リタイア続出のデスライド!?走り初めは南丹市日吉の「ゾンネウントグリュック」へ!!

はじめに

あけましておめでとうございます!

なんだか年々に年末年始の感慨も薄れ、
ただの暴食をする連日でございました。

三が日も無事にグータラと過ごし、
そしてようやく4日から本格始動です!

ということで、
ちょっくら走ってまいりました。


先週あかのすけさんと行きたいと言っていた
「ゾンネウントグリュック」に行くライドへ、
新年一発目に実現してきました!

今回はあかのすけさんの他に、
ロゼさんも一緒に走ってくれることになり、
3人で走ることになりました。

ただ前日にロゼさんから発せられた
「第4の漢を段取りしてます」という一言で、
急に覚悟を強いられることになりました。
誰や、誰が来るんや!?

 

朝からサプライズ!?

今回の待ち合わせはちょっと遅め。
自宅を朝5時半くらいに出発しました。

城北大橋で淀川を越えていると、
なぜか急にチェーン落ち
なんでやねん。

そのまま内環〜R176ルートで北上。
さすがにいつもより車は少なめでしたが、
それなりに交通量もあって意外。

いつもの待ち合わせ場所の、
池田新町ローソンは素通りで、
更に北のコンビニへと向かいました。

その途中、建物の傍に立っている男を発見。
どう見ても、ぺもぺもさんである。

あ、第4の漢を見つけてしまった!

普通に近づいて話しかけると、
謎の小芝居を演じてくれましたが、
よく分からなかったのでスルーしときました。
(後で聞くと、どうやら隠れていたらしい)

ということで、
二人で一緒に待ち合わせ場所に向かうと、
ロゼさんとあかのすけさん、
そしてもうひとり誰かいる・・・

あ、きゃぷちゅん や。

サプライズ要員は二人いたのである!
ロゼさんによる、謎の二段階仕込み。

結局今回のメンバーはこうなりました。

  1. DARUMA
  2. ロゼさん
  3. あかのすけさん
  4. きゃぷちゅん(以下、きゃぷお)
  5. ぺもぺもさん

そして、ぺもぺもさんは笑顔で、
「今日は予定があるので、もう引き返します。」
とか意味のわからないことを言っている。

なんだこれは。
カオスだ。
新年早々にカオスだ!

 

ゾンネを目指せ!

さて、全員揃ったようなので、
目的地のゾンネに向かってスタートです!

ロゼさんの提案によりR12経由で北上して、
ゾンネに行くことになりました。
というか、今回は全部ロゼさん任せなのです。

R173を離れて、
ゴルフ場沿いの道へ入って行きます。
早々にマニアックルートだ・・・

日生中央を抜けてR12との合流地点へ。

そして、途中の分岐でストップ。
ここで、ぺもぺもさんは離脱なのです。
いや、ほんまに帰るんかーい!

悲しい別れを乗り越えて、
我々はR12を北上していくのです!

ロゼトレインは快調です。
そのまま西峠へ突入!

ロゼさんときゃぷお君のペースは速く、
二人とも遥か彼方に消えていきました。
(彼が元気だったのはこの時だけだった・・・)

一番寒かったこの時間帯でも、
西峠の中腹で「0℃」でした。
例年のことを思うと、暖かいですよね。

そのまま峠を登って・・・

なんとかピークに到達しました!

篠山方面に下って、城東トンネルを通過。

ここのつづら折り、良いんですよね〜。
車もいなかったので、写真撮っておきました。

そこから北上してからR372へ。
R372は東へ進んでいきました。

途中でR173へ入り、綾部方面へ北上。
よく使う一庫ダム横から北上するより、
かなり遠回りになってますね。

この辺りで、きゃぷお君の走りに異変が…
どないしたのかと聞いてみると、
「腰が…腰が痛いんです…」とのこと。

果たして…
きゃぷお君の腰は大丈夫なのか!?

後半へつづく…(キートン山田)

 

ゾンネでまさかの!?

しばらくはR173を進みます。
京丹波町に入りました。

篠山からのR173は意外と走りやすくて、
能勢あたりまでのR173とは違った印象ですよね。

途中でR9に入りまして、東へ。

途中の細い道、R445に入ると、
もうゾンネまでは、あと僅か。

南丹市へ入りました。

きゃぷお君はもう限界でした。
「胡麻駅から電車で帰ります」という
リアルなリタイア宣言も出ました。

がんばれ!
とりあえずゾンネまで行こう!

ということで、
ようやく目的地のゾンネに到着!

と、同時に見たことのある車を発見!!

え、kazuさん来てる!?

なんとKazuさんが車で電撃参戦。
ロゼさんの仕込みなのかと思ったら、
本当にサプライズで来てくれたのでした!

さすがにビックリしました。
とりあえずはみんなで朝ごパン!

昨年も同時期に来た記憶がありますが、
この時期は「白玉善哉」があるのです。

というわけで、
大好きなカレーのタルティーヌと一緒に。

冷えた体に善哉は最高すぎますよね。

Kazuさんに「4日はゾンネに行く」と、
年末の会話の中で言っていたんですが、
まさかそれだけの情報で現れるとは…。
奇跡的に時間もドンピシャでしたからね。
さすがすぎます!

