一庫ダムで満開の桜も堪能!高槻経由で”るり渓”のカフェ「香らん珈ろん」へ行く朝ライド!!

はじめに

先週はロングライドをしましたが、
今週はまたまた昼過ぎ門限だったので、
早めに切り上げるライドになりました。

行き先の制限される午前ライドなので、
どうしてもマンネリしちゃうのが課題。

今回はいつもの場所をゴールにしつつも、
いつもと少し違う道のりで、
行ってみることにしました!
(タイトルでネタバレですがw)

最近は三人で走ることが多かったですが、
今回はロゼさんとぼくの二人。
張り切って行ってまいりましたー!

 

待ち合わせは茨木パターン!

いつも通りの5時前に家を出発です。
慣れたからもう全然眠くないもの。(強がり

城北公園から淀川を渡るのですが、
ちょうど桜が満開だったので、
足を止めて少しだけ夜桜見物をしました。
美しいじゃあーりませんか!(チャーリー浜

月も満月に近かったようで、
めちゃくちゃ綺麗でした。

月見&花見で最高だったんですが、
それを写真に収める技量も時間も、
そして三脚もなかったので、このザマです。
欄干の上に光るお月さま。

待ち合わせが迫っているので、
あまり酔いしれている時間もありません。
先を目指して淀川を渡って内環へ。

気温は4度台。
ここからまだ下がると思われるので、
ちょっと心配だな…

吹田から茨木方面へ。
昼には混雑する道路もこの時間なら大丈夫!
でもR176同様に信号が多いんだ…

日の出も早くなってきました!
今後はさらに活動時間も早まるかも!?

途中の近畿道の入口辺りで、
向こう側に爆走するロゼさんを発見!
ひとりの時はあんなペースなんだな…
前で見かけても絶対追いつけないわ。

というわけで、
無事に待ち合わせ完了!!
じっとしてると寒い。

ちょっとお外でおしゃべりしてから、
高槻方面に出発でございます!

 

高槻から山を越える!

今回は無駄に高槻経由をして、
山を越えて亀岡へ抜ける計画です。

6時過ぎになると、
R171の交通量も増えてきていたので、
道を変えて少し北上することにしました。

少し山手の西国街道を東へビューンと走り、
R6をひたすら北上していきます。

最初は市街地を走るR6ですが、
徐々に山の中へと進んでいきます。

山越えの道のりですが、
勾配は緩やかなので走りやすいですね。
ただ交通量はそこそこあります。

南下するために走ったことはあるけど、
北へ走るのは初めてなので新鮮です。

しばらく川沿いに登って行くのですが、
この川が高槻市内を流れる「芥川」だ!
ということに、後で地図を見て気が付きました。

手足がめちゃくちゃ寒くて、
風が冷たいなぁと思っていましたが、
道路脇の温度計は「0℃」を表示!
心配していたことが現実に!さむっ!

景色は徐々に変わっていきます。
途中で鹿さんと狸さんの亡骸を見て、
山の怖さを知りました。

激坂の無い峠道。
ほどほどのペースで走れば気持ち良い!

そのまま進んでいくと、樫田の集落へ。
ひと山越えた雰囲気になりましたね。

引き続きR6をしばらく走ると、
「樫田トンネル」が出てきました。
ここでひとまずR6にピークは越えました。

トンネルを越えて、しばらくの下り区間。

R6とR46の分岐のところが亀岡との境界。
そのままR6で下るのもおもしろくないので、
今回はR46から少し西のほうを進むことにしました。

めちゃくちゃ快走路で気持ちいい!

少しだけR46を南下してから、
再び北上するR407へ道を変えました。

R407も雰囲気の良い道ですが、
何度か昼間に通った時よりも、
朝ならではの静けさがある印象。
この時間に走る恩恵かもしれないなぁ。

この辺りで標高250mほどあるので、
亀岡へ行くには、どの道を選んでも下り基調。
このR407も例外ではなくて、
少しだけ登ると後は下りあるのみ!

山を抜けて景色が広がってきました。
やっと”亀岡感”のあるところに出てきました。

ここからは「るり渓」に向かって走る!

 

るり渓「香らん珈ろん」へ!

