ソロライドのつもりがグループライドに!?大阪市内から能勢の「野間の大けやき」を目指すライド!!

はじめに

11月23日。勤労感謝の日。
また走りに行く予定にしていたのですが、
あいにくの前夜からの雨予報。

当日朝には雨が上がったので良かったんですが、
出発が遅くなってしまったので、
特に決まったコースも考えずに、
久しぶりの「ソロライド」に出かけてまいりました。

本当にノープランで走ると、
すぐに家に帰ってしまいそうなので、
とりあえず目的地は設定。

「野間の大けやき」へ行こう!

どちらかと言えば「よく通る場所」なんですが、
最近健康的な時間に訪れていなかったのです。


↑夜22時に通ったりなんかして…


朝起きてしばらくは家事だ。
昨晩も我ながら良い働きだった。
週末に遊びに出かけるので、
それを快く送り出してもらうためには、
日ごろの努力は惜しんではいけません(戒め)

ということで、
家を出られたのが11時前くらいでした~。

最近色々忙しかったので、
ホイールを履き替えるのも手間で、
先日と同じ装備で出発しました。
ニュートロンウルトラ!

 

テッパン川沿いルートを探る!

最近走る時間によって、
北上するルートを変えて走っていますが、
今回は久しぶりに「ガッツリ川沿いルート」

せっかくなので、
一度走ってみようと思っていた、
「比較的走りやすいルート」を走ってみました。

ルート概要

淀川から神崎川、そして猪名川。
この河川敷を走ることによって、
ほぼ一般道を使うことなく、北上できます。

しかし河川敷の道は走りやすい一方で、
かなり遠回りにもなるので、
今回は距離を短縮しつつ、川沿いを走って、
北上して行くというプランでした。

いつもの起点は城北公園。
城北大橋から淀川を越えます。

対岸をしばし走り、
一般道へ降りて神崎川を目指します。

柴島浄水場の脇を通り、
新大阪方面へ進みます。

駅の手前から北上して、
そのまま走れば神崎川へ当たります。
大吹橋を渡って対岸の河川敷へ。

街中を走りますが、土日は車通りも少ない道なので、
意外とストレス少なく走れますね。

そのまま河川敷を走ります。

走りやすいのか走りにくいのか、
好き嫌いの別れそうな神崎川沿いの道。
ぼくは、きらいです!(ビシ!)

神崎川駅を過ぎて、シオノギの横、
阪神高速の手前から河川敷からあがり、
下から阪神高速を潜り抜けます。

突き当りを右手に曲がり、
「旧猪名川緑地」へと入って行きます。

川沿いに遊歩道があるので、
それを北上して行きます。

そして橋が現れるのでそれで反対側へ。
そちらにも同じく遊歩道があるので、
それを走って北上します。
(途中で行き止まりになるので注意。)

と言いながら大体ぼくは一般道を走りますが、
交通量が多い時間帯もあるので要注意かも。

そのまま川に沿って北上して、
細いトンネルで名神をくぐって、
左手の柵の横を抜ければ猪名川河川敷です。

少し先にも河川敷に上がる道があります。
今回のルートはコッチから上がってるパターン。
こっちのほうがなんかスマートな気がする。

後はひたすら河川敷を走ります。

しかしこの日は向かい風が強烈!
漕いでも漕いでも進まなーい!!

ほら、この草木がみんな斜めに・・・
勘弁してください!

必死に走りました。
平坦とは思えないほど、必死に走りました。

やがて男は静かに休むのでしょう。
のんでーのんでー。
もう帰りたい気持ちすら出てきた。

本当に疲れました。
しかし今日は気ままなソロライド、
ゆっくり行けばええんです。

 

青年、現る。

河川敷で小休憩をしておりましたが、
少し身体も冷えてきたので、
意を決して再出発です。

五月山から秋の雰囲気が漂ってますね~。
一瞬登ろうかと考えたけど、
激坂で苦しむ未来が見えたのでやめました。

そして再び池田のローソンで休憩。
お昼ご飯食べてないんです。

そして、ここで直前に連絡をもらっていた、
「まるちゃん」が合流。

ソロ → デュオに!

