ファンク+ジャズの渋いFunky Album! Gene Harris「Tone Tantrum」

ピアノトリオ" The Three Sounds"のピアニストとして有名な
ジーンハリスが77年にリリースした作品「トーンタントラム」
ジャケットの顔が「パパイヤ鈴木」に激似なのも、
もう気にならなくなるくらいええ感じの作品です。

Gene Harris "Tone Tantrum"

Songlist:
  1.As
  2.If You Can't Find Love Let Love Find You
  3.A Minor
  4.Stranger in Paradise
  5.Peace of Mind
  6.Cristo Redentor Part 1
  7.Cristo Redentor Part 2

Credit:
Gene Harris – piano, electric piano, synthesizer
Jerry Peters – electric piano, sythesizer, vocals, arranger
Al McKay, John Rowin – electric guitar
Anthony Jackson, Robert Popwell, Chuck Rainey, Verdine White – electric bass
Leon "Ndugu" Chancler, Harvey Mason, Alvin Taylor – drums
Jerry Steinholz – percussion
Ralph Beecham – vocals


1977年=Funkyな時代のリリース!

晩年のブルーノートは、"JAZZ"から逸脱した作品が多く、
レアグルーヴとか呼ばれて親しまれている名作が
わんさかと発表された少し変わった時期。

そんな70年代後半に発売された本作も、
ジャズスタンダートとはかけ離れた音楽性の作品で、
参加メンバーを見れば一目瞭然。
Earth,Wind&FireのAl MckayVerdine White
さらに、当時のレアグルーヴムーブメントの筆頭Donald Byrdが参加!
Chuck RaineyAnthony JacksonRobert Popwellの参加もベーシストにはうれしい。
とにかくファンキーなヤツらが集合した作品なのです。

 

ちなみにこのアルバムがリリースされた77年。
Earth,Wind&Fireは"All'n'All"をリリースした年で、
かの名曲"Fantasy"をリリースした、ノリに乗ってる時。
それだけでとてもいい時期の作品な気がしてしまう。

ちなみにバックコーラスのところに"Deniece Williams"のクレジットが。
76年にMaurice Whiteのプロデュースで"Free"をヒットさせたシンガー。
これはEW&Fのほうの人脈で参加したのかな…。

 

 

冒頭曲でノックアウト間違いなし!


アルバムをかけると幕開けでいきなりStevie Wonderのカバー。
76年リリース"Key Of Life"に収録の"As"!
のっけから漂うEW&Fテイストが気持ちよすぎる。
特筆すべきはVerdine White!
このベースは完全にEW&Fや…。
ちなみにVerdine Whiteの参加はこの一曲だけ。
もったいない…。

続いてはJerry Petersがボーカルをとるキャッチーな歌もの。
Al Mckayのカッティングが変わるところがかっこいいなぁ。
淡々としつつ、ファンキーな雰囲気が良いですね~。
Gene Harrisのソロもええ感じです。
ちょっとFullmoonぽい曲かな?

 


MVPは"Donald Byrd"!?

冒頭2曲以外はインストナンバー。

スリリングな#3は今までの雰囲気とも違い、
淡々とした展開がストレートにくるインスト。
しかし随所で吹きまくりのDonald Byrdがかっこよすぎる。
この人のための曲だ、これは。

クラシックの#4は、完全にGene Harrisサウンドになってしまい、
マイゼルブラザーズ的レアグルーヴサウンド炸裂。

 

Al Mckay作の#5はスローナンバー。
少し"Brazilian Rhyme"的な雰囲気も良いですね。
Crusadersのベーシスト、Robert Popwellのプレイが印象的。

#6、#7はコンセプトの流れ。
どちらもGene HarrisとDonald Byrdのソロの掛け合いが中心。
#6は少し展開に乏しく退屈な部分もあるが、
その反面で#7は、ファンキーなリズムにByrdのソロがからみ、
静かにエレピが入る感じが素敵過ぎる。
Chuck Raineyのベースも炸裂。


名作には間違いない!

正直、冒頭の2曲のボーカル曲のインパクトが結構強くて、
思わず後半戦を聞き逃してしまいそうになるけれど、
とてもスリリングなサウンドで、インスト曲もええ感じ。

この時期のDonald Byrdほど強烈なインパクトはないものの、
Al Mckayなんかのサポートもええ感じに色が出てるし、
なかなかおもしろいアルバムやと思います。

いろいろ書いておきながら、ジャズ畑には疎いので、
肝心のThe Three Soundsを聴いたことがありませんw
あの赤い有名なジャケットのやつ、今度聞いてみようっと…。

 

ちなみに、本作ですが"999円"で再発されてます!w
興味のある人はぜひ、今のうちに!?

↓ドナルドバード、レアグルーヴ期の傑作

↓アース、ウインド&ファイアーのベストアルバム

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>