[2016富士ヒル(前編)] 大阪から「Mt.富士ヒルクライム」に参加してきました。

はじめに

先日、「Mt.富士ヒルクライム」へ参加をしてきました。
その溢れでんばかりの熱い意気込みは、
前回、熱筆の限りを尽くしました。

富士ヒルでます

関連記事→ 「第13回 Mt.富士ヒルクライム」に参加します!

まぁそういうことでして、
今回は自転車仲間総勢3名で参加。
ちゃりんご、あまえびさん、ぼくの3人で参加しました。

大阪から乗り込んだ前日の話。
特になんにも事件は起きなかった…。

 

大阪を発つ!~指ツメ事件発生

9時くらいに集合!
くらいの簡単な情報の共有しかしなかったぼくらは、
前日に「服装不安ですね」とか言い出す始末で、
バタバタと準備をして出発当日を迎えました。

当日、朝起きて準備をしていると、
ちゃりんごから連絡がありました。

自転車のキャリア付けてたら指挟んだ。
病院行くから、待ち合わせ遅らせてくれ…

ちゃりんご氏、小指負傷!
まだ出発もしてないのに事件が起きました。
骨折とかならヤバイかも、と心配してたんですが、
指の挟み方が良かった?みたいで大事には至らず、
大丈夫だったようで一安心。

その後、無事に集合して車載作業などなど。
出発したのは10時ごろでした。
いよいよ富士山へ向けて出発だ!

DSC00083
↑中に2台、外に1台積載中!

高速道路を走る気分は夏休み。
おっさん3人はニコニコで富士山を目指しますが、
途中、あらゆるジャンクションで進路を間違える。
「あ、今のとこやった!」
乗って降りて、を繰り返す緊張感あふれる行程。
おっさん3人は半泣きで富士山へと向かうのでした…。

そんなこんなで富士山が見えてきた!

DSC00087

指定駐車場(富士急)へ到着したのは16時ごろでした。
富士山とおい。

駐車場から会場までは、シャトルバスで向かいます。
さて、いよいよ会場へ!

DSC00088

 

エントリーと試走と私

ここまではゆっくりとやって参りましたが、
前日にはやることがいっぱいあるのです。

会場に着くや否や、
まずは出走のエントリーをしに行きます。

DSC00089

エントリーを済ませると、Tシャツがもらえる!

DSC00091

他にも計測チップや下山荷物用のゼッケンシールや、
当日の「目標タイム目安シール」などがもらえました。
このシールが後に大いに役に立つことに・・・

DSC00104

会場にはいろいろなブースが出ててスゴイ。
物販ブースがめっちゃいっぱい出ているので、
財布の紐を閉ざさないと危ない会場でした・・・。

DSC00092

ユキヤモデルだ!

DSC00094

さてさて。
会場はそこそこで後にして、
明日のコース「富士スバルライン」を試走することにしました!
と言っても車でゆっくり走るだけ。

でもコースを事前に知っているのと、
まったく知らないのでは大違いのはず!

DSC00096

ガーミンで勾配を確認しながら登りましたが、
「意外と緩急があって緩勾配が多い」のが驚きでした。
3%~4%くらいの区間とかも普通に結構あるので、

この緩斜面を如何に登るかがネックになりそう。
=ペース配分が難しそう
という印象でした。

本番で初めてコースを走る人も、
車で試走ができるんであればオススメです。
(2000円もかかるけど!)

はじめて登る富士山五合目。
当日は人まみれになる場所なので、
前日に来ておいて良かったなぁと思いました。

DSC00101

DSC00099

空はうっすらと夕暮れに・・・
明日はどんな気持ちでここまで走れるのか。
この時は、実感もなにもなくて、
ただただ「頂上寒すぎる!」と叫んでたオッサンどもでした…。

DSC00100

車での試走を済ませた後は、
山中湖近くの宿へチェックイン。
そして近くで晩御飯。

明日の朝ごはんを買うためにコンビニへ行くと、
まさかの「おにぎり・サンドイッチ全滅」
恐るべし、富士ヒルのコンビニ経済効果!!

宿に戻ってからは、
明日の準備をしないといけません。
走るときの補給食や、下山用荷物の準備、
ゼッケンシールを貼ったり、ゼッケンつけたり、
意外とやりだすと時間がかかってしまいました。

ということで、バタバタした前日が終了。
明日がんばれんのか!?

DSC00103

後半へ続く・・・(キートン山田風にどうぞ)

続きはこちら↓
(後編) めざせブロンズ!「第13回 Mt.富士ヒルクライム」を走る!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>