そしてきゃぷお君にとっても、
kazuさんは、まさに「渡りに船」でした。

腰を痛めたホープ。
歩く姿は往年の井上竜夫を彷彿とさせる。

彼はここでkazuさんに回収。
「おじゃましまんにゃわ」と言いながら、
kazuさんの車に乗り込んだとかいないとか。

彼はそのまま大阪へと帰っていきました。

きゃぷお君、お疲れ様でした。
そしてkazuさん、ありがとうございました!

 

ランチは「香らん珈ろん」へ!

ゾンネを折り返し地点として、
ここからは大阪方面へ南下していきます。

日吉ダムのあたりを通る、
平坦路で帰るつもりでしたが、
まさかのコースミスでアッペンダウン。

でもめっちゃショートカットになった。

R477を走りながら帰りのルートを模索。
結局「るり渓」を経由することになりました。

ここまでロゼさんオトコの一本牽きです。
ここからもよろしくお願いします(鬼畜)

なんか途中から遠回りしているのは、
このとき既に気が付いていましたが、
ログみたらほんまに遠回りでしたね・・・

いざ、るり渓へ!!

ち、力が入らない・・・

このあたりで急に失速する私。
ここからがきついところなのに!

R453からR54へ合流。
ここからがラスボス区間でございます。

この後、完全に失速。
顔も濡れてないのに力が出ない。
そしてなぜか汗だくに。

DARUMA、謎の不具合で撃沈・・・

とりあえずるり渓にある「香らん珈ろん」へ。
ここでランチ休憩して様子を見よう。

と、ここで門限のため、ロゼさんは離脱。

今日はお任せした挙句、終始前を牽いてもらって、
いろいろとありがとうごさいましたー!

ついに二人になった僕らは、
香らん珈ろんへと入店するのでした。

「ランチは残り二名です」と言われて、
ギリギリ滑り込みだったことを知る。

あー、カレー食べたら元気出るわ。

急に訪れたあまりの絶不調具合に、
心配してくれるあかのすけさん。

もしかしたら風邪がぶり返したのかも…
なんて話をしながら、ゆっくり休憩でした。

この時点で予定を押しておりまして、
あかのすけさんにも、門限が迫ります。

無事に帰れるのか!?

 

さまよいの果て波は寄せる

ランチを堪能した後は、
るり渓を能勢側にダウンヒル。

ぼくは本調子ではないけれど、
帰れる体力くらいは残っている感じ。
休み休み走れば、なんとかなるさ。

あかのすけさんに牽いてもらいながら、
今回のスタート地点だった、
R173、畦野のあたりを目指します。

最後の登坂区間、「名月峠」へ。

間違えて激坂のほうを選んでしまった。
ぼくは途中でまたもやチェーン落ち。
もういろいろとだめだー。

激坂を登るパワーもなく、
めちゃくちゃ蛇行して登ったった…

ここさえ越えればあとは平坦。
帰れるぞ、おうちに帰るぞー!

一庫ダム沿いのR604。
後ろで「がんばれー!」と、謎の声援を送る。
快走あかのすけトレインだ。

そして、R173へ合流!

集合場所も近づいてきました。
R173は混んでいるので、多田経由で…
帰りのルートなんかを考えていたら、
なんか手を挙げている人がいる。

・・・あれ?

あれれれれれ!?

まさかの、kazuさん再び現る!!

まさかの二度目のサプライズ登場!
地獄の皇太子は二度死ぬは知ってるけど、
kazuさんが二度現るは聞いてないぞ。

一瞬事態が呑み込めない私でしたが、
お二人の顔を見て、状況を理解しました。

あかのすけさんが、朽ちた僕の姿を見て、
kazuさんに話してくれていたらしい。

しかし、どうだろう!

ぼくは自転車で家まで帰ることが、
真のゴールだと思っているのです。
私はケガもしていないんだ。
そう、まだまだ走れるんだ!!

せっかく来ていただいたのですが、
ここは自分の思いを伝えなければならない。
さすがに心苦しいが、
私の自転車乗りとしてのプライドである。

こぶしを握り締めてkazuさんに歩み寄る。
しっかりと目を見て、私は言いました。

「よろしくお願いしまーす!」

今日のライド終了。

その後、我々はコメダコーヒーで
人生の機微について語り合いました。
楽しい時間を過ごしました。

本当にありがとうございました。

改めて、あけましておめでとう。

 

おわりに

かつてないエンディングを迎えました。

『他人のやさしさに甘える』

人のやさしさには全力で甘えよう。
そう心に誓った一日でした。

わざわざ来てくださったkazuさん、
本当にありがとう。
あかのすけさんもありがとう。
心配かけてしまって申し訳なかった…

というわけで、
最後は載せてもらった私ですが、
それでも150kmは走ったのですね。
無理やりにでも自分で自分を褒めます。
そう、私は褒めて伸びる子!

なんか序盤からカオスな展開でしたが、
一人は顔を出しただけで早々離脱、
もう一人は腰をクラッシュして離脱、
ランチを前に門限で離脱、
最後に私がヘロヘロになって離脱。
密室ミステリーばりに一人ずつ減るやん。

デスライドというか、
「勝手にデスするライド」でしたね。

こんな感じで、
今年も自転車乗っていきますので、
よろしくどうぞー。

 

今回の軌跡

距離:151.18 km
タイム:5:59:24
平均速度:25.2 kph
高度上昇:1,780 m



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です