実はこの日、あまり気乗りしなかったので、
「亀岡からすぐ箕面に引き返す」という、
超短縮ルートも考えていたんですが、
今までの道のりが楽しかったので、
やっぱり「るり渓」に向かうことにしました。

そのままR407で穴太寺の辺りを通って北上。
さっきまで少し寒かったんですが、
暖かい日差しのおかげで、快適な気温に。
もうめちゃくちゃ爽やかな朝です。

亀岡運動公園の辺りで、R372へ。
ロゼさんばかりに前を牽いてもらうのは…
と思って珍しく前に出てみたり。

茨木からここまでノンストップだったので、
そろそろ休憩にしようか相談をしましたが、
「このままカフェまで行っちゃう?」という、
軽いノリで「ノンストップるり渓」確定。

ひたすらR372を走るだけの道のり。

この辺りから風が止んだので、
ロゼさん特急が発射されました。
快走なり。

いよいよ目的地の「瑠璃渓」の入口へ!
でも、ここからが難所!!

しばらくR453の緩勾配を登って行きます。
最近この辺りを走ることは多かったですが、
南下して走るのは初めてなのです。

この辺りの桜は全然咲いてませんでした。
市内から1週間くらい遅れるのかな?

山へ向かって伸びる道のり。
素敵な景色だ!

勾配が徐々に出てきました。

まだ序盤戦なんですが、
道のりを知ってるだけにつらい・・・

滝の案内板が出てきました。
この辺から本格的なヒルクライムスタート。

自分のペースで登って行きます。
途中でロゼさんがスピードを上げて、
背中が小さくなってゆく・・・

途中から一人旅。
勾配も8%前後くらいが多い印象。
結構、厳しいヒルクライムです。
助けてください。

この後くらいに勾配が緩くなるので、
とりあえずそこまではがんばろう。
いや、もう無理。

るり渓温泉の横を通り過ぎても、
まだしばらくは登ります。
うおおお、ようやくピークだー!

もはやご褒美としての存在になった、
カフェ「香らん珈ろん」です。
この辺りのピークに近いところにあるので、
もはやぼくらのオアシス以外何者でもないわ。
ノエルギャラガーって呼ぶわ。(オアシス違い

到着したのは9時前くらいだったかな?
結構回り道をしたのに、
家を出て4時間くらいで着くんだから、
近いもんやな!(強がり

モーニングセットのAを注文。
ここのモーニングは最高!

ここで長時間ダベリングをしまして、
ぼくらの本日の目標は達成できました。

後は帰るだけの道のりさ!

 

桜を堪能する帰路へ!

至極のモーニングを堪能した後、
時間を見ると10時過ぎ。

家に13時半には帰りたいので、
3時間ちょっとしかありませんです。
・・・急いで帰ろう!

能勢方面に南下して行きます。
途中のここの景色が大好きだ。

畑野を過ぎて、そのままR54を南下。
しかし強烈な向かい風のせいで、
下ってるのに、ずっとペダルぐるぐる状態。

しかしこういう辛いときに頼りになるのが、
我がロゼ監督であります。
風を受けてくれるロゼさんの後ろで、
ぬくぬくと縮こまるのです。

R104へ入り、一庫ダム方面へ南下。
やっと風の強襲から落ち着きました。

山肌に点在するピンク色が良いですね。

川西方面に抜けるのには、
少し迂回になってしまいますが、
たまに走りたくなる道ですね。

一庫ダムが近づくにつれて、
見頃の桜が増えてきました。

満開の桜を見る度に「おおお!」と、
声を上げながら走っていましたが、
ちょうど良い桜スポットがあったので、
お花見タイム発動です。

今の時期の醍醐味ですね。
自転車に乗ってないと見ることのなかった、
そういう景色だなーと思いました。

引き続き湖に沿って南下して行きます。

道の至る所に桜が咲いていて、
めちゃくちゃ良いときに来てしまった!
と、喜びまくりの二人。

最高のお花見区間でした!

途中でロゼさんとお別れになり、
一人でR173を走って大阪方面へ。
大混雑や・・・

うーん、都会の道は嫌いだ・・・

しかし門限もあるので、
風の影響も少ないR176で南下を決意。
この選択はあってたのかな?
ホントに走り辛かった・・・

やっと吹田の辺りまで帰還。

このまま豊里大橋を渡って帰宅しました。
るり渓からちょうど3時間くらいでした。
意外とかからないもんですね・・・

あーお花見モーニングライド最高でした!

 

おわりに

ロゼさん今回もありがとうございました。

最近はセカセカしたライドが多かったのですが、
今回はええ感じに”走ること以外”も、
しっかりと満喫できて充実していました。

当初、野間峠を抜けて帰るつもりが、
全然時間が足りなかったために、
るり渓からショートカットしちゃいました。

おかげで絶好のお花見区間を通ることができて、
最高にツイてましたね。
特に期待していなかっただけに、
嬉しさも何倍だったなぁ。

チームロゼのモットーを思い出すような、
そんな素敵なライドでした!

 

今回の軌跡

距離:124.76 km
タイム:4:53:26
平均速度:25.5 kph
高度上昇:1,289 m

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です