海を越えた音楽プロジェクト「Playing For Change」 (大和証券グループのCM)

テレビで流れているOtisの"Dock of the Bay"がかっこいい。
Charの姿も見えるあのCMは一体なんなのか。

調べてみるとすぐにわかった。
あの曲は大和証券グループのCM用ではなかった。


あの楽曲は「Playing For Change」というプロジェクトのもので、
文化・宗教・社会的背景を超えて、世界中のミュージシャンが
同じ楽曲を奏でることで繋がることを目指したプロジェクト。

世界中で録音された音源を、最新技術を駆使して、
あたかも一緒に演奏しているような編集にしている。
日本人アーティストではChar、東儀秀樹、福原美穂が参加。
(転載など駆使して作文。)

ということで、音楽で平和を高らかに歌うという、
すばらしいコンセプト、プロジェクトだったわけですね。

肝心の動画ですが、ココでいっぱい見れます。
http://www.daiwatv.jp/group/cm/play.html

 

一応貼り付けておきます。

Dock Of The Bay / Playing For Change

 

このプロジェクト、きっちりCDもリリースされています。
ちゃんとDVDつきなので、映像も楽しめますね。

こっちはミニアルバム仕様で、
日本人アーティスト参加楽曲だけ入ってるバージョン。

ついでに買っちゃおう、Otis Reddingのベスト

Dock Of The Bay / Otis Redding

 
海を越えて、音だけが飛んでいってリアルタイムに共演するって、
なんかハイテクな世の中になりましたねぇ。
 
 
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です