曇天の北摂をぶらぶら。止々呂美林道から猪名川のカフェ「ちまこま喫茶」へ!

PVアクセスランキング にほんブログ村

はじめに

この週末は土曜日だけ空いてましたが、
まさかの雨予報。

どうしようかと思案しているうちに、
同じく雨予報だった金曜日が好転。
しかし、平日はお仕事がありますよ。

会社に従順な企業戦士たる私も、
この天気にはまいっちんぐマチコ。
労働を厭わない鋼の心をもってしても、
この唯一のサイクリング日和に働くとなれば、
簡単に手の震えが止まらないくらいの、
ソフトな禁断症状が姿を現すものです。

こうなっては仕事どころではない。
いや、しかし考えようによってはだ、
自転車に乗ることも仕事のうちかもしれない。

いや、無理がある仮説かもしれない。
しかし物事を大きく捉えることで、
見える本質もあるはずだ。

これはきっと「気分転換」とか、
なんかそういう類のやつに違いない。
気分転換という仕事の一部なのだ。

私自身も全く意味が分からないまま、
気が付けば自転車にまたがって、
外へ駆けだしていたのである。

いや、働けよ!

 

北摂方面へ!

働かざる者、自転車に乗る。

絶賛雨雲の下に躍り出た私は、
小雨にも関わらず駆けだしました。
めざすはアホの一つ覚えの北摂方面。

雨はすぐに止むはずと思っていたら、
5kmくらい走っても止まず。

神崎川の橋の下で、
引き返すか悩むほどでした。

日頃の行いだけが取り柄の私。
歩く善行とは私のことです。

おかげで晴れ間が顔を出してくれたので、
もう走り続けるしかない!

旧猪名川緑地を使って川沿いルート。

猪名川へ合流!

なんか川沿いの緑を見るだけで、
新緑の鮮やかさに驚きました。
いつの間にこんな緑の季節に…

いつもの池田新町ローソンで休憩。

おい、よく聞けよ。

池田まで来たら男なら黙って五月山だ!

無駄に声を大にしてやった。

足りない脚力を絞り出し、
激坂を攻略した果ての秀望台。

登坂の疲れが脳に作用して、
景色が二割五分五厘増しである。

ここまでの激坂に早くも帰りたいけど、
楽しいのはここからなのです。

 

止々呂美林道へ!

秀望台で引き返してはいけません。
五月山が牙を剥くのはここから。

度重なるアッペンダウンに、
あらゆる健康優良児が涙する。

途中でひっそりと現れる分岐点。
ここが「止々呂美林道」の入り口である。

この道は車が通行できないので、
自転車にはちょうどいい舗装林道です。
たまらんのであります。

いつも落石や木の枝が散乱して、
スリリングな路面を演出してくれる。

でもこの日は割と普通に奇麗でした。

良いですね。
久しぶりの止々呂美林道。

あー最高だなー!と思ってたら、
後輪様がパンクされました。
パンクされあそばせ。

某〇うさんがエマコーヒーにいるらしく、
ちょっと顔を出そうかと思っていましたが、
このパンクを以って、目論見は終了。

携帯ポンプのネジが緩んでいたりして、
それなりに大変だったのでした。

止々呂美から北へ。

腹が減りました。
箕面森町にカフェがあるようなので、
そちらに行ってみるとします。

橋からちょっとええ景色。

目指していたカフェは臨時休業。
その次に目を付けたカフェに向かうも、
そちらもなぜか臨時休業。

あまりのことに膝から崩れ落ちました。
まるで桑原和男のように。

こうなったら開いてそうなお店へ!
新しい基準で選んだのは、
能勢電鉄 妙見口駅そばのコチラでした。

【かめたに本店】

お土産物も置いてある食堂ですね。

名物は猪肉を使った料理。

今回頼んだのは、「ししとじ丼」です。

うまい!

お供にご当地コーラも。
ランチを満喫しましたー!

 

絶品カフェへ!

ここから南下するのも味気ないので、
一庫ダム方面へ寄り道することに。

以前、ぺもぺもさんと走った、
細い道を使って行きました。

ちょっと坂多めのグルメライド!?亀岡のパン屋「ふくくる」と豊能町のカフェ「山粋」へ行ってきました!

2020/11/18

序盤は妙見口からときわ台へ。

ときわ台からさらに奥へ進むと、
激坂区間で光風台まで。

相変わらず、つらい!

でも、楽しい!

光風台の上のほうに出てきます。

ここから先は路面が悪くて、
ちょっと微妙な感じの道なので、
ここから一般道に復帰しました。

そして一庫ダム。

一庫ダムを下って日生中央方面へ。

さくら通りを一本逸れた抜け道へ。
猪名川の役場のほうに繋がる道ですが、
はじめて走ったかもしれない。

そしてお目当てのカフェへ。

入り口が全然分かんなくて、
お店の人に教えてもらいました。
(もう一組、同じく迷っていたのです)

12号線沿いのココが入り口だ!
細い!!

自転車を押して上がって、
少し歩くとカフェへ到着です。

【ちまこま喫茶 cafe+zakka】

おおお、ランチも美味しそうだ!
ここで食べても良かったなぁ。

今回はカフェ利用でございますよ。
おやつ、気になりますね。

店内の雰囲気はとても落ち着いていて、
明朗快活な店主も感じが良くて素敵でした。

コーヒーと、いちごのババロア。
贅沢なおやつタイムでございます。

食器がかわいい。

平日ということもあってか、
本当にゆっくりと過ごせる場所で、
居心地が良すぎて長居してしまった。

お気に入りのお店が増えました。

いつも帰り道で通るところにあるので、
また今度寄り道しようと思います。

 

雨から逃げきれるか!?

カフェを後にして、帰路へ。

夕方からの雨予報だけが心配ですが、
逃げ切って帰ることを強く誓う。

うりゃー!帰るぞー!

菜の花が奇麗だった。

そういえば風の強い日だったわ。
もう神崎川辺りでは、もみくちゃ。
ひどいもんですわ。

川沿いを脱する。
この橋の目印は「フリゴ」だ。

そしていつもの華麗なルート取りで
淀川・城北大橋で帰着。

見るからにアンダー・ザ・曇天ですが、
雨に降られずに帰れました。

あー、良い仕事したわ!!

 

おわりに

五月山から止々呂美林道。
そして妙見口から名もない峠。
雰囲気の良いカフェでのんびり。
充実のサイクリングでしたよ。

働いている場合じゃなかった!
全てが正当化されました。

山手を走っていても、
鮮やかな緑が眩しいくらいで、
春の息吹感がすごかったですね。

良い季節になってきた!

 

今回の軌跡

距離:85.25 km
タイム:3:39:28
平均速度:23.3 kph
高度上昇:922 m



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です