夜明けと共に能勢を走る!グルっと走って辿り着いた猪名川町のベーカリー「うえのベーカリー 柿の木」へ。

はじめに

土曜日。
「あまえび能勢ライド without あまえび」で、
北摂方面を走っておりました。

大阪スタートで100km未満!納豆食べ放題ランチ「ぐりとよキッチン」とチョコレート専門店「CHOCOLATE BRANCH」を結ぶ北摂グルメライドへ!!

2018/12/26

そして翌日は午前縛りで自由時間。
連日走れるなんてラッキー!

なんの予定もなかったので、
どうしようか困っていたんですが、
ロゼさんとパンダさんのライドに、
混ぜてもらえることになりました。

前日に「やすさんも来るよ!」と聞いて、
足手まといの向こう側になるのを確信。
これはご迷惑おかけしますパターンだ・・・。

まぁ最悪待ち合わせ場所で引き返そう!
と、本気で思って当日を迎えたのでした。

 

家を出るまでの逡巡

朝4時前に起床。
「なぜこんな時間に…あぁ自転車だ。」と、
グダグダな目覚めを迎えました。

快便健康優良児はすぐにトイレットへ。
トイレの中で今日の予定を振り返る。
おれのinto the arena。

■ 本日の予定 ■

朝6時に一庫ダム手前のローソンに集合。
胡麻のゾンネに走って、モーニング。
ゆっくりパンを食べた後は帰路へ。
門限の12時半には帰宅予定。

午前ライドの制約に引っかかりそうな、
距離と時間を整理してみました。

  1. 待ち合わせ場所までは1時間半かかる
  2. 家からゾンネまで60kmちょっとある
  3. 9時にお店を出て12時半に帰宅せなあかん
・・・いや、これ無理やろ!

思わずトイレでひとりごちた。
「これはあかん計画やん!」

朝早く出たら間に合うやろ!的な、
そういう話で、ぼくも納得していたのですが、
お店の開店時間を考えると、
さすがに無理がある感じが否めないぞ。

そんなことを準備をしながら考えていると、
もう出発時間が迫ってきた。

4時半。自宅を出発・・・

 

ゾンネカラベンチ

とりあえず待ち合わせには顔を出して、
最悪、自分だけ離脱しよう!

いつものR176ルートで北上。
城北公園→内環→R145→R176という道のり。

前日の疲れが残っているのか、
ある程度以上のパワーが出ない感じがあるけど、
でも普通に走れる不思議な感覚。

R176で池田まで走り、そこからR173へ。

そして6時に待ち合わせのコンビニに到着。
既にやすさんとパンダさんが来てはりまして、
少ししてロゼさんも到着。

僕には伝えたいことがあるんだ。

「ぼくゾンネ行くの無理そうです・・・」

トイレで考察した距離と時間の話。

「ぼくはここから一人で旅に出ます」
ということにしようかと思ったんですが、
みなさん超絶紳士的な方で、
こう言っていただけたのです。

「じゃあBENCHiにしましょう。
それなら間に合うよね!」

瞳の奥で泣きました。
ありがとうございます。
全力でお言葉に甘えます。

そうしてぼくらはBENCHiに向かいました。
少し遠回りして行こう!ということで、
日生中央の辺りから、阿古谷方面へ。

まだ暗い道を走って行きます。

阿古谷の登り坂。まだ真っ暗。
みんな普通に会話しながら走っていますが、
ぼくだけヒーヒー状態です。

BENCHiまでのルートは聞いてないものの、
阿古谷を走っているということは、
少し北から回り込むんだろうなぁと、
思いながら走っていました。

地図で見るとこんな感じ。

途中でロゼさんがチェーン落ち。
何も伝わらない写真すぎて驚いている。

途中で分岐があります。
猪名川方面に向かうかと思いきや、
そのままR173の能勢街道「はらがたわ方面」へ。
おっと!?

解説しよう!!

R173を北上してしまうと、
結構遠回りになる感じなのである!
なんせ真逆の方角なのであーる!

厳寒期装備にしてきたんですが、
意外と能勢の辺りも寒くなかったのでした。

途中で旧道のはらがたわ峠に入りますが、
まったく脚が回らず力が出ない・・・

そういえば朝ごはんをまともに食べていない。
おにぎり一個しか食べてない。
ハ、ハンガーノックか!?

「ハンガーノックー!!」
とりあえず騒ぐ。
スポンジボブのモノマネ。ニッチすぎた。

みなさんに全然ついて行けず、
ヘロヘロになって登坂区間を越える。
途中でパンダさんにカロリーメイトをもらって、
なんとか凌ぐことができました。

ありがとうございました。
いつか倍返しだー!!!

