冬でもロードバイクに乗るために!KALFのウインタージャケット「eVent Softshell Jersey」を購入!!

はじめに

海外通販サイト「Evans Cycles」を見る度、
気になって仕方ないのが、
PBブランドで展開されているウェア。

その名も「KALF」だ!

大げさに書いてみましたが、
最近よくあるPBブランドのウェアでございます。

しかし、個人的にKALFは結構好きで、
今までに色々と買いました。

EVANS CYCLESでおなじみ!KALFのビブショーツ「Club Bib Shorts」を購入しました!

2018/06/14

おしゃれで安いウェアブランド!?「KALF」のビブタイツを買ってみました。

2018/01/13

そんなKALFファンの私が、
ついにウインタージャケットも買ってしまった!
・・・という、
本格的にどうでもいい話を書きます。

 

「eVent Softshell Jersey」をゲット!

ここ数年、愛用していたのは、
CastelliのFree 3 Windproof Jacketという、
厳寒期に耐えうる防風ジャケットでした。

数々のクソ寒いライドを乗り越え、
実際、機能性には満足していました。
(探したけど写真が全然ない・・・)

寒さ対策は重要!!ロードバイク冬用ウェアを見直してみました!

2017/01/19

ただ長く使っているので、
傷んでるところも出てきてしまいました。

今回は一枚買い足す形で、
KALFのジャージに手を出してみました!

KALF「eVent Softshell Jersey」

なんか写真だと色が少しヘンだけど。
補正しきれなかった・・・

ソフトシェルと言われているだけあって、
柔らかな素材で、着心地も良いです。

この辺は前のカステリと、
その前のGOREのウェアとも共通ですね。

素材は「eVent」を使用!
・・・って初めて聞く名前やな。
と思って調べてみると、えらいこっちゃ。

GORE-TEXに並ぶ透湿性を持つ素材らしい!
グレイト!

http://www.eventfabrics.com/technology

確かにアピールできる素材なんですね。

ちなみにこのグレーの部分は反射素材。
前後要所に配置されているのは、ありがたい。

昨今の流行り?の胸ポケット完備。
ここは何を入れればいいんですか。

このジャージの変わったところは、
「バッグポケットが2つ」というところ。

容量は仕切りが少ない分多いかもですが、
これは果たして使いやすいのか!?

あまりに写真の見栄えが悪いので、
KALFのinstagramも貼っておこう。
最近更新されてへんけど。

 

 

使ってみた感想

気になるところは「防寒性と透湿性」
私の感覚をベースにした、
なんの基準にもならない感想を、
お茶の間にお届けいたしましょう!

防寒性は?

まずウェアリングを間違えて使った時。
この時の条件は、気温2℃くらいで、
インナーはファイントラックのみ
ほぼこれ一枚で走ってたことになります。

感想は、「非常に寒かった!」

一枚で着るなら8~10℃くらいが最適かな。
実際、それくらいの気温の時は、
とってもええ感じでした。

後日、ジオライン中厚手と合わせて着用。
0℃を下回ると限界を迎えました。
厳寒期に対応できないかもしれない…
3℃くらいだと快適なんですけどね~

寒さの感じ方は人それぞれだけど、
少なくともCastelliのFree3 Jacketよりは、
寒さに弱いです。

もう少しレイヤーを重ねて、
運用していけば問題なさそうですね。

 

透湿性は?

冬用ウェアの最大の悩みはコレですね。

いくら暖かくても、
汗が残ってしまえば汗冷えしちゃいます。

透湿性は抜群!

登り区間で汗をかいてしまっても、
中の湿度はうまく外へ出ているようで、
汗冷えは杞憂に終わりました。

バックパックを背負っていて、
背中に汗をかいてしまった時も、
知らない間に乾いていたりして、
透湿性は高いのは間違いなさそう。

 

まとめ

一枚で着る想定じゃなくて、
やっぱりアウターとして着るジャケットなので、
何と合わせて運用するかって言うので、
使って行ける幅が決まりそうですね。

ずっと使ってきたカステリは、
むしろジャージとして使える感じだったので、
使い方が少し違うウェアになるなぁと思いました。

 

おわりに

Evans Cycleのレビューを見てみると、
こんな感じのレビューがありました。

+12度でも通気性があり快適だった。-8度でも快適でした。
参考までに、私は2つのベースレイヤー、サーマル長袖ジャージ、そしてこのジャケットを上から被っていて、1時間のライドには快適でした。

買う前は読み流していましたが、
これは結構有用なレビューですよね。
簡潔に性能を評していると思います。
これですべて伝わるやん。

買う前に想定していたよりも、
耐寒性能は劣っている感じがありました。
ジャージ的な使い方ではなくて、
あくまで「ジャケット」なので、
アウターとして使う感じですかね。

そしてこんな記事を書いていますが、
書いている最中にこの商品は廃盤になりました。
どうも、お疲れ様でした。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です