ホイールのブレーキリムについた傷をアルミパテで補修してみた

はじめに

先日の年明け一発目の「るり渓ライド」の際に、
不注意でブレーキリムに傷をつけてしまいました…。

関連記事→ 走り初めは「るり渓」へ!能勢・猪名川を巡る140km!

リムに傷が…!

走行自体に問題が出るほどの傷ではないんですが、
ブレーキを掛ける度に「シュッシュッ」と音鳴りがします…。
しばらくどうすべきか思案していたんですが、
できる限り補修をしてみることにしました。

 

削る or 埋める

色々と調べてみたんですが、
意外とそういう傷に対しての対処法の情報は少ない。
経験則みたいな決定的な情報はなかったものの、
だいたい2つの方法に絞られてきました。
「削る」か、もしくは「埋める」かであります。

「研磨する」

これは引っ掛かりの少ない浅めの傷には有効な方法みたい。
目の細かい耐水ペーパーなんかを使ったりして引っ掛かりを削る。
しかし、今回の傷は少し深めのものもあるので、これは見送り。

「埋める」

これはアルミパテを使って傷を埋めてしまう方法。
パテは車のホイールに使われるものみたいなんですが、
自転車のリムに使用することもできそう。
傷を埋めて、そこから研磨するという作業が必要ですね。
素人にできる作業はこれが一番簡単かもしれない…

 

パテで傷を埋めてみる

さて。
今回入手したのは、車のホイールなんかに使用する「補修用アルミパテ」
写真撮る前に開封しちゃいました…。

ホルツのアルミパテ

 

主成分はエポキシ樹脂
「耐熱温度100℃」なのでブレーキングで高熱を帯びたとしても、
パテが再び解けるようなことはなさそう。

→ 1/26追記 
アルミリムは高熱を帯びると100℃を越えます!あかんやん・・・。

パテの仕様

早速、作業に取り掛かりましたが、
一生の不覚、写真を一枚も撮っていません…。

作業はタイヤを付けたまま行いました。
傷部以外にはマスキングテープをしっかりと貼り、
パテが付かないように配慮をしてパテ塗り開始!

一応、こんな感じで塗り塗りできました。

パテ塗り作業完了

今回は塗る場所も細かい部分だったので、
付属のヘラは少し大きく、塗りにくかったですね。
先がヘラっぽくなってる割り箸とか、
なんなら綿棒とかのほうが良かったんじゃないかと思ったくらい。

配合は説明書にしたがって行いましたが、
硬化剤の配合は多めにしたほうが良いかもしれないです。
冬場の作業と言うこともあってなのか、
思ってた以上に固まるのに時間を要しました…。

 

パテを均す研磨作業

パテが固まったのを確認したら、パテを研磨して均します。

今回パテと一緒に買った「耐水サンドペーパー」
目の粗いやつから細かいものまで、一緒になってるやつです。

耐水ペーパー

 

#320→#600→#1000という感じで研磨していきますが、
元々パテをあまり厚塗りしていなかったこともあり、
意外と短時間で削ることができました。

そして削った後がこんな感じに。
見た目はあんまり変わらないですが、
指先の感覚だと違和感はほとんどないくらいにツルツル

研磨してみた

もう一か所もツルツル。
パッと見た感じ、凹んだ傷部分は確認できないくらい、
ちゃんと均されているように見えますね。

研磨後

ちなみに傷ができたときの写真はコチラ。

リム傷

こうなりました↓

研磨してみた

正直、見た目はあまり良くない。
でも、一応のところ、作業はうまくいったんではないかと思います。

 

今後の経過が不安点

さて。
見た目と触感では、まずまずの成功と言えますが、
結局のところ「このまま乗って大丈夫なのか?」というのが問題でしょう。

  • ブレーキングについての違和感など(音鳴り、効き具合)
  • 耐久性(ドンドンとパテが剥がれる可能性も・・・)

この二つについては、しばらく残る不安材料ですね。
と言っても、このまましばらく乗ってみないと分かりませんので、
その辺りに注目しながら、ニュートロンと共に走ろうかと思っています。
むしろ自然な摩耗でうまいこと馴染めばいいなと思ってます。

今後の経過はこちらに追記して報告をしていきたいと思います。

というわけで、
この方法を推奨しているとかではないので、ご了承を。
万が一、お試しになる際は自己責任でどうぞー。

→ 1/26追記 
150kmほど走りましたが、パテは剥がれてきました…。
ブレーキングなどには異常などは全然ないですが、
耐久性には期待できない方法かも。

 

スポンサーリンク

2 Responses

  1. daicon より:

    ブレーキ時、余裕で100度越えると思うのですが(´;ω;`)

    • だるま より:

      ほんまやね・・・。
      浅はかだったというか、もう剥がれました・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>