冬の大正池を走る!大阪から和束・宇治を巡る峠越え&暴風ライド!!

はじめに

お正月には時間が取れないため、
年内に自由時間を貰えるように交渉して、
なんとか時間を頂きました。

28日は走りに行けるぞ!

数少ない自転車仲間に連絡を取ると、
みんな仕事や用事かあったりで捕まらず。
あぁフラれてしまった…

こりゃソロライドかなぁと思っていると、
1人、いつもの人を捕まえることに成功。
ラッキー!

今回は北摂ではなく、
和束を経由して瀬田へ向かうプラン。
張り切って行ってまいりました!!

 

清滝を越えて大正池へ!

6時前に待ち合わせのコンビニへ。
今回の相方はロゼさんです!
またしても!!

最早このブログにはこの人しか出てきません。
先に言っておくと、
2日後にも走る約束をしているのです。
戦友と呼んで良いですか。

R163を走って奈良方面へ向かいます。

朝6時、まだ暗い時間ですが、
いつもと比べても車が多い…。
帰省の車もあるのかしら。

清滝峠を越えて行きます。
おそらく家から一番近い峠なんですが、
あまり積極的には走らない峠・・・

なんとか登りきれましたので、
後はダウンヒルだ!

と、下っている途中の信号で、
既に混んできているR163。
これは予想外の展開です。

あまり走りやすい状況ではなかったので、
早めに離脱して、別の道を走りました。

抜け道を走ってR65へ。
京都府精華町に入りました。
この辺の道は、以前kazuさんと走ったときに、
教えてもらったところなのです。

午前中の100kmライド!大阪から大正池を巡るのんびりツーリング!

2017.07.25

そのまま京田辺のほうを抜けていきました。
この辺からは全く知らない道でしたが、
前日入念なる調査で計画されたルートなので、
(GoogleMapで調べ倒しました。)
知らぬ場所でもなんのその!

こんな抜け道だって走っちゃう。
この日は”Edge520″はほぼ地図表示オンリー。
知らない道を走るのに大活躍でした。

そしてようやく木津川へ出てきました。
朝の木津川、めちゃくちゃ気持ち良い!!

そのまま川沿いを山城大橋まで走り、
対岸すぐのコンビニで小休憩。

待ち合わせから約30km。
いやぁ、既に疲れましたねー。

補給を済ませた後は、
今回の目玉の一つ「大正池」へ。

なかなか「走りに行こう!」と思わないと、
来る機会の無い場所なので、
今回は意図的にコースに組み込んでみたのです。

ほどなくして大正池の入り口に到着。
凍結注意って書いてる。
若干の不安を覚えつつもGO!

「ちょっとがんばりめで走りますわー」
とロゼさんに宣言してたんですが、
「ほなぼくは時間置いてから追いかけます」
ということになって、
ロゼさんは後発で、時間差スタート!

勾配の緩急があるので、
初見に近いとペース掴みにくいなぁ・・・
と思って走っていると、
猛追してきたロゼさんにあっさりパスされ、
その背中はあっという間に道の彼方へ・・・
ひょえー。

道は所々で凍結はありましたが、
走行に支障があるほどでも無かったです。
登って行くにつれて道路脇に雪がチラホラ。

和束に入ってすぐにの一部だけ、
片側通行って書いてましたが、
路肩の落石?があって囲ってあるだけだったので、
そこだけすれ違えないってだけでした。

さて、がんばって登っていたんですが、
途中でお腹が痛くなってきました。
心拍が全然あがりません。
冬の寒さのせいにしても良いですか?
ありがとう。(桑原和男 式)

最後の斜度の上がる登坂区間から、
ラストスパートだ!

・・・なんてできるわけもなく
ただただ、もんどり打つだけで終了。
つらい時間になってしまった。

たまにはこういうのも良いですね(白目)
もう春になるまで来ません。
(また来るんかい!)

