【あさごパンライドからの!?】「Boulangerie Pave nature」ライドから行く「和歌山迎撃作戦」の話

はじめに

「日曜日、フリーな時間を獲得できた!」

嬉々として仲間たちに呼びかけましたが、反応は悲しいものばかりだったのです。

こういう困ったときはSNSである。
普段は照れてなかなかできないけど、呼びかけたら誰か誘ってくれるかもしれない!

淡い期待を胸に、私は大声で叫んだ(つもり)でした。

しかし、悲しいかな反応はわずかな”いいね”だけ。あろうことか自らの人望のなさを公にしてしまうだけのハートブレイクつぶやきとなってしまったのであった・・・ああ涙で前が見えない。

– 完 –

別件でkazuさんとやりとりをしていたところ、「それだったら別の予定立ててたけど、一緒に走ろうか。」と言ってもらえて、ボッチライドからの脱却に成功したのでありました。

あさごパン、スタート

そして日曜の朝。
5時45分に守口のとあるローソンへ集合。

夜明けとともに北へと走りだしました。
淀川サイクリングロードをゆけ。

この日、どうしても走りたかったのは「新しいタイヤ」へ替えたからなのでした。
アメサイドのこの感じ、どうですか!?

ゴルフ場裏の区間。
途中で川沿いにまで出られるブートレグな道があるはずなんですが、結局どこか分からなかった・・・

八幡へ到着!

そして桂川を渡って大山崎のほうへ。
本当に清々しい朝でした。

そしてやってきたのはコチラ。

【ブランジェリー パヴェナチュール】

朝7時半から開いているパン屋さん。
たまに訪問したくなる素敵なお店です。

おいしそうなパンがずらり。

キッシュパン食べたかったけど、お腹と相談して断念せざるを得ませんでした。断腸の思い。

こちらのお店はイートインも可能。カウンター席でしっぽりとあさごパンです。

今回はスイートポテトとクロックムッシュ。最高でしたね。

今回も美味しかった!!

そして早くも折り返しまして、再び淀川の河川敷へ。復路は往路の対岸、北側の道を通りました。

肌寒かった朝の気温ですが、8時半を過ぎた辺りから暑いほどの日差しへ変わります。

そんな秋の陽気の中で、ショートな「あさごパンライド」は終了!

本日もありがとうございました!

第二部、出動!

自転車に乗ると存外にお腹が減ります。

あさごパンライドが終わったその勢いのまま、お昼ご飯を食べに行くことになりました。

そして勢い余ってしまったようで、

気が付いたら和歌山にいました。

そしてやってきたのはこちら。

【満幸商店】

ちょうど昼時に差し掛かってしまって、先に二号店へ行ったのですが待ち時間がかなり出そうだったため、急遽本店のほうへ走ったのでした。

店内撮影禁止になっていたので、写真はありませんが、「わさびスープ」うまかった~!

以前、この辺りを走ったときには二号店にお邪魔したのですが、加太に来るのはそれ以来でした。

【和歌山・温泉ライド】加太の「満幸商店II」を経由して名湯・花山温泉へ!

2020/12/29

その時には建っていなかったモニュメントで、記念撮影。

充実の和歌山ライド(2km弱)、終了。

迎撃作戦開始!

この日は我らが「黒ビールさん」ことLovelybeerさんが走っていた”SR600KW”の最終日だったのです。

たまにtwitterにあがるPCの時間を確認しながら走行ペースを予想。「そろそろ最寄りのPCに来る可能性が高そう!」などと、なんか出待ちのファンのような心境に。

しばらく道端で通過するのを待っていると・・・

来たー!!

敢えて声も掛けず、ニヤニヤしながら見ていましたが、怪しい視線の存在に気づいて驚いてもらえた様子でした。せっかくなので”ゲキ”ではなく、”ヤジ”を飛ばしておきました。

応援というより邪魔をしてしまった感はありますが、これ以上邪魔になってはいけないので、我々はそのまま車でゴール地点へと先回りすることにしました。がんばってー。

ゴール地点で練乳アイスを食べて至福の時間を過ごしていると、颯爽と現れたLovelybeerさん。
無事にSR600をゴールされました!すごい!

まだまったく興奮冷めやらぬ状態で「はよビール買ってください」とkazuさんに謎の催促をされるLovelybeerさん。そしてそのまま自転車ごと拉致して帰阪です。

この余韻も何もないスピード感、えぐい。

第二部のミッションクリア!

刺激的な第二部・和歌山ライド(2km)でした!楽しかったけど、サイクリングとしては少し短すぎましたね。今度行く時は有田あたりをじっくりと攻めたいですね~。

おわりに

実はこの日は「山の家はせがわ」にハンバーグを食べに行く予定があったんです。

でも走り出した直後、会話の中で「そういえば今日ビアさんゴールの日でしたよね?」みたいな話になりまして、そこからのノリでこういう形になってしまいました。ノリは大切。

下の文字まで入れたver.

それにしても「太平洋岸自転車道」って壮大よね。

https://www.kkr.mlit.go.jp/road/pcr/index.html


kazuさんの謎すぎる行動力、そして頼んでもいないのに連れ去られたビアさん、なんか勝手にめっちゃ楽しませてもらいました!ありがとうございました!!

久しぶりに人が挑戦している姿を間近で見たんですけど、結構刺激的なものがありましたね。

「挑戦」って人それぞれの中であると思うんですが、そういうものを常に持っておくのは大切なことだとを感じさせられました。

ぬるま湯大好きすぎて、滅多にそこから出ない性分なんですけど、ぼくもなんかやりたくなったなー。

今回の軌跡(第一部のみ)

距離:50.26 km
タイム:2:16:33
平均速度:22.1 km/h
総上昇量:130 m



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。