日の出前ヒルクライム!大阪市内から葡萄坂~生駒を走る早朝ライド!

はじめに

家庭環境が変わる中、
週末ライドが厳しくなってきている現状・・・
以前にも、こんな感じで自転車に乗る時間を作れず、
数か月も乗ってない!みたいな時期がありました。
このままではいけない!

土曜日。
朝から子供の保育園行事がある僕は、
それでも、どうしても自転車に乗りたくて、
早朝に走りに行くことにしました。

帰宅時間のリミットは朝7時半!

前日に引いたルートは68kmほど。
少し余分を見て4時間半あれば大丈夫なはず。
ということで、2時半起床/3時出発に決定。

根性の早朝ライドへ行ってきました。

 

とにかく朝が早い

予定通り2時半に起床した僕は、
襲い掛かる睡魔と闘いながらこう思いました。

こんな時間から走るの、頭おかしい・・・

そんなことを考えながら、
ぼくはつい2日ほど前の出来事を思い返していました。

その日はroseさんとあまえびさんと、
同じく早朝ライドを計画していたのですが、
当日になってみると、まさかのバリバリの雨予報。

ライドは中止になりました。
しかし、その日に雨が降ることがなく、
苦虫をかみつぶしたような顔をしながら、
流るる悔し涙を枕で拭ったのは、屈辱でございました。

「走れるときに走っておこう!」

これが大切な合言葉。

というわけで、
どういうわけか知りませんが、
なんとか体を起こして出発したのが3時16分。

dsc00896

今回も南大阪のほうを走ってみる計画です。
大阪市内の道は走りにくさを極めていますが、
この時間なので、堂々と道を選べます。

深夜帯は、むしろ大通りのほうが走りやすい。
真っ直ぐ南下できる、今里筋を使うことにしました。

dsc00897

ひたすら今里筋を南下しまくると、
大和川にブチ当たるので、途中で川沿いの道へ。

思っていた以上に・・・暗い!

dsc00898

ライトの明るさを上げて、川沿いをグングン進みます。
さすがに涼しくて走りやすい~。

信号待ちで空を見上げると、
オリオン座が綺麗に見えました。
そんな朝4時ごろ。

dsc00900

そして無事に柏原のリビエールの前に到着。

dsc00901

真っ暗な中、掲示板に書き込み。
何これ、むなしい。

dsc00902

ということで、
そのまま葡萄坂近くのコンビニへGO!

家を出て約1時間。
やってきましたよ、人生二度目の葡萄坂!
来てみて思う、「できれば登りたくない!」という心。

dsc00903

 

暗いだけのヒルクライム!

実はこの日、大きな誤算がありました。

思ってたより、日の出時間が遅い!

「4時半くらいから明るくなるかなぁ」と、
勝手に夏の感覚でおりましたが、
気がつけば、季節はすっかり秋。
まだまだ日が出る気配がないやんかいさ。

この日の日の出時間は「5時45分ごろ」
暗い中、峠を越えないといけないのは必至。

仕方ないので、真っ暗な葡萄坂へと挑みます。
それにしても暗すぎる。

dsc00904

必死で登りますが、序盤の墓地が怖かったり、
途中の夜景が綺麗だったり、
複雑な気持ちで走りましたが、
まぁあんなところ夜走っては行けません。

途中から怖くなって、必死に走りました。
気がつけば「のどか村」へ到着。

ふふふ、こんな時間だと何にもないのだ。

dsc00905

そのまま信貴山方面へ。
前回はこのままR168へ降りきってしまいましたが、
今回は間違えないようにフラワーロードへ。

dsc00906

dsc00907

ロード乗りには有名な「フラワーロード」ですが、
今回初めて走ることができました。

無駄にアップダウン続きの道にヤラれましたが、
それよりも微妙な街灯が作り出す、
怪しげな暗さのほうがイヤだったよ・・・

dsc00908

しばらく走っていると、
徐々に夜が明けてきました。

dsc00909

平群からはR168へ出て、しばらく北上。
このころにはすっかり早朝の空気へ。

dsc00911

前回はここから「清滝峠」で大阪に戻りましたが、
この日は、また別のルートで・・・!

dsc00912

 

激坂!から生駒を抜ける

途中、R308へ進路を変えて走ることにしました。
この道は、酷道として有名な「暗峠」へ続く道。

dsc00913

しばらく走っていると、
その鬼のような激坂の片鱗が見えてきました!

