GIROのロードシューズ「EMPIRE ACC」のヒールパッドを交換する!

はじめに

昨年の春ごろに購入した
GIROのシューズ「EMPIRE ACC」
今も変わらず愛用をしています。

抜群のフィット感!!靴紐スタイルの軽量シューズ「GIRO EMPIRE ACC」を購入しました!

2019/04/03

ただシューズもやはり消耗品。
1年半以上も使っていると、
全体的にかなりヘタってきました。

今回はかかと部分についている、
「ヒールパッド」を交換してみました。

 

ヒールパッドセットを交換!

まず私の汚いシューズを見てほしい。
どうだ、このゴリゴリな消耗具合!

やっぱり足を着く機会の多い、
左足のほうが消耗が激しいですね。
ってどうでもいいか。

早く交換しなかったが為に、
アウトロールも少し削れてしまって、
もっと早く交換しないといけなかったかも。

ボルトの頭が逝ってしまってるので、
ちゃんと取れるか不安ですが、
持ち前のテキトーさでやってみましょう。

早速、交換品を準備。
GIRO純正のリプレイスントパーツ、
ロード用のヒールパッドです。

国内代理店価格だと3,750円もしますが、
ガイツーだと1,500円以下とかで買えます。
倍以上するってどうなのよ!?

カーボンソール用のアイテムだけあり、
トルク管理が推奨されている模様。

新品と並べてみると、
その消耗具合がよくわかりますね。

すり減らしちゃいましたね!

 

交換作業開始!

では交換作業に入りましょう。

シューズについているパッドを、
なんとか取り外さなければいけません。

ボルトの頭に色々詰まっていたので、
先のとんがったヤツでゴリゴリして、
まずはアーレンキーが入るようにします。

ちゃんとアーレンキーさえ入れば、
簡単に取れますね。

しかしもう片方が苦戦。
ひとつだけアーレンキーが入らず、
取れないボルトが残ってしまいました。

こうなったら、力尽く!

チカラこそパワー!

しかし、パッドが二層構造になっていて、
下の固い部分が取れにくい。

取り除くコツとしては…

パワー!!!

ボルトだけ残る状態になったら、
普通にペンチで掴んで回せるので、
なんとか取り外しはできました。

もっとスマートに対処できんかったんか。

お見苦しい所をお見せしましたが、
なんとかきれいに取れました。

新しいパッドをインストール!

ちなみにこのパッド、
左右が決まっているんです。
凸凹の位置が左右で違うので、
要注意でございますよん。

そして完全に関係ないんですが、
ついでにスピードプレイのカバーも新調。

サードパーティ製ですが、
問題なくフィットしました。

これでまだまだ使えるね!!

 

おわりに

ヒールパッドは早目に変えましょう!
というのが、今回の教訓です。
1年に1回は変えたほうが良いかな…

ロードバイク本体に限らず、
ウェアやアクセサリにも消耗品が多いので、
換え時を逃さないようにしたいですね。

これは前述していますが、
今回の交換用のヒールパッド、
国内価格がアホみたいに高いので、
なにかのついでにガイツーで買うのが
オススメでございます。

created by Rinker
GIRO(ジロ)
¥39,100 (2021/06/16 03:24:31時点 Amazon調べ-詳細)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です