【自転車用メガネ】『SWANS SPORTS EYE』で度付きハイカーブサングラスを新調しました!

はじめに

わたくしは日頃よりメガネユーザーで、
自転車に乗る際のアイウェアには、
色々と考える必要がありました。

そして、
「度付きサングラス」を使う!
という選択肢を選びました。

近眼ロードバイク乗りのアイウェア問題!愛眼”AGT”で「自転車用メガネ」を作った話。

2017/05/12

4年近く使用してきましたが、
使い心地は普段のメガネと大きく変わらず、
ハイカーブレンズの見え方も問題なく、
文句のない「自転車用メガネ」でした。

しかーし!
酷使しまくってきた結果、
レンズの表面加工?がはがれてきて、
なんだかあかん感じに・・・

そこで今回「メガネの新調」に、
踏み切ったのであります!

 

SWANSの「SPORTS EYE」!

前回のときにも色々書いてますが、
ハイカーブレンズのサングラスは、
色々な所で作ることができます。

前にお世話になった愛眼や、
ほかのメガネショップでも、
取り扱いのできるところもあるようです。
オークリーの直営店などでも、
取り扱いがありますね。

SWANSで作る!

色々な選択肢がある中で、
今回は「SWANS」で作ることにしました。

SWANSはスポーツアイウェアのブランドで、
東大阪にあるメーカーというので、
関西ではお馴染みかもしれませんね。

実は、以前もSWANSは第一候補でした。
実際に当時ALBIにあった直営店に行って、
色々と話を聞かせてもらったのですが、
当時は私の度数では対応してなかったのです。

しかし、最近「SPORTS EYE」という、
ハイカーブレンズを度付きにするサービスが、
新たに始まっていたのです。

SWANS – SPORTS EYE
https://www.swans.co.jp/special/sportseye/

 

実際に作ってもらった。

このサービスは、SWANSの直営店のみ。
今のところ、
東京と大阪、そして東大阪の3拠点。

大阪店はLINKS梅田にあるので、
早速行ってみました。

まず嬉しかったのが、
店頭に度付きのサンプルがあったこと。
しかも色々なパターンが用意されていて、
「実際にどんな見え方をするか」が、
作成前に知れるのは有難かったです。

カラーレンズの見本も。

前回、愛眼で作成した時は、
作ってみないと分からなかったんですが、
サンプルを試せることで、
そういう不安がなくなりますね。

 

作ったときのアレコレ

ホームページにも記載されてますが、
リーフレットのほうが分かりやすいので、
ちょっとそちらから拝借。

ちなみに一番安く作ろうと思うと、
レンズはクリアレンズにして、
フレームにLION SIN compactを選ぶと、
「23,100 + 9,350 = 32,450円(税込)」
これくらいにはなりますね。

フレームは10種類ほどから選べる感じ。
これに加えて「オプションコート」があって、
価格表だと2パターンですが、
実際はもうちょっと細かくありました。

 

 

クリアレンズで作成

今回もクリアレンズで作成したので、
クリアレンズ代:23,100円

スタッフの方に詳しく聞くと、

ちらつきを抑えるために、
内面だけでもマルチコートがオススメ!

ということでした。
マルチコートは片面で3,300円。
これだけオプションで付けてもらいました。

フレームは「STRIX-I」に決めて、
話を進めていきましたが、
ちょっとした問題があることが発覚。

視力(瞳孔距離)が問題で非推奨!

その場で今のメガネで見てもらうと、
私の瞳孔距離だと見え方に無理が出るので、
STRIX-Iでの作成はオススメできない!
ということだったのです。

というわけで、
フレームは「WARRIOR-VII」に変更。
これで作成してもらうことにしました。

こういうこともあるので、
実際にお店で相談に乗ってもらうのが、
一番わかりやすくて良いですね。
まぁ、当たり前か・・・

納期は3~4週間かかるということで、
完成まではお楽しみでした。

 

自転車用メガネ完成!

約3週間で完成!
ドドーン。

これがニューメガネだ!!

上から見ると分かりやすい、
カーブレンズの具合。

鼻パッド、調整してもらいました。
こういう微調整が効くのは良いな。

SWANS WARRIOR-VII。

 

実戦投入しました

先日のライドで、さっそく実戦投入!

カーブレンズの見え方は、
前のメガネで慣れていることもあって、
特に違和感もなく使えました。

視界もクリアでフレームも軽い!

風の巻き込みもなく、
カーブレンズの強みも実感!
満足できるニューメガネでした。

性能的には充分なので、
後は長持ちしてくれるといいなぁ!

というわけで、
自転車関係?のニューアイテムの話でした!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です