改良点が実用的過ぎる!ツールケースを「R250 スリムロングタイプ」に新調しました!

前型からの買い替え

日頃、ロードバイクに乗るとき、
ダブルボトルになる夏以外のシーズンは、
ボトルケージに「ツールケース」を装着して、
工具などの諸々を携行しています。

最初はVITTORIAのジップツールケースを愛用。
持ち運ぶ中身も徐々に変わってきて、
「もう少し容量が欲しい!」というキッカケで、
R250のロングタイプへ移行しました。

ジップツールケースの収納を見直してみた

2016.02.18

サドルバッグに代わる画期的アイテム!?「ヴィットリア プレミアムジップツールケース」購入!

2014.01.29

その後、1年半以上に渡って、
愛用してきた「R250ロングタイプ」ですが、
唯一の不満点がコレでした。

ボトルケージにキツキツすぎる!

ギリギリまで物を入れることもあってか、
ボトルケージへ出し入れするときに、
「めちゃくちゃキツイ!」のです。

最初は”ボトルケージとの相性”かと思ったけど、
何種類かやってみたけど、どれもキツかった…
おかげで下から押し上げると出しやすいという、
良く分からんテクニックが身に着きました。
やったね!

その無情なタイトさが原因で、
ケース自体にもダメージがあったりして…。

そんな時に存在を知ったのが、
「R250 スリムロングタイプ」

改良点の一つを読んでみると、
自分の希望にビタっとハマるじゃないですか。

旧モデルのロングツールケースの弱点は、ボトルケージへの出し入れがすこしきついのと、シートチューブに取り付けたボトルケージに入れた場合、先端部が脚に当たりやすいことでした。それらの弱点を形状を見直すことで、見事に克服しました。

http://worldcycle.info/accessory/toolcase-carbonblack

これは買い替え時だ!
新型ツールケースに新調してみました。

 

新型の”スリムな”ツールケースを購入!

早速、新しいツールケースが到着。

旧型に比べるとスリムに見えますが、
並べてみるとこんな感じでした。
左のタグが黒いほうが新型です。

少しわかりにくいんですが、
旧型のものと比べてみると、
上下が細くなっていて、
若干高さが違うのが分かります。

他の仕様に大きな変更点はなくて、
チャックが暴れないように、
留められるベルトが付いているくらいで、
後は中の構造も変わっていません。

収納容量はほぼ変わらずで、
中身を移し替えてもちゃんと入りました。

ボトルケージに入れてみましたが、
確かに「出し入れしやすい!」

それでいてホールド感もあるので、
走行途中ですっぽ抜けたりすることもなさそう。
これはなかなかええ感じです。

しかし見た目がめちゃくちゃ地味ですね。
他に柄物とかあってもおもしろいのに。

 

ツールケースの中身は?

最後に蛇足ではあるんですが、
ツールケースの中身を挙げてみました。

  • ビニールの手袋
  • 電池(CR2032)
  • モバイルバッテリー
  • 工具(TOPEAK “Mini 20 Pro” )
  • CO2ボンベヘッド
  • 携帯用ミッシングリンクリムーバー(→コレ
  • Co2ボンベ
  • 携帯ポンプ(with養生テープ)
  • 緊急用ディレイラーハンガー
  • 60mmのチューブ(最近使っているのはコレ
  • パンク修理用のパッチ
  • タイヤブート(PARKTOOL TB-2
  • タイヤレバー(写真撮り忘れ・・・)

これ以外にカギとか、
携行薬(ビオフェルミンやロキソニン)は、
お財布と一緒に持ち歩いていますよ。

結構厳選したので、
最低限の品揃えって感じですかね…

ということで、
しばらくこのケースが愛用品になりそうです!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です