薄っすら雪景色の中をダウンヒル。
こちらは眺めも良いですなー。

やたらに裏大正池を満喫しました。
景色の良い下りは大好きです。

ウラはダウンヒルも怖いくらいに、
ずっと急な勾配が続く印象。
裏から登るほうがキツイ感じがする。
ヘアピンもこの感じ。

大正池を下りきって、少し先にある自販機で、
ドリンク休憩にしました。
ボトルにドリンク入れるの忘れてたんです。
喉渇いて仕方なかった・・・。

よーし、ここからは良く分かってないけど、
滋賀のほうへ行くぞ!!

 

峠を越えて瀬田を目指す!

大正池を下った分岐から、
R5を走って北上して行きます。
ここは何度か走ったことのある道。

信楽方面に行くときに通る道で、
緩やかな登りが続く感じですが、
先ほど一度死んでしまった脚にはキツイ。

そのまま走ると信楽方面に行きますが、
今回は瀬田・琵琶湖方面に抜けたいので、
途中からR283に入りました。

初めて走る場所なので、
分岐を間違ったりもしつつ…。
ここからは峠越えですね。

これがなかなか雰囲気のある林道で、
我ながら良い道を選択したと、
うぬぼれておりました。

めちゃくちゃええ感じ。

思っていたよりも長い峠道で、
途中で「あ、これガッツリ登るやつや・・・」と、
悟ってからは心穏やかに登りました。

風が強く吹くと、
木々に溜まっていた雪が舞い散ってきて、
とても幻想的だったんですが、
写真には収められなかった・・・

峠のピークは「宇治田原と和束の境」でした。
めっちゃええ感じの道でした!
ここはまた登りに来たいなぁ。

素敵な場所でした。

終始、道は薄っすらとウェット状態。
ダウンヒルは慎重に行きましょう。

峠を終えると、R307へ出てきました。

信楽方面へ行くのは少し登り坂。
おお、大阪、奈良、京都に続き、
ついに滋賀へ!!

途中の分岐をR422へ入り西進。
下り基調の道を進みますが、
猛烈な向かい風でした・・・

ロゼさんが前に出てくれたので、
ここは全力で甘える構えで後ろに布陣。

この途中で「ポコアポコ」という、
お店に立ち寄ろうとしたけど、
年末年始のお休みでした。無念。

トンネルを越えてダダーン。

「宇治・大津」の文字が見えてきました。
琵琶湖が近づいておりますよ!

このまま進んでいくと、
「R29大津方面/R422宇治方面」
の分岐が出てきました。

実は今回「”茶丈藤村”へ行こう」というのが、
目的地として設定されていたので、
ぼくらが向かうべきは、大津方面

しかしながら、大正池にヤラれ、
そして良くわからんR283の登りにヤラれ、
下りで楽チンのはずが暴風にヤラれ、
体力が底を尽きました。

藤村行かずして宇治方面へ帰ろう!

私の泣き言のような提案に、
ロゼ監督が首を縦に振るワケが・・・

「そうしましょう!」

ショートカットが決定しました。
二人とも辛かったんだ…

ちょうど良いタイミングで、
ぼくのeTapのバッテリーが切れそう警告
前後のバッテリーを入れ替えて応急処置。
ほら、途中でバッテリー切れたら困るでしょ?
早く帰らないといけないよね!?

藤村をあきらめたことで、
補給予定がなくなってしまったので、
急遽、近くのコンビニへピットイン!
今回はグルメポイントなしだ。

この先に待ち受ける悲劇を
2人はまだ知る由もなかったのである…(大げさ

 

難所を越えて川沿いを帰る!

休憩の後、瀬田川の川沿いを南下。
宇治方面に帰るのであります。

少し登り基調の道ですが、
かなりズタボロ状態だったので、
ここも地味にキツかったー。

しかしホントにえげつないのはここから。
途中で川沿いを離れて、
二尾のほうへ登る道を走ります。

結構急な坂だったんですが・・・

ここが思ってたよりもガッツリ登り!
ウソでしょー!!

おおお、やめてくれ・・・

なんとかピークを越えてダウンヒル。
途中のヘアピンが物語る峠感・・・

ダウンヒルを終えて、安堵していたその時!

再び目の前に現る登り坂!!

出がらしとなりました。
脚終了のお知らせ。

「長坂峠」というラスボスでした。
エクスデスを倒したら、
ネオエクスデスになりやがった。
あの感覚を思い出しました。ガラフー!

