抜群のフィット感!!靴紐スタイルの軽量シューズ「GIRO EMPIRE ACC」を購入しました!

はじめに

少し前にクリート位置の見直しをして、
それに伴ってペダリングも少し変わりました。

そのせいだとは思うのですが、
不思議と今までなんともなかったシューズが、
妙に納まりが悪い気がする。特に左。

愛用していたのは「DMT R3」
BOAクロージャーのついた軽量モデルで、
もう2年以上履いておりましたです。

憧れのBOAクロージャー!カーボンソールシューズ「DMT R3」購入!

2016/10/21

どうも左足だけ違和感を覚えるので、
新しい靴を試してみようかなぁと思ったが最後。
すぐに新しい靴を買っていました。

物欲に突き動かされる行動力 is 恐ろしいもの!

 

靴ひもタイプの「GIRO Empire ACC」を購入!

R3での違和感

R3の形状で先っぽが細めの形状が、
たまに窮屈に思えることがあったこと。
DMTのがかなり細めなんですよねー。

ロングライドでも問題がなかったので、
気にせず、そのまま使ってきました。
でもどうせ買い替えるなら、
もうちょっとゆとりがあっても良いかもしれない。

そしてBOAダイヤルが一つだけだったので、
部分部分での締め方の微調整ができない。
せめて前後で2つくらい調整機構がほしい。
これは結構切実に思うところがありました。

この2つが解消されれば…

BOAの便利さは充分に体験できたけど、
特にそれにこだわる必要はないなぁ。
と、思っていたところに目についたのが、
前から注目していたGIROの靴紐シューズ。

一度、いろいろと試着させてもらおう。

試着したらイチコロだった

とりあえず色々なシューズを見てみよう!
と思い関西大手の某ショップへ。

気になっていたGIROのEmpire ACCを試着。
まず手に持つと、めちゃくちゃ軽い
そしてフィット感が抜群なのである。
かかと部分の包み込むような形状。
なんじゃこれ、最高やんけー!

ということで、
気がつけば我が家にありました。
試着してはいけないシューズやったんや…

 

早速、実物を見てみる。

まず箱を開けると驚いたのが、
この「トラベルバッグ」の存在。

こんな立派な専用ケースが付いてくるなんて、
さすが、めちゃくちゃ高いだけはあるな。

そしてご対面!
今回買ったのはリクレクティブのカラー。
「Dark Shadow / Reflective Daze」というやつ。

このシマシマ具合が良いんですよね。
最初見たときに「なにこれ」と思ったんですけど、
見ているうちに好きになってしまって。
もう・・・好き。

とても良いです。

カラー名の通り、リフレクティブなシューズです。

そのリフレクティブのタグを見てみると、
「写真を撮ってみて。違いが分かるから!」
ということが書いてありますね。

なんじゃい。やったろうやんけ。
ということで、パシャリ!としてみたらば・・・

めっちゃリフレクティブ!!!

想像を超えたリクレクト!
素敵!!!

アウトソールはあの「EASTON EC90」
これだけでニヤけてしまう人も居るはず。
思わず、ここの窪みをナデナデしました。

 

付属品なんかも見てみる。

トラベルベッグ以外にも、
いくつか付属品があるので確認。

リクレクトタイプの交換用靴ひもと、
インソールのアーチ部分のパーツ、
そして謎のネジ。

交換用のシューレースは、
反射素材の糸が入っているもので、
靴に装着されているものとは別タイプ。

よりリフレクティブにこだわるのであれば、
これに交換して使ってみるのが良いかもですね。

そしてネジ。
これは何に使うのか分からず・・・
あなたはなんのネジなんですか?

そしてインソールがちょっと変わってる。

土踏まずの部分の厚みが調整できる仕組みで、
S/M/Lの3段階の調整が可能。

公式の説明がかっこいいので見てほしい。

アジャスタブルなスーパーナチュラルフィットフットベッドによるアーチサポート調整で、最高のパフォーマンスとスタイルを実現

http://www.diatechproducts.com/giro/empire_acc.html

スーパーナチュラルフィットフットヘッド!
この必殺技みたいな響きがすこぶる良いな。

通常はMサイズがついていました。
ベルクロで簡単に着脱できるので、
自分にあった厚みのものに付け換えましょう。

 

実際に使ってみた感想

シューズを変えて350kmくらい走りました。

先日は200kmオーバーライドも走って、
多少は馴染んできた気がしているので、
ちょっと簡単に感想を書いてみます。

抜群のフィット感!!靴紐スタイルの軽量シューズ「GIRO EMPIRE ACC」を購入しました!

2019/04/03

まず気になるところはコレですね。

靴ひもはめんどくさいのか!?

これは導入前に一番気になった所なんですが、
普段から紐靴を履いているので、
みなさん、想像に難くないとは思います。

ぼくはすぐに馴染めました。
意外とそんなに時間もかからないし、
大きなデメリットはないような気がしますね。

結局は、いつも自転車乗ってる時に、
そんなに靴を脱ぐ機会ある!?

というところで、
かなり頻繁に着脱しちゃう人とか、
走行中に締め具合をいじりたい人とか、
そういうスタイルの人には不向きかも。

靴ひもは結んだ後に、
中央のゴムループのところを通しておけば、
暴れることもありません。

こんな感じでスッキリ&スマート!

シューズとしてはどうなんだ?

これはもう感覚でしかないんですが、
一番に思ったのはこれでした。

めっちゃ軽い!!!

比較的軽いほうだったDMT R3と比較すると、
重量は15gくらいしか変わらないはずなのに、
なぜか感じる「めっちゃ軽い!」。
さすが最軽量レベルのシューズですね。

後はどこが作用しているのか分かりませんが、
シューズ全体で踏んでいる感が増しました。

なんと言ったらいいのか・・・
力がソール全体に伝わっているような、
なんかそんな感じの感覚が良いですね。

一番良かったのは「フィット感」!

特にかかと部のホールド感が最高で、
世の全ての靴に導入してほしいレベル。

DMT R3のBOAクロージャーは、
僅かに締め付けが足りない部分がありましたが、
それが紐靴になることによって、
「適度に調整できるようになった」というのも、
このフィット感に貢献しているのかも。

身体に接触するパーツは大切!

これは良く言われることですが、
シューズはその中でも重要なアイテム。
とりあえず一度試着をしてみるのがオススメ。

というわけで、
しばらくこのシューズで走り回るぞー!!

・・・あれれ??



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です