デュオっていう響きで思い出すのは、
やはり狩人ですよね。(何の話や

彼とは年が倍くらい違うので、
ご一緒するのは躊躇われましたが、
何かのご縁と言うことで、
今回一緒に走ることになりました。

元々彼とは同じ肉を突いた仲で…(謎)

なにやら本当は別のライドがあったらしいんですが、
お父上の叱責があって予定が狂ったそうで、
そちらには参加できなかったみたいなのです。
そんで僕のところに顔を出してくれたらしい。
青年、がんばれ。(何を

ということで、
いつものようにR12を北上!

河川敷で強風に見舞われる際は、
そこを離れてしまうと風も穏やかなことが多いですが、
今回は少しばかり違いました。

ずっと向かい風!!

なんか恨みでもあんのかってくらい、
ずーっと向かい風なのでした。
もう前に進むのに必死!

いつもならこのままトリトンの前を通り、
猪名川町役場へ抜けるような道を通りますが、
つい最近、”新名神に繋がる新しい道”が開通して、
物珍しさでその道を走ってみました。

オウ、ブラボー。
この道、めっちゃ便利やん…
けど好きになれない何かがある。

そのまま役場の前を通り、
途中でR603に入り阿古谷方面へ。

この辺りの里山風景も素敵。
野間を目指すのには、少し回り道ですが、
それもまた良し、と言うことで。

途中で上阿古谷から東へ抜ける道で、
民田のほうへ抜けます。

距離は短いけど、クイっと登る道。
西から走るの初めてだったんですが、
思ってたよりもきつかった…

まるちゃんは新車のシェイクダウン。
がんばれ、青年。

この道を初めて走った時は、
GOPROつけて走ったんだったなぁという、
どうでもよい思い出が・・・

関連動画↓

道はR173に突き当たりますが、
この辺りはトンネルだらけなので、
トンネルを避けられる迂回路の川沿いの道へ。

そしてR104を北上して行きます。
右のほうに虹が見えたので思わずシャッターを。
雨上がりの特典だな。

能勢の辺りまで来ると、
五月山辺りとはまた違った色の景色。
能勢はもう冬ですね。

 

仲間の集まる「野間の大けやき」!?

途中でR104を離れ、「名月峠」を越えます。
いつも東から通ることが多いので、
反対側から登ると新鮮な感じがします。

途中で見事な紅葉を発見しますが、
陰っていて綺麗に撮れなかったな・・・。

峠、登りました。

走り慣れているはずなのに、
どこを走ってるのか分からなくなって、
危うく猪ノ子峠(ダート)を通りかけたりして、
キャッキャ言いながら、なんとか野間方面へ。

そして目的地に到着!

小腹が減っていたので、
ずっと行ってみたかった向かいのパン屋さんへ。

薪パン日々
http://www.makipanhibi.com/

この時、もう14時半とかだったので、
“あんぱん”しか残っていませんでした。
行くときはもう少し早い時間のほうが良さ気。

再び”大けやき”へ戻り、
「ありなしコーヒー」を買いに行きます。

まるちゃん氏とボケーっと突っ立っていると、
誰かに話しかけられました。

テスカさん
だるまさん!テスカです!
うおおおお、テスカさん!
ジビエなお肉を一緒に突いて以来じゃないですか!
(※ 一緒に走ったことある自転車乗りよりも、
一緒に肉を突いた自転車乗りのほうが多いのです。)

なにやらtwitterを見て追っかけて来てくれたらしい!
多謝ー!!!

デュオ → チャンバラトリオに!!

チャンバラではないです。
すいません。

まぁちょっとあんぱんでも食べながら、
休憩しましょうよってことで、
あしなしコーヒーと薪パン日々のあんぱん。
贅沢な休憩タイムです。

あんぱんがあまりにも絶品で感動していたその時!

