SIGMAのズームレンズを修理に出してみた。

レンズの調子が悪い!

普段使っているSIGMAのズームレンズの調子が悪く、
先日、初めて「レンズの修理」というのをやってみました。

今回、修理に出される羽目になったのが、これ。

"SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM"

SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

普段から愛機「CANON EOS 60D」につけっぱなしにしている、
めっちゃ便利なズームレンズ。
実はもう1年以上も調子が良くなかったのです。

荷物をできるだけ少なくしたい旅行の時なんか、
本当に重宝しているレンズだったのです。
写りがどうこうというのは素人なのでよく分かりませんが…。
(普段家族の写真ばかりなので、あんまり作例がない↓)

登山電車の車窓より
Canon EOS 60D + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

標高1274mの町
Canon EOS 60D + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

とある街角
Canon EOS 60D + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

まぁとにかく広域は17mmでカバーできるし、
ポートレートなんかは70mmでええ具合に写せるので、
旅行のときの記録写真なんかには、ほんとに必要十分なんですよね。
そんな便利ズームの不具合はこれでした。

不具合=AFがうまく動作しない

もう少し具体的に書くと…
「オートフォーカスのときにズームリングがつまる」
というような状態になってしまっていて、
この症状が出たときは、フォーカスリングを手で動かしたりすると、
きちんとポントは合うんですが、この一連の動作が無駄でしかない。
なんともシャッターチャンスが遠のく故障で困っていました。

というわけで、レンズを修理に出してみたわけです。

 

レンズを修理に出す!

正攻法でメーカーのサポートに連絡をして、
修理対応をしてもらうことにしました。

詳しくはSIGMAのサポートページに書いてありますが、
下記ページより修理依頼票をもらって記入。
商品と一緒にサポートセンターまで送付。
という流れでした。

この修理依頼票には、
「~円以上かかるなら修理しなくていいよ。」とか、
「~円以下で収まるなら連絡なく修理に取り掛かっても良いよ。」
などなど要望できるところが設けられているので、
最低限のやりとりで修理を進めていけるのは良かった。

SIGMA – 製品の点検/修理に関してのご案内
https://www.sigma-photo.co.jp/support/repair/index.html

その後、
SIGMAより、"修理品が届いた"という旨の連絡がメールであり、
同じく"修理が終わりました"というメールでの連絡もあり、
非常に安心できましたね。

修理料金は着払いで支払いをしました。

 

レンズが修理から帰ってきた!

というようなワケで、
結局、こちらから発送して1週間ほどで修理品が返ってきました。
場合によると思いますが、今回はスピード対応だったですね。

P8120033

早速、荷物を開けてみました。
おお、きっちりと梱包もされててよかった。

P8120034

今回の修理内容などが詳しく書かれた書類もありました。
「AF作動調整」というのが、今回の修理内容。
原因はなんやったのかな…なんか簡潔に書いてくれるやん。
修理代は7,000円。
これを高くみるのか安くみるのかはユーザー次第ですね。

P8120036

レンズは丁寧に梱包されていました。

P8120037

レンズを見てみると、
付けっぱなしにしていたmarumiのレンズフィルターでしたが、
ピカピカに磨いてくれていました。
ありがとう。

P8120038

早速、動作確認をしてみましたが、
もちろんのこと不良箇所は直っていました!
これでまた気兼ねなく使えますね。

P8120039

 

おわりに

今回初めてカメラレンズの修理をお願いしたんですが、
対応がとても良かったので、非常に好感持てました。

奮発して少し軽量になった新型を買ってやろうかと思いましたが、
無駄な出費をせずに済みました。

P8120041

また何か問題があればお世話になるかも!?
でもSIGMAのレンズはこれだけしか持っていないんで、
当分利用することはないかな…。

ありがとうございました。

関連記事:"シグマ 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM"購入!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>