ファンクの名曲「Funkin’ for Jamaica」について

こないだのChaka Khanのライブのときに、
1曲だけなんの曲か思い出せないのがあって。
なんやったかなぁと思いつつ、
そのまま思い出せないことすら忘れて日常を送ってました。

もうそのことすらすっかり忘れてたのに、
なぜかこないだ発作的に思い出したので、備忘録的に書きますw

 

その曲とは…

Tom Browne"Funkin' for Jamaica"


Chaka Khanはライブの中盤でやってて、それはそれはかっこよかった!
あの独特のフレーズ、どっかで聴いたことあると思っててん!

Funkin' For Jamaica


上のYoutubeで聴いた人はお気づきかもしれませんが、
この曲、元々はChaka Khanの歌っている曲ではありません。

ラッパがピャーってなる印象的なイントロに続くのは、
なんとも時代を感じさせる音が奏でるベースライン。
そこからピアノがタラララーンとなると、もうファンク。
Cheryl Lynnの"Got To Be Real"系の香りがしますね。

さて。
この原曲で歌っている女性はToni Smithというシンガー
でも、なんかちょっとChaka Khanにも似た雰囲気はありますね…

これがどういう経緯でChaka Khanのレパートリーになったのかは、
よく分かりませんが、非常にハマった選曲やなぁと思います。

 

ということで、
Chaka Khanが歌っている映像もあります。
最近のライブ映像で、オーディエンスショットです。

やっぱり、違いますね!
ド派手な演奏、パワフルなハイトーンボイス。
Chaka Khanさすが!って感じです。

 

 

Funkin for Jamaica: Best of
Funkin for Jamaica: Best of

 

posted with amazlet at 11.06.06

 

Tom Browne
Camden International (1998-03-16)
売り上げランキング: 26757

 

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

by カエレバ

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です