サドルをショートノーズ型へ!Prologo Dimension STNを購入!!

はじめに

今回、めちゃくちゃ久しぶりにサドルを替えてみました。

元々、お尻には鈍感なほうなので「何事もなく200kmくらい走れるんだから、それでいいや。」という考えもあり、積極的に見直す機会を作ってはいませんでした。

その結果、数年間、ほぼ同じモデルを使い続けていましたが、思うところがあって所謂「前乗りサドル」に交換したという、どうでも良い話です。

サドルを替えるまで

以前に使っていたのはAstvteのサドル。
かつて投げ売りされていた際に購入した「Starlite VT」というカーボンレールモデルの使い心地が良く、数年間使用していました。

ログを辿ってみると、購入したのは約6年前(!)

憧れのカーボンレールサドル!?「Astvte “Starlite VT”」を購入しました!

2017/06/16

実はその後、安価なうちに…とほぼ同じモデルを購入してストックしていて、それが今のFACTORにも付いているという流れなのでした。

車体は変わったものの、実に数年にわたって(ほぼ)同じモデルのサドルを使用してきた感じです。

FACTORに乗り換えて1年半ほど(ケガのブランクを差し引いても…)が経ちました。

FACTORは、前のLAPIERREの頃からポジションに大差はありません。数値的に見ても大きく変わっていないのです。しかし、FACTORに乗っているときは、「もう少し前乗りのほうが合っている気がする」という感覚を覚えていたのです。

別にレースに出るわけでもなく、ヒルクライムに勤しむわけでもなく。冒頭にも書いたように「まぁ元気に200km走れたら良いか」という感じでした。

しかし、そんな折に押し寄せるブラックフライデーの波。気になっていたサドルがセール価格になっているのを発見してしまい、もはや物欲に抗うことができませんでした。

プロロゴ ディメンション

購入したのはプロロゴのDimension STN。
海外通販で安くなっていた(6,000円弱)ので、ウオーっと勢いで買ってみましたが、なにやら国内での販売が確認できないという・・・。

参照:https://manys.work/prologo/

プロロゴの中でも一世代前のモデルなのか、国内では単体売りされてない一番グレードの低いモデル(完成車付属のみ?)とかなのか・・・。

商品ページに合った公称スペックはこんな感じでした。

  • Size: 245x143mm
  • Rail: Pro STN
  • Cover: Microfibre
  • Padding: Light foam
  • Weight: 274g

エントリーグレードのものなので、重量もしっかりある部類。前に使っていたカーボンサドルと比べると90gほど重いのです。しかし、今回はこの形状が試したかったので、その辺はどうでも良いことなのさ!

最近流行りのショートノーズサドルで、落ち着いたデザインはかっこいい。

143mm。
サドルレールはPRO STNって書いていますが、たぶんクロモリの最廉価仕様ですね。

ショートノーズってどやねん?

めちゃくちゃ雑に比較してみますが、並べてみるとこんな感じです。

ショートノーズと言われる通り。

プロロゴの上にAstvteのサドルを重ねてみました。

今まで装着していた大体のレール位置で重ねてみましたが、全体的にシートの位置が前に来ているのが分かるでしょうか。

斜めから撮った写真なので少し大げさに映っていますが、1.5cm~2cmほどプロロゴのほうが前寄りに来ているのが見て取れると思います。

その分、サドル先端(ノーズ)が短くなっていることで、乗り降りしやすくなっていたり、過剰に前乗りにならないようになっているんだと思われます。

前乗りになるのは分かっていましたが、こんなに大胆に変わって大丈夫なんだろうか?

使ってみた感想

サドルを替えてから170kmのライドを含めて300km以上走りましたので、ファーストインプレッションを残しておきたいと思います。

めっちゃ良い。

今までよりも圧倒的にポジションが前に来ている違和感があるかと思いきや、むしろ座りの良い位置が前に寄ったことで「座りが良い」と感じるようになりました。
体感として今まで若干腰を引いた位置に座りの良い場所がある自覚はあったのですが、それが来るべきところに来た感じ。

以前にその実感を解消すべく、実はAstvteのサドルを前のほうに出してセッティングしたこともあったんですが、その時はローズが長いことが影響してなのか、無意識で前に行き過ぎたのかなんなのか、膝に違和感が出たりしました。

ショートノーズだと前へ出すぎないからなのか、ある程度の範囲に留まらずを得ない感じがあって、長距離を走っても問題ありませんでした。
その代償として、後ろ目のポジションは取りにくくなりましたが、自分の場合は全体的に見れば遥かにプラスのほうが大きいので、これで良かったと思っています。

デメリットとしては、サドル表面が少々滑りやすいことでしょうか。あまりにも滑りにくいのも使いにくいですが、もう少しだけ良い塩梅に滑り止めが効いていると良いのにな、と感じながら使っています。

ポジションを見直したい人には、ロングノーズからショートノーズに替えるというのは試してみてもいいかもしれませんね。

価格もスペックも、Astvteのサドルには及ばない感じはありますが、今回は「フィッティング」という部分で選択したので、悔いはない!

おわりに

あんなに愛着を持って使っていたサドルでしたが、いきなりの二軍落ちです。儚い。

今回はあくまで「もう少し前乗りに…」という目的で手を出したショートノーズサドル。その目的にピッタリとフィットしたんだと思います。

この前乗り願望の出現が思い当たることとして、FACTORのシートポストがあります。
実はかなりオフセットが効いているんですよね。LAPIERREとは数値的にも同等ポジションで、オフセットはサドル位置で解消できているという認識でしたが、そこに何か良くないものを孕んでいたいたのではないかと、今になって勘ぐっています。
まぁオフセットのシートポストのほうが絶対にカッコイイ派なので、これで良いんですが・・・。

今回のサドルで「ショートノーズが良い」という感触をつかんでしまったが為、最近流行っている3Dプリンタのあみあみサドルも気になってきました。
もっと軽量のサドルに・・・なんてことも思わなくもないです。知らない間に良からぬサドル沼に近づいてしまっているような気がします。

みなさんもお尻ポジションと沼にはお気を付けください・・・

created by Rinker
プロロゴ(Prologo)
¥13,700 (2024/02/27 20:47:04時点 Amazon調べ-詳細)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です