最後に洗礼を受けて、命からがら。
この辺りで90kmくらい走って1600mUPくらい。
意図せずして、山岳コースを、
引いてしまっていたようです。

ここからは大きい道を避けて、
住宅地を抜け、六地蔵駅のあたりを抜けて。
再びマップに頼って初見の道を行きます。

少し迷いつつも、なんとか川沿いへ。

ここまで来てしまえば、
後は川沿いで宇治川~淀川にアクセスできます。
しかし風が猛烈だ・・・

そして宇治川沿いへ。
依然に風は強くて、
横風で空まで飛んで行きそうでした。

八幡まで帰ってきました!!
ようやく良く知る景色に出てきました。

最後に「さくらであい館」で休憩をすることに。
川沿いで風がきついと逃げ道ないもんなぁ。

ここも年末年始の休みがあるらしい。
石清水八幡宮の初詣とかで需要ありそうなのに。

中の休憩スペースでガッツリ休憩。
予定より時間も巻いていたので、
45分ほどしゃべくってしまいました。

その間に”パンダライダーさん”も、
ここに立ち寄っていたらしい!
クロスバイクだったらしく、
その姿を見た記憶はあるんですが、
全然気が付かなかった…

この地点でちょうど100kmほどでした。
結構濃いコースを走ってきたなぁ。
感慨深いなり。

八幡からは淀川沿いで南下。
風は強いけど、ペダルさえ回していたら、
いつかは帰り着くでしょう・・・

八幡から枚方までは、がんばりポイント。
先頭をローテしながら(メインはロゼさん)、
結局、息も絶え絶えで関西医大へ。

さっきガッツリ休憩したばかりやのに!
と思いつつも、もう走れません。
休ませてください。

という感じで、
後はゆるゆると帰りました。

途中でロゼさんとは解散。
お疲れ様でした!!

途中で少しだけ小雨に遭いましたが、
すぐに止んでくれて支障なし。

そのまま無事に帰りつきました。

適当に引いたコースでしたが、
思いのほか濃厚な道のりで楽しかった!
信楽方面、また走りに行くぞ!

 

おわりに

久しぶりに和束のほうへ走ってみて、
初めて走る道もたくさんありましたが、
めちゃくちゃ楽しかったです。

家から清滝・京田辺経由で30km、
川沿いでも35kmくらいかな?
今まで少し敬遠してきましたが、
意外とアクセスしやすいですね。

いつも清滝からの道に困っていたけど、
今回の道はなかなか走りやすかったので、
今後の参考にしていこうと思います。
もうちょい朝早く出るパターンなら、
大きな道も走りやすいかもしれない。

今年は北摂というか「能勢・三田」が、
完全にメインになってしまっていたので、
来年は京都方面も、色々と開拓したいなぁ。

年内、もう一日走れそうです。
次のライドが走り納めになりそうなので、
存分に楽しまないと!

 

今回の軌跡

距離:125.44 km
タイム:5:31:29
平均速度:22.7 kph
高度上昇:1,695 m

 

 



2 件のコメント

  • はじめまして。
    いつも楽しく拝見しています。

    わたしも大阪在住で能勢・亀岡方面に走りに行くことが多いので、
    DARUMAさんのブログを読んで「こんなルートが!」とか
    「こんなお店が!」と思っておりますが、脚力・体力共に
    貧弱なためにマネできない状態です。

    淡路島での骨折を知ったときは驚きましたが、無事に快癒されたようで
    何よりでした。
    来年も元気に走られる様子を楽しみにさせていただきます。
    良いお年をお過ごしください。

    • やまさん、はじめまして!

      同じようなところを走られてるんですね!!
      能勢はカフェの宝庫なので、まだまだ行けてないお店がたくさんありますね。
      来年はそちらの新規開拓もがんばります(笑)

      骨折はショッキングな出来事でしたが、もっと大きな事故をしないための戒めとして、経験できてよかったのかも…と変に前向きに考えています^^;

      やまさんも良いお年を。
      もしどこかで見かけたら声掛けて下さいね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です