BB(ボトムブラケット)取付け工具”SHIMANO TL-FC33″購入

先日、ロードバイクの「ボトムブラケットが取り外しできない」
という残念な事件が勃発いたしまして、
あまりのショックに三日三晩寝込みました。

BBが外れない!
↑BBの溝が少しなめてしまったよ…。

 

そんな事態を打開するために、別の工具を導入することに!
(↑これでうまくいく保証もないんですが…)

SHIMANO純正、ホローテックのBB取付工具の"TL-FC33"
BB取付工具TL-FC33

 

なんだか"SHIMANO"と書いてると説得力がありますね。
袋を開けると、その姿が露にー!

TL-FC33の実態

ジャジャーン。
"なんの変哲もない感じがステキ"というホメかた以外見つからない。

先日失敗したのはスパナ型の工具↓↓↓

SHIMANO(シマノ) TL-FC32 ホローテックII BBユニット取付け工具
by カエレバ

 

チカラが入りにくいというか、伝わりにくい?みたいで、
BBが固く付いてる場合は、取れにくい場合が結構あるみたい。
そんなこんなで、今回の"TL-FC33"を購入。

この"TL-FC33"はカップ型
BBを囲むようにして使うので、溝をナメたりすることはないですね。
TL-FC33のウラ

TL-FC33のオモテ

真ん中の穴の部分はソケット用で、
1/2"(12.7mm)のソケットレンチを使うことができます。

その凸の上の部分をモンキーレンチで回すこともできます。

スパナ型のものに比べると…、
・BBを囲うので回しやすい
・柄の長いソケットレンチ or モンキーを使えば
 大きい力で使うことができる

という期待の工具なのであります!

 

長々と工具の説明をしてきましたが、
実は…まだ使えてませんw

ボトムブラケットの着脱にはクランクを外さないといけないし、
クランクを外すにはチェーンも外さないといけないし、
なかなか手間が…。

しかもソケットレンチもモンキーレンチも持ってへんし。
コーナン行かなあかんやん…

という理由でしばらく実用には時間がかかりそうですw
また暇ができたら「ボトムブラケット交換」に再チャレンジします。
それまで、しばらく仲良く待っててね。

TL-FC33 & Dura Ace BB

 

SHIMANO 純正工具 TL-FC33 フォローテックII BBユニット取付け工具(インパクトレンチ用)
by カエレバ

 

関連記事

ロードバイクのBB(ボトムブラケット)の交換断念!

チェーンにKMCミッシングリンクをつけてみた。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>