加西市の「BUS STOP」で絶品ハンバーガーを食べるための195km悶絶ライド開催!!

はじめに

先週の福島旅の余韻も冷めやらぬまま、
翌、日曜日のライドが決定しました。

【秋の福島自転車旅】DAY1:福島空港から大内宿を経由して裏磐梯へ!

2020/09/25

美味しいハンバーガーが食べたい!

そんなハンバーガー欲求を満たすための、
完全なる私のわがままによって、
目的地は「加西」へ決定!!

同行してもらえる人を探しまして、
いつものロゼさんLovelybeerさんが、
御一緒してくれることになりました。

この二人以外捕まらなかったんだ。
友達少ないタイプなんだ。

こうして、この屈強な二人と、
楽しいライドが開催されたのでした!

 

朝はパンと決まっている

朝5時前。
いつもの時間に家を出ると、
なぜか雨が降っている!

静かに「なんでやねん」と独り言ちて、
いつか止むだろうと走り出したら、
本当に5分くらいで止みました。

城北公園より、おはようございます!

いつもの道で北上します。
内環を走ったりして、つまらぬ道程です。

というわけで、大幅カット。

6時に池田新町ローソンに集合して、
軽く朝ご飯を食べたなら、
もう出発でございますよ!

旧R176を通って宝塚まで。
今回の目的地は加西なんですが、
ちょっとだけ回り道をします。

なぜか六甲の辺りを抜けて、
西へと進むルートをとりました。

めちゃくちゃ久しぶりに、
逆瀬川駅を経由して六甲山方面へ。

割と良いペースで登るロゼ監督。

しんどい・・・

甲寿橋を越えて、旧道へ。

久しぶりに通った旧道は、
草がボーボーでござった。

道路脇の温度計は16℃!
実際はもっと暖かく感じました。

このまま六甲山を登るのは避けたい為、
有馬方面へ抜ける激坂「小笠峠」へ!

こっちはこっちでしんどい!

ここの苔むした壁がええ感じで、
謎の集合写真となりました!

ズッコケ三人組。

この後パン屋さんに行く予定なのですが、
まっすぐ向かうと開店時間には早すぎ。
それでこんな時間調整をしていたのです。

しかし、もはや後悔しかない

3人を襲う激坂の数々!!!

ちなみに私を除く二人は、
ノーマルクランク装備なんですよ。
力で坂をねじ伏せる屈強な男たち。
わたしゃコンパクトでインナーローさ。

小笠峠を越えると、里山風景。
ここの景色は好きなんだけど、
なかなかやってくる機会はないなぁ。

船坂のセブンで少し時間調整して、
そしてやってきたのがコチラです。

「エスケール」

以前ハンバーガーを食べに、
何度か来たことがありました。

グループライドで行く!六甲山ヒルクライムの後に絶品ハンバーガーを食べるライド!!

2017/05/10

2Fのカフェに注目されがちですが、
ここの1Fはベーカリーなんですよね。
しかも朝8時から空いてるんです。
最高だ!

早速、入店でございます。

美味しそうなパンがズラーリ!

枝豆とドライトマトの塩バター。
これに目を惹かれた3人でした。

イートインはありませんが、
お店の前にテラス席があって、
そこで頂くことができます。

むしろ過ごしやすい季節になってきたので、
風を感じて食べるのも良いですよね。

あんバターフランス的なやつと、
大人の栗パンとかを買いました。

そして先ほどの塩パン。
げ、激うま!!

大満足のあさごパンでした!

あーここで引き返しても良いくらい。
でも今日はまだまだたくさん走ります!

 

すべてはランチのために…!

エスケールを後にしたのは、
午前8時50分ごろでした。

ランチのお店までは約53km。
できれば開店時間の11時には、
お店に着いていたいと思ってました。

そうなると・・・
53kmを2時間で走れるとベスト!
え、ちょっと厳しくないですか!?

そんなことを言いながら、
とりあえずR176を北上していきます。

途中でR176からR17へ入りまして、
進路を西へと変えていきます。
ここからひたすら西に走る感じ。

序盤は昨年の松江へ走ったあの日と、
似たようなルートで走りました。

自走で松江まで

【300kmの弾丸ロングライド】大阪から松江を目指して走る!300km越えの日帰りロングライドに挑戦!!

2019/09/18

しばらく前を牽いていましたが、
強く吹き荒れる風に涙。
何度も頼み込んで先頭交代してもらう(ヘタレ)

順調に播磨方面へと走って行きます!

ちょっとした登り坂を越える度に、
インターバルがかかるので、つらい。

ロゼさんのペースが速いんだ・・・

途中でぶどうの直売所もあったりして、
知らない間にそんな季節になったのか。

もう9月も終わりだもんなぁ。

なるべく平坦でルートを引いたため、
信号以外では速度が落ちることもなく、
ひたすら淡々と走っていきました。

播磨平野は良いところ。

全体的にめちゃくちゃ走りやすくて、
快走路続きではあるんですが、
特に見どころはないまま、小野市へ。

この辺りを走るときは、
北側を走るR75を使うことが多いですが、
今回は敢えて南のほうを走ってみました。
こちらも充分に快走路でしたね。

軽いアップダウンはいくつかあって、
それが最高に気持ち良かったりして。

途中で先頭はbeerさんへ交代して、
そして加古川を越えていきます。

もう割とええ所まで来ているなぁと、
この加古川を見て悟ったのでした。

川を越えて県道23号?を走っていくと、
両側にぶどう畑が出てきました。

この辺りも農園とか多いんですね~。

右に曲がりまーす。

ここいらで「喉が渇いた!」となって、
自販機休憩を挟むことにしました。

ほんまに清々しい平坦路だ。

Garminの数値を見てみると、
10時20分時点で89km走行してる。

これはエスケールから1時間半ほどで、
約47km進んでるということになるぞ。

順調すぎる大誤算!
ほんまどえらい二人やで……

もう急ぐことはないので、
ボチボチと行きましょう~。

写真で見ると素敵な風景なのに、
ここいらは風との攻防戦でしたね。

そして数km走って目的地に到着!
加西にある「BUS STOP」というカフェ。

写真には写ってないですが、
裏にサイクルラックもありましたよ。

11時のオープンと同時に到着したので、
すんなりと入店できましたが、
その後は、すぐに満席になってましたよ。

ここのお目当てはハンバーガー!
屋号のついた「BUS STOPバーガー」を注文!
最高すぎる!

