【愛すべき坂バカたちへ】今年も「北摂坂だらけライド」のコースを考えてみました!!

今年も「坂だらけライド」を!

昨年、「富士ヒル」のブロンズ獲得に向けて、
ロゼさん監修のもとで行われた「北摂坂だらけライド」

登坂開始

当日は雨によって(という言い訳の元)、
設定コースの完走はできなかったものの、
富士ヒルでは目標のブロンズを獲得!!

「有意義な一日だったんだなぁ」と、
今となればほんのりと感じてしまう、
よい思い出なのでした・・・

登坂!大阪市内から約160kmの道のり!北摂の山と峠を巡る「坂だらけ」ライド!
はじめに 「自走で大台ケ原へ行こう!」と言っていた土曜日でしたが、 その約束をしていたdaiconさんは膝痛を発症中。 途中でリタイヤできない大台ケ原は少し危険と判...

今年は富士ヒルに出ることもなく、
なんなら冬の終わりに骨折したり、
それでも春のフレッシュを走ったり、
なんだか忙しかった上半期でした。

そして夏も終わり、
先日の「PEAKS4」に刺激を受けたぼくらは、
今年の「北摂坂だらけライド'17」の、
コース作成に取り掛かりました。

昨年のものでは生ぬるい。
もっとガッツあふれるコースを練らねば!

そして・・・完成しました!!

 

「北摂坂だらけライド'17」概要

さて、早速今回のコースをご紹介しましょう。

Average White Bandの名曲
「Pick Up The Pieces」をモジって、
サブタイトルは「Pick Up The PEAKS」に決定。

ルートラボで「200km / 5218mUP」という、
食欲のなくなるコースができました。

 

コースの概要

ただ獲得標高を求めても面白くありません。
「走っていて楽しいルートでないといけない!」
(六甲山何回も登るとかイヤでしょ?)
というモットーでルートを設定。

川西は池田新町をスタートして、
西は六甲、東は亀岡のほうまで、
様々な峠・山を越えまくって、
200kmの道のりを走って帰ってきます。

極力反復区間のない道のりで、
風景の移り変わりも楽しめることでしょう。

せっかくなので、
通過する名の知れた登坂区間だけでも、
列挙してみましょう。

  • 六甲山(逆瀬川)R16旧道ver
  • 小笠峠
  • 十万辻
  • 大坂峠
  • 永沢寺
  • 西峠
  • 大野山
  • 浮峠
  • はらがたわ峠
  • 暮坂峠
  • 逢坂峠
  • 明月峠
  • 堀越峠
  • 地黄林道
  • 野間峠
  • 妙見山
  • 五月山

能勢の風情のある峠を盛り込み、
情緒あふれる登坂が楽しめること必至。
下り区間を含めると"るり渓"や"蓬莱峡"など、
楽しい場所がてんこもりで、
ニヤニヤが止まりません!!

ルートには打ってませんが、
休憩ポイントもいくつかあります。
序盤の十万辻~永沢寺~るり渓の辺りまでは、
コンビニがない区間(飲食店はあるよ)なので、
浮峠近くのR173栗栖交差点のコンビニへ
寄り道するとちょうど良いかもしれません。

永沢寺の辺りには蕎麦屋、パン屋、
能勢の辺りにはカフェがたくさんあります。
終盤の妙見山ではサイダーも飲めるし、
少し寄り道するとエマコーヒーも行けます。

グルメライドとしても成立する!!

あまりの素晴らしさにため息が出る。

DSC00214
↑イメージ画像

 

いつ走るのか!?

もちろん提案者の私が一度完走してから、
みなさまにご提案するのが"筋"でしょう。

しかし!

これを「いつ走るか?」ということになると、
普段、自由時間が少ない私は、
なんとも言えない顔面になってしまいます。
残念ながら予定が埋まっているのです。
終日走れるような日程がないんですよね…

普段はだいたい午前縛りが多いし・・・
10月は・・・だって、ほら、丹波の黒豆を買いにね??
あ!来年に肘のボルト抜く手術があるし!

私は走りません!!

あーはしりたかったんやけどなー!
ざんねんだーなーー

ということで、
提案しておきながら走りませんなんて、
不祥事案件もええところなんですが、
せっかく作ったのでブログに載せてみました!
(作っただけで満足してしまった。)

豪脚のみなさん!!
まだ陽の長いうちにどうですか!?

みなさまのご意見・ご感想お待ちしておりますw

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>