ロゼさん参上!

お仕事終わってから、
ダッシュで駆けつけてくれました!

トリオ → クァルテットに!!

トリオロスパンチョスからカルテットへ!
4人集まれば立派なグループライドだ!
オウ、ベサメムーチョ。

もうみんなが来てくれただけでもうれしい。
十分に満たされました。
楽しい一日だったなぁ。
お疲れ様でした。

だるま:「今日も楽しかったですね~。」
だるま:「じゃあ野間峠越えて帰りましょか。」
ロゼ氏:「ひいらぎ越えて畑野行きましょう!」
だるま:「オ、オーケーボス。」

 

4人で夕暮れを走る!

ソロライドのはずが、
いつの間にかグループライドに!!
しかも”みなさんそれぞれ初対面”という、
稀有な状態になりました。

野間から北上して行き、
亀岡との境「ひいらぎ峠」を越えて行きます。

途中でR731に入り、るり渓方面へ。
この「加舎の里カントリークラブ」の坂は、
意外と強敵なのです。(←できれば登りたくない

「新しいフレーム全然違います!」と、
興奮していた、まるちゃん氏。

そして畑野までは下り基調の道。

日が傾いてきたからなのか、
地理的な要因かは分かりませんが、
めちゃめちゃ寒くなってきました。

畑野のヤマザキで休憩となりました。
ガーミンを充電しながらバナナスペシャル。

スペシャルなひと時だったんですが、
実はゲリピーに襲われていたので、
そっとビオフェルミンを服用しました。
持っててよかった整腸剤。

 

帰り道は真っ暗に。

さすがに時間も無くなってきたので、
休憩後は最短ルートで南下することにしました。

R54からR104へ抜けて川沿いを南下します。

途中で阿古谷のほうへ西進・・・って、
偶然にも往路と同じルートになってしまいました。
これはちょっと切ない。

徐々に陽も落ちてきました。
暗くなる前に帰ろうと思ってたのに、
すっかり日も短くなっちゃいましたね。

猪名川町役場を抜けて、
行きにも通った新しい道を抜けて行きました。

日が暮れ始めると早いもの。
すっかり暗くなっちゃいました。

多田の辺りは交通量がえげつなくて、
交差点は渋滞しちゃってました。
途中で多田神社のほうの抜け道へ。

なんとかここまで帰ってきました。
いや、むしろここからが遠いんやけどね・・・

さて、みなさんと解散して、
ここからはさびしいソロタイムでございます。

大阪までの帰り道ルートで悩みましたが、
交通量がかなり多めだったので、
R176を走るのは良くないと判断しまして、
潔く川沿いで帰ることにしました。

・・・真っ暗やないか!

付けて来て良かったVOLT800

河川敷を走っていると、
認識しやすい人としにくい人がいますが、
黒装束で河川敷を歩いている人は、
忍びの方なんですか??
そんなに闇に同化してどないするんや…

忍びと猫(←ほんとに怖いのはこっち)に怯えながら、
河川敷をぼちぼちと帰りました。

なんとか淀川に帰着。
こんなに真っ暗になるのは想定外だったなぁ。

家に帰ったのは19時くらいでした。
一緒に走ってくれたお三人方、
ありがとうございましたー!!!

 

おわりに

出発した時とは思ってもみなかった展開で、
いろいろと面白かったです。
みなさんありがとうございました。

大阪から猪名川へ抜ける道は、
もちろんこれが一番良いということではなく、
こういう道もありますよ的な感じで、
受け取ってもらえたら光栄至極です。

ちなみに猪名川と神崎川の接続は、
色々とパターンがあるようで、
twitterでもこんな感じで教えてもらいました。

という感じで。

ぼくのは、のらねこさんと同じルートですね。
まだ走ったことないルートであれば、
試してみるのもありかなと思いますよん。

 

今回の軌跡

距離:127.94 km
タイム:5:27:55
平均速度:23.4 kph
高度上昇:1,025 m

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です