 

ベンチカラカキノキ

確かトンネルのあたりで7時過ぎだったはず。
私もこの辺りを良く走っているので、
もう薄々気が付いていました。

これはひょっとして間に合わないぞ!?

せっかくBENCHiにしていただいたのに、
結局そっちも間に合わないパターンだ・・・

解説しよう!

ここまで来ちゃったら、
もう三田と篠山の境のあたりから、
グワーって回り込むしか道がないのである。
これは非常に遠いのである。

トンネルを越えた辺りから、
前を牽くロゼさんのペースがあがる。
どうやら彼も気が付いたのであろう。
言葉を交わさずともにじみ出る空気感。
We Are チームロゼ。

路面はウェット。
細い道を縫うように後川方面へと下る。

まだ朝7時半くらいだろうか。
こんな朝早くに後川を走っている。
なんてこったい最高や。

三田方面へは快走路のR37へ。

向かい風の中ペースがあがっていく。
先頭はロゼさんからパンダさんへ。
そしてやすさんが先頭に出ると更に加速。

下り基調だから着いていけるものの、
到底、前を牽けるペースではない。
ついていくのでやっと。
金魚のフンの如くケツにしがみつく。

THE TSURAI。

結局最後の登り坂でちぎれて終了。
はー。よき強度でした(白目
お疲れ様でした。


志手原に交差点へ到着。

既にこの時点で、BENCHiに立ち寄ると、
門限に間に合わないことが分かっていたので、
離脱宣言をさせていただきました。
本当にごめんなさい。

しかし、私は優しさに包まれました。
スーパー紳士たちは、かく語りき。

「せっかくやから一緒に行きましょう!」
「”柿の木”ならちょうどええんちゃいます?」

恐縮すぎる展開。
自分の涙でおぼれて溺死。
ほんとに良いんですか?
全力でお言葉に甘えても良いんですか?

申し訳ないやら有り難いやら、
脚は限界ですやらで・・・
本当に申し訳ないことになりました。
みなさん本当にありがとう。

 

柿の木で駄弁る!!

私の微妙な門限ゆえに、
猪名川へ戻ることになった4人。
本当にすいません・・・

ゴルフ場の脇を通る抜け道で、
三田から猪名川方面を目指しました。

R68からR12へ。
「道の駅いながわ」をスルーして南下していき、
途中にある「うえのベーカリー 柿の木」にて、
朝ごパンとなりました!

なんか増築中なのでしょうか?
横手で何か工事されてましたね。
(イートインスペースなら最高だなぁ。)

店舗にはイートインはないので、
パンを買ってお店の前で食します。
ここは無料でコーヒーも頂けるのです。

お店の前って言っても、こんな景色。
なんだか妙に居心地が良いんですよね。
ちょっと寒かったけど。

ここで高強度ダベリングが炸裂。

結局1時間15分くらいかな。
いろいろお話できて楽しかったです!

こういう時間を共有できるのが、
グループライドの醍醐味ですよね。
めちゃくちゃ楽しい時間でした。

途中でロゼさん、パンダさんとは別れて、
最後もやすさんに引いてもらって池田方面へ。

思ってた1.5倍くらいのスピードで、
池田まで帰着できました(白目

やすさんともここでお別れ。
ありがとうございました!

いつもの河川敷ルートで帰路へ。
猪名川は珍しく追い風!

川って蛇行してるんですよ。
追い風だったのに、途中からそうでもなくなる。
そして神崎川ではスーパー向かい風に。
翼付けたら空飛べるんちゃうか。

空も飛べるはず。と思いながら、
無事に淀川に帰着。

草野マサムネさんも、
ありがとうございました。

 

おわりに

いろいろと計画変更をさせてしまって、
さらには強度も落とさせてしまって、
なんだかめちゃくちゃ申し訳なかったです。
今はただ反省の毎日・・・

家に帰ってみると、走行距離は約130km。
帰りの追い風具合を考えると、
ゾンネ往復も行けたような気がしますが、
まぁそれも夢のお話ということで。

久しぶりにやすさんとご一緒させてもらった!
と思って記憶をほじくってみると、
1年以上前に三田を走って以来でした。
本当に久しぶりだったんだなぁ。

三田を起点に走る!三田から東条湖を巡る激坂込みのリハビリ未遂ライド!?

2017/11/21

パンダさんもロゼさんも、
ありがとうございました!

自転車に乗っているという繋がりで、
こうして一緒に走る機会があって、
共通の話題があるっていうのは、
実は特別なことなんだろうと思いますね。
ほんとに楽しかった。

また機会があればよろしくお願いします!

ということで、
今年はこれが走り納めになるかもです。
また2018年の総括記事を書かねば!

 

今回の軌跡

距離:128.74 km
タイム:4:50:59
平均速度:26.5 kph
高度上昇:1,129 m



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です