定番ローハイトホイール!「Campagnolo “Neutron Ultra Clincher”」購入!

ニューホイール購入!

先日、Merlin Cyclesでホイールを買った話を書きましたが、
何を買ったかというと…
(タイトルに堂々と書いているんですが・・・)
「Campagnolo "Neutron Ultra Clincher"」を買いました!

関連記事→ 海外ネットショップ"Merlin Cycles"でホイールを購入しました!

「ホイールが欲しいけど我慢するぜ」と言っていた今年4月。
あの"我慢"とは一体なんだったのか。
なんか乗りツッコミみたいな状況になってしまいましたが、
もう買ってしまったものは仕方ない。
おっさんになっても誕生日だからという言い訳は使えますか。

Campagnolo Neutron Ultra

NEUTRON

購入動機とか諸々については、
これはこれでじっくりと書きたいことがあるので、後日改めるとしまして。
今回は開封、そして自転車に取り付けるまでの
一番の至福の時について書きます。

 

開封をしてみた

海外通販はモノを見るまで安心はできないので、
とりあえず開封&検品をしてみることにしました。

はるばる遠くからやってきました

早速箱を開けてみると、
こんな感じにホイールが入ってました!

P1010567

付属品は別袋にまとめて入っていました。
下のチェック表以外では"9/10sのスペーサー"や、
リムテープなどが入っていました。

P1010568

そして念願のメーカー純正ホイールバッグ!
初めて手にしたんですが、とても丈夫そうですね。
かさばるので携帯するならタイオガのやつのほうがいいかも。

P7040447

リムやスポークを熱心に見てみましたが、特に問題なさそうでした。
というか、めっちゃかっこええやん。
どこから出ているか分からないけど、少し高級感が漂っています…。

P1010570

カーボンハブボディ。
クラシックな風貌にカーボンシェルがチラっと見えるのは良いですね。

P1010575

スポークは場所によって太さが違うらしい。
SapimのCX-Rayを使用しているらしい。

P1010574

前後輪ともに最終点検表がついていました。
ストライキの時は署名が空欄になっていたという話がありましたが、
ちゃんとサインが入っていました。
なんかわからんけど安心できます。

P1010572

そして地味だ地味だと思っていたニュートロンウルトラですが
実際に見てみると、モノクロな"WH-6700"よりはかなりマシでした。
WH-6700って相当地味だったんだな…

儀式的に、一応重さを量ってみようと思って
キッチンスケールで前後輪とも量ってみました。
リムテープやクイックリリースは付いていない状態で計測です。

P1010577

P1010578

そして写真に撮って気づく我が家のキッチンスケールの汚さ。

どちらもカタログ値より重いじゃないか。
リアはシマノフリーの重さがあるのでこんなもんですかね…。
しかしフリーボディって重いんですね…重すぎるやん。

 

自転車への取り付け

開封の儀式も終わり、本体の傷なども大丈夫そうだったので、
早速タイヤをはめて自転車につけてみることにしました。
作業はこんな感じ。

  1. リムテープ取り付け
  2. チューブ・タイヤの取り付け
  3. スプロケットの取り付け
  4. 自転車への取り付け

リムテープが付いてなかったので、早速取り付け作業。

P1010569

リムテープは、他の同梱品と一緒に入っていました。
カムシンには最初から付いていたような記憶が…

P1010573

WH-6700がリムテープ不要リムだったので、久しぶりに付けました。
バルブ穴のところを固定するのを忘れて、一回やり直したのはここだけの話。

次は"WH-6700"に付いていたタイヤを移行しました。
本当はこのタイミングで新しいタイヤを買うつもりだったんですが、
予算的に厳しかったので、もうちょっとだけタイヤは使い回しです。

タイヤは消耗してきているので、
付ける際に前後をローテーションして装着しました。

P7040448

前の"WH-6700"が、タイヤのハメにくさには定評があったので、
それに比べると"ニュートロンウルトラ"は付けやすくてありがたい。
これなら出先でパンクしたときもだいぶ楽に対処できそうです。

スプロケットも、そのまま移行しました。
ぼくのチャリンコはまだ10速仕様なので、
付属していた9/10s用のスペーサーを入れて装着。

P7040449

ホイールを換えたものの、自転車の見た目の印象はさほど変わらず。
7月は走る時間が持てそうなので、
こいつでロングライドするのが楽しみです。

P7040450

 

ラチェット音について

個人的に結構気になる部分なのは「ラチェット音」。
カンパのホイールは爆音~静かと評判にもバラつきがあり、
ニュートロンウルトラについても、この情報が少なかったんで、
今回、参考ばかりにここに掲載をしておきます。

Campagnolo Neutron Ultra Clincher 2015の
買ったばかりのラチェット音はこんな感じでした。

デジカメの映像で、音も良くないので分かりにくい部分はありますが、
クランクを回す音を基準に聞いてもらえると分かりやすいかも。

"WH-6700"に比べると少し音は大きいですが、それでも静かです。
独特な「ギィ~」という音で新鮮です。
まぁ乗っているうちにうるさくなったりとかあると思うので、
音が変わったことにまた掲載できたらと思います。

ラチェット音は走行中に聞こえる音楽みたいなもんで、
気になる部分だし好き嫌いのあるところなので、
これからの経過が楽しみです。
(だからあんまりうるさくならないで…。)

というわけで、
久しぶりのカンパホイールライフを楽しみたいと思います!
次はディープリムProliteのブラッチャーノA42を買うぞ!(←アホ)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>