使いやすいポンプヘッドへ換装!フロアポンプに「airbone クイックポンプヘッド」を装着!

使いにくいポンプヘッド!?

いま、家には2つのフロアポンプがあります。
1つは「Serfas FP-200」というもの。
そしてもう1つは「Lezyne ALLOY SPEDFLOOR DRIVE」。

元々「Serfas」の使い心地に納得がいかず、
新たに「Lezyne」を買い足したんですが、
何回か使ってみるも、なんか違う感じがして、
結局「Serfas」ばかり使ってたりします。

購入当時のペラペラな記事を発見。
なんじゃこれ。

コスパの高いフロアポンプ! Serfas "FP-200"購入。

2013.07.05

モノに対する評価は、購入当時と変わらず、
機能的にはほとんど不満もなく、
とても良いポンプだとは思うんですが…
あんまり好きじゃない部分がココ。

ポンプヘッドが使いにくい!

押し込んでレバーで固定するタイプ。
着脱に少し力を要すのが難点です。

またバルブへ固定する角度が悪いのか、
うまく空気が入らなかったりして、
もう一度付け直したりすることもあります。

こいつさえ改良されれば、
一つ上のポンプになれるのに!

そうだ!先っちょだけ換えてみよう!

 

ポンプヘッドを替えてみる!

ポンプベッドと言えば、
有名なのは「ヒラメポンプヘッド」

KUWAHARAという日本のメーカーが作っていて、
自転車狂いがこぞって褒め称える逸品。
なんかとてもイイモノらしい。

これを導入することも考えましたが、
「結構ええ値段する」のであります。
フロアポンプ本体よりも高いもの。

そして、もう一つの理由として、
「あまりにもスタンダードすぎる」という、
良く分からん天邪鬼っぷりを発揮。
別のモノを使ってみることにしました。


購入したのはコレ。

「airbone クイックポンプヘッド ZT-A15」

ミニポンプなんかで良く名前を見る、
airboneのクイックポンプヘッド。

レバーで固定するタイプではなく、
バルブにネジ込んで固定するタイプ

ぼくはロードバイクでしか使わないですが、
「仏式/米式」どちらにも対応しています。

 

早速、使ってみました!

使う前にまず取り付けなければいけません。

パッケージから出してみると、
本体と、ホースと固定するキャップが大/小の2種類。

Serfasのポンプヘッドを取ってみると、
ホース先端にもなにか付いていたので、
これは取り除かねばなりません。

引っ張って取れるような感じではないので、
思いきりよく、チョッキン!

先端がこの純粋にホースの形状ならOK。

ホースの外径によってキャップが違います。
今回はグレーの太いホース用を使用。

取り付けは簡単でした。
先端にポンプヘッドを挿して、
後はキャップを締め込むだけ!!

使い方も簡単!

バルブにネジネジして固定します。
(これはLezyneのABSとも似た感じ。)

特筆すべきは取り外すとき!

空気を入れ終えたら、
青い部分を引き上げて、
そのまま上へ引っ張ります。

すると、
「シュコ!」とすぐに取れるんです。
もう「片手でスコ!」って感じですよ。
わお・・・とても文字で説明しづらい。

エアーの内圧を利用して、
スコっと取り外せる感じですね。
・・・って、伝わりますか!?

私は今、因幡晃の次くらいに、こう言いたい。
「わかってください」と。

装着してから何度か使用していますが、
慣れてしまうとめちゃくちゃ使いやすい。

背中にエアーリリースボタンがありますが、
取り外しの前に押してしまうと、
中のエアーが抜けてしまい、
内圧もなくなってしまうので、
小気味よく取り外せなくなります。

内圧を利用してシュコン!と、
取り外すのが楽なやり方かと思います。


取り付けから使用まで、
商品説明書に書いてある通りですので、
ガッツリここに貼り付けておきます。
図解があると分かりよいなぁ。(丸投げ

 

おわりに

ポンピングが飛躍的に楽になる!とか、
そういう商品ではありませんが、
「ポンプの使い心地をレベルアップさせる!」
そういうアイテムの1つかと思います。

なんか見た目もスマートになって、
たいへん喜んでおります。

手元のフロアポンプを生かしたまま、
より使いやすくできるので、
今のポンプヘッドに不満がある人には、
オススメできるアイテムです!

そういえば、
使い始めて分かりやすいデメリットが、
ひとつだけありました。

以前はポンプを使わないときは、
こんな風に収納できるようになってました。

しかーし、
ポンプヘッドが変わったことで、
本体に固定できなくなったんですよね…
なんか良い方法考えないとなー。

 

 



2 件のコメント

  • はじめまして。
    わかりやすい記事で、ポンプを変えることがあればぜひいっしょに導入したいと思いました。

    ポンプヘッドの本体への固定方法ですが、磁石を使ってみてはどうでしょうか。
    本体は金属ボディということしかわからないのですが、もしスチールなら、マグネットをテープなどでホースにつけておけば、取り外しや固定もワンタッチでできると思います。
    ポンプヘッドも重くなさそうですし、小さな磁力強めのマグネットで固定できるのではないでしょうか。

    空気を入れ終わったら、何も考えずにホースを固定できるのが楽です。

    • はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      磁石!それはおもしろそうですね。
      たぶんポンプ本体にはくっつくと思うので、
      ホース側に付ければ、運用できそうな気がします。
      家に余ってる強力マグネットで試してみます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です