SPD-SLペダルをアルテグラヘ!「SHIMANO ULTEGRA PD-6800」購入!

はじめに

SPDペダルからSPD-SLに乗り換えたのが、1年ちょっと前の話。
その時にペダルは「SHIMANO PD-R550」を購入しました。

関連記事: ビンディングペダル"SHIMANO PD-R550"購入!

3000km近く走っただけで、特に不満もあるわけではないんですが、
あまりにも自転車に乗らない生活が続いたので、
なんか無性に自転車を触りたくなってしまい、
無駄にペダルのグレードアップを決意しました。

ほんで、こいつを導入。


「SHIMANO ULTEGRA PD-6800」

PD-6800

カーボンコンポジットボディ採用。
ワイドペダル踏面が特徴。
よくよく考えると、しびれるほどに高い。

 

早速、届いたペダルを見てみました!
パッケージはなかなか高級感があります。

豪華なパッケージ

"ULTEGRA"のロゴが光ります。

輝くアルテグラの文字

しつこいけどアルテグラ

内容物はペダルと、黄色のクリート。
間違えないようにLとRで、それぞれ分けてありました。

開封してみました

ペダルとクリート

早速ペダルを触ってみると、とても高級感がありました。
軸部分のメタリックな感じが最高。

ホールドの強弱はここで調整

「カーボン製」ですが、もちろんしっかりとした作り。
軟な感じはなく、むしろソリッドでたくましい。
素敵すぎるじゃないか。

高級感があります

ULTEGRAのロゴが随所にあり、所有感を満たしてくれますね。
煩悩だらけのぼくなんかは、このロゴで喜んじゃう。

サイドに「ULTEGRA」のロゴ

ちょっとブレてますが

 

下位グレード"PD-550"との比較。

PD-550は樹脂製、PD-6800はカーボン製なので、
重さはもちろん、仕上げの高級感も違いました。

シャフトなんか見た目から全然違いますね。

下位グレードPD-550との比較 その1

アルテグラのほうが無駄な部分がそぎ落とされている感じで、
全体的にもシュっとしています。
もちろん重量差もあって、公式データで見ると"50g差"

下位グレードPD-550との比較 その2


装着した感じは、パッと見ではそんなに分からないレベル。
マイナーチェンジになりました。

換装前

換装後

 


早速使ってみました!

先日、90kmほど走った時の感触ですが、
最初に踏んだときに、ペダルに良い感じに力が入っていくような
そんな感覚はありました。
クリートとペダルとの密着度というか、親和性が高いというか、
よりペダルとの間に違和感がなくなったという感じはしました。

ただ回転が云々というのは、ぼくのレベルでは感じられず。
でも見た目はシュっとして素敵だし、後は耐久性があれば満足。

なんとか上れました

"使い込めばグリスが馴染んでもっと回るようになる"って
そんな話も見かけますが…ほんまかいな。

+w7

 

 

スポンサーリンク

2 Responses

  1. daicon より:

    いつもながら見やすい記事で尊敬します

    • だるま より:

      おう、今コメントの存在に気がつきました!
      お返事遅くなりましてすんませんです。

      しかし尊敬いただくほどの内容ではございませんので
      本当に恐縮の限りです。
      がんばってまともに走れるようにしますんで・・・4月に三田行きましょう!
       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>