dsc00916

このまま暗峠をヒルクライム!!するわけもなく、
ヘタレな私は、峠に近づくこともなく、
途中で道を替えて、生駒駅方面へ走ります。

民家の立ち並ぶこんな道を抜けて走りました。

dsc00917

dsc00918

ちょうど分岐のところで、
眺めの良い場所に出たので写真を一枚。
随分、山手のほうなんだなぁ。

dsc00919

そして山のほうへ登る道を見てみると、
そこには驚きの激坂。
ちなみに走らないといけないのは、こっちの上り坂のほう。

ただの道がこんなにキツイの!?
なんてこったい・・・

dsc00920

仕方なく激坂を登ってみますが、意外と続く坂道。
斜度は15%からジワジワとあがり20%へ・・・

dsc00921

こんな坂を登るパワーもないので、
止まってひっくり返りそうになるのを、
なんとかギリギリで抑えるようにあがき、
登るというか、耐えるって感じでしたが、
無事に坂道区間終了。
おそるべし生駒!

そこからは下り基調で生駒駅方面へ。

dsc00922

駅近くの住宅地のあたりで、
奈良の綺麗な朝焼けが見渡せる場所へ。
ASAYAKE・・・(野呂一生)

dsc00923

そして住宅地の激坂を恐る恐る下っていき、
生駒駅を北側へ抜けていきます。

dsc00924

 

むろいけ園地経由、清滝行き

無事に生駒駅を抜ければ、
後は大阪市内方面へ行けば良いだけです。

この辺りは、阪奈道路が便利な道なんですが、
自転車で走るには、走りにくい道です。
阪奈道路を避けるように、R701を走りました。

dsc00925

dsc00927

ゴルフ場、むろいけ園地の横を走って行くと、
清滝峠の頂上の分岐へ出てきました。
何度も清滝を走ったことがあるのに、
この道への繋がりを初めて知りました。

dsc00929

このまま清滝峠をダウンヒル!

dsc00930

帰りはR163を走って帰りました。
土曜の朝ということもあって、交通量もマシでした。

dsc00931

家に着いたのは7時過ぎ。
なんとか予定してた時間に帰って来れて良かった!

走行距離はたった68kmでしたが、
とても充実した朝ライドになりました!

 

おわりに

朝起きた時点では、
本当に行くか悩みましたが、
走り出すと涼しい風が気持ち良くて、
「走りたい欲求」も満たされたので、
出かけてよかったと思えるライドでした。

市内が走りにくいのは仕方ないとして、
葡萄坂を越えてのフラワーロードと、
生駒山麓のアップダウンはとても楽しかったです。

生駒駅を越えて清滝峠へ出る道も、
なかなか走りやすい道で良かったです。
前回、道を失敗してあまり楽しめなかったんですが、
今回はしっかりリベンジできたと思います。

清滝の夜景背徳の平日サイクリング!はじめての「葡萄坂」に屈した70kmライド。
はじめに 基本的に週末しか自転車に乗らないのですが、 最近いろいろありまして、 「週末こそ自転車に乗れない」という日々が続いております。 悶々としてる。 じゃあ...

この日は新しいDMTシューズの、
シェイクダウンも兼ねて走りましたが、
この辺の感想は改めて。

dsc00926

これからの季節、暗い時間が多くなるし、
朝ライドも走りにくくなるなぁ・・・

 

今回の軌跡

距離: 68.16 km
平均速度: 22.9 kph
カロリー: 1,498 C
時間: 2:58:33
高度上昇: 1,031 m
平均気温: 16.0 °C

 

 

スポンサーリンク

4 Responses

  1. ゴゴ より:

    はじめまして!
    もしかして今日の15時すぎ寝屋川南の交差点で信号待ちしておられましたか?

    • だるま より:

      どうもはじめまして!

      今日は自転車には乗っていないですね~。
      平日の昼間はあんまり出没しないですw

  2. ゴゴ より:

    そうでしたか、では見間違えですね!
    初老の方と若い2人組みの方でしたので、もしかして!?と思いましたw

    • だるま より:

      あんまりそういう組み合わせでは走ってないかもしれませんw

      またそれっぽいやつを見かけたら声をかけてみてください。
      本人だったら大喜びしますのでw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>