしました。

DSC02456

337km地点。
最後のPC5に到着しました。

ここから設定している札幌のゴール地点までは、
後26kmほど。
この区間を2時間で走りきらなければ、
フレッシュの達成は認められません。

昨年はさいたま新都心の信号地獄に遭い、
ギリギリで駆け抜けたラスト2時間でしたが、
今回は余裕なはず。
できるだけ距離を伸ばす相談をしたりして、
余裕を持ってラスト2時間に挑みます。

DSC02457

小樽から札幌までの海岸線を走ります。
序盤にいくつかアップダウンがありますが、
そんなことよりも、路肩を走るのが危険すぎる道のり。
車の速度は速いし、とにかく怖すぎる。

トンネル内にも歩道があったので、
ここを走ってなんとか切り抜けました。
ほんまに北海道の車怖い。

DSC02458

札幌までの登り区間を終え、残るは平坦のみ。
ここまで来れば、後は楽勝や!
しかし、現実は甘くはありませんでした。

ここに来て「死ぬほど風が強い」!!

天気予報で「風速9m」とか書いてましたが、
突風はもっとすごかったかもしれない・・・。
絶え間なく吹き荒れる強風が行く手を阻みます。

空を舞うレジ袋。
突風で容赦なく飛んでくる砂。
なんですか、これは。

札幌までの数キロは、完全に向かい風!
こんなにえげつないのは味わったことが無い。
そんな前代未聞の強風を真っ向に受けながら、
最後のカウントダウンです。

DSC02459

「なんじゃこれー!」
とか叫びながらおっさん達は走ります。

そして設定していたゴール地点に到着!!
最後の強風区間のせいで、結局距離は稼げず、
予定通りに、ここをゴール地点としました。

24時間で360km完走だ!
DSC02460

一緒に走ってくれたチームのみんなありがとう!
北海道フレッシュ完走~!!

s-18238548_925003784308267_6168506016116178155_o

 

おわりに

最後のコンビニに到達したときに、
ぼくは何の涙か知らないけれども、
半泣きになってしまいました。

やっぱり今回のフレッシュは辛かった。
骨折からまだ完全に復活できていない体で、
24時間走り続けるのは、辛かったです。

ただひとつ昨年と違ったのは、
昨年は「不安のほうが多かった」んですが、
今回はチーム自体が既に出来上がっていて、

この1年間、色んなところで行動を共にした
みんなで一緒に走る

というのは、とても安心感がありました。

今になって振り返ってみると、
他のメンバーに甘えてしまった場面が多く、
余裕がなかったとは言え、申し訳ない気持ち。
あー不甲斐ない!

本当にメンバーにありがとうと言いたい!

今回も諸々手配など、
全体の指揮をとってくれたdaiconさん、
調べ上げた情報でいつも的確な判断をしてくれる、
ブルベマスターななしきさん、
どんなときにも頼りになる高強度兄貴のマムートンさん、
みなさん本当にありがとうございました!!

DSC02461

もし今、次また走りたいかと言われると、
すごい勢いで首を横に振るでしょうねw


ちなみにここから更に走って、
荷物を受け取ったり、風呂に入ったり、
ナイスプレイスに行って申請をしたり、
帰りの飛行機に乗って家に帰ったり…
長い長いフレッシュでした。

往復の道中も含めて、
本当に楽しい思い出になりました。
またどこか、次は「元祖の5人で!」
伊勢あたりに走りに行きましょう~。

おしまい。

 

 



4 件のコメント

  • お疲れ様&完走&復活おめでとうございます✨
    読みやすく(距離や走行時間帯以外w)参考になることも多くあり、いつも更新楽しみにしております?
    北海道の星空画像、見たかったです(笑)
    しかしこのチーム、胃袋練が一番過酷かもですね?
    舌は甘やかされそうですが?

    • ありがとうございます!

      羊蹄山+星空の絶景、
      お届けしたかったんですが、ポンコツカメラが…(泣
      あそこでキャンプして寝たかったです。ほんとにw

      このチームのおかげで、
      いろいろ美味しいもの食べる機会があって、
      自転車以外の部分でも満喫していますよ~w

  • いつも楽しく拝見させていただいています、小樽在住のロード乗りです。函館から札幌まで夜通し走るなんて、、すごすぎでびっくりしました!夜中の寒さなど、なんとなく想像できるだけに本当お辛かったと思います。これからも体調にお気をつけて、楽しい記事を発信していってください!

    • コメントありがとうございます!

      小樽にお住まいなんですね!
      とても良いところなのに、ほとんど素通りしてしまって、
      当日はなんとも残念に感じてました。
      (他の場所もほとんどそれなんですがw)

      本当に夜の寒さにはビックリしました。
      大阪市内の真冬より寒いなんて!w

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です