このボリュームに、
顎が外れんばかりにかぶりつく!

これが幸せのかたちや。

ちなみにお二人は限定メニューの、
「ボロネーゼバーガー」を頼んでました。

これもめちゃくちゃ美味しそう!!!
あああ、これも食べたかった!!

いやー大満足のランチでした!

大阪から約95kmほどでしたが、
加西まで走る価値ありですよ!!

 

復路で悶絶!?

このカフェはちょうど中間地点。
ここで折り返して大阪方面へ戻ります。

同じ道は通りたくないので、
少し北へ、西脇を経由して帰る算段。

お腹がいっぱいで力が出ませんね。

「はりちゅう」のもう少し北を抜けて、
短い登坂区間を越えました。

西脇へ。

先ほどの加古川を越えて東へ。

山を避けるなら右手の加東経由ですが、
帰りは多少のアップダウンを覚悟で、
篠山(今田)を抜けて帰ります。

北へ向かうと猛烈な向かい風で、
普通に走ってるだけなのに、しんどい。
さっき食べたハンバーガーが生まれそう。

そしてようやくR372方面へ。
ここからは風向き的にも良いはず!

復路の難所の一つ、しら坂へ。

入り口のパインレークゴルフクラブで、
ちょっと記念写真。

ここでビアさんの後ろで登りますが、
なんでそんなに踏むの…と思いつつも、
必死で食らいつきました。

ピークは、しら坂トンネル。
これを越えれば加東市ですね。

この辺りからロゼさんが謎の復調。
前半は元気がなかったはずなのに何故!

坂を見ると駆けあがって行く感じで、
なんかインターバルが掛かって、
坂の度に悶絶を繰り返す。

  1. ロゼさん踏む
  2. ビアさんも踏む
  3. DARUMAの「褒められたい」が発動
  4. DARUMA、褒められたい一心で踏む
  5. それを見たロゼさんがまた踏む(ふりだしに戻る)

ヘイジュード並みの繰り返し。
悶絶の悪循環と化しました。
しかも最終的には千切られるので、
何も報われません。ただの悲劇。

こうして死屍累々で播州清水寺へ。

ここも新たなヒルクライムスポットですが、
これ以上苦しみたくないからスルー。

今回はグルメライドですので、
ここでも寄り道を考えていました!

「自家製ジェラート ブリランテ」

オープン時間前によく通りがちですが、
今回は久しぶりに開いている時間に来れました。

ショーケースを見て、丹波栗が確定した。

丹波栗とミルク。
細かく砕かれた栗の食感もあって、
サッパリしてて美味しかったー。

 

久方ぶりのデガラシ体験

篠山市まで帰ってきました。

今田町のアップダウンを経て、
相野の辺りから青野ダム方面へ。

そして下青野へ。
ここまで来たら帰って来たも同然!
(家まで残り57km!)

もう完全に脚はソールドアウト。

青野ダムから湖畔を通って、
川西へ続く北摂里山街道へ。

この区間も言うまでもなく、
鬼監督ロゼさんの牽きでボロボロに…

あっという間に道の駅を通り過ぎ、
猪名川のほうまで帰ってきました。

久しぶりのデガラシ体験。

ここでロゼさんとはお別れです。
最後にプチ反省会が催され、
「この3人だけで走ったらあかん」
という結論に至りました。

鬼監督から解放され、
ふたりはようやく一息ついたのでした。

ほんましんどかったですわー。
ボチボチ帰りましょうね!

しかし重要なことを忘れていました。
彼が「黒ビール」と呼ばれる所以を…

最後はビアさんによる鬼牽きが炸裂。
PR更新されました。

今朝集合した池田ローソンへ帰還。
いつもゴールみたいに帰ってくるけど、
家までまだ20km以上あるの・・・

ここでビアさんともお別れになりました。
お二人の稽古、楽しかったです(白目)

鬼監督と黒ビールさんから解放され、
わたしは川沿いを帰りました。

追い風成分が多かったので助かった。

もう元気がなさすぎるので、
いつもの自販機で最後の休憩を。
生きて、生きて帰るんだ。

そして神崎川沿いを走って、
市街地を抜けて淀川まで戻ってきました。

最後は城北公園で記念写真。

帰宅したのは16時半で、
思ってたよりも早く帰れてよかった。

お二人ともありがとうございました!!

 

おわりに

今回は序盤に小笠峠越えがありましたが、
他はほぼ平坦ルートになっていました。
風の影響もあって順調に走れましたね。

今回は加西まで走りましたが、
他にもハンバーガーの名店は多々あるので、
ハンバーガーライド、また企画しないと!


人はそれぞれ自分の悶絶を持っています。

今回はあくまで私の悶絶のひとつで、
それ以外の何物でもありません。

その人それぞれの悶絶を共有する。
それも自転車の楽しみの一つかもしれません。

何を書いているのか、
まったく分からないので、
もうこれで締めとさせてもらいます。
お疲れ様でした。

 

今回の軌跡

距離:195.14 km
タイム:7:06:00
平均速度:27.5 kph
高度上昇:1,657 m



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です