Nothing But The Funk~Reunion Tour 2011.10.10. @ Billboard Live Osaka

見に行ってまいりました。

"Nothing But The Funk~Reunion"

以前にも書いてたけど、ようやく待ちに待ったライブ!
(参照⇒ [沼澤尚] Nothing But The Funk [13CATS])

前に書いてたときとメンバーが変わってたみたいで、
今回のメンバーはこんな感じ。
Nothing But The Funk

Nothing But The Funk :
沼澤尚(Drums)
森俊之(Keyboards)
Raymond McKinley(Bass)
Eddie M(Saxophone/Vocals)
Marvin Thompson(Trombone)
Karl Perazzo(Percussions)
Tim Stewart(Guitar)

いつの間にキーボードに森さん!?
これはうれしい変更でした。

 

"Nothing But The Funk"としては、8年ぶりのライブということで、
今回は"Reunion"と銘打ってのライブでしたが、
それはもう終始Partyでゴキゲンなステージ。

セットリストはこんな感じでした!

 

2011.10.10.
Nothing But The Funk ~REUNION~ Tour @ BBL Osaka

SETLIST :
 Soul Power
 Pass The Peas
 Put It Where You Want It
 Inner City Blues
 Slight Accent
 Funky Stuff

-Encore-
 karl Solo~Dance To The Music~RAMBLIN'

 

James BrownやParliament、
CrusadersやMarvin Gayeなどものすごい選曲!
あのメンバーでこんな曲を演奏して盛り上がらないワケがない!

 

演者側もなによりも身内で楽しんでる感じが伝わってきて、
バンドとしてもすごい良かったと思いました。

さすがアドリブが多いライブやったんで、
内々での合図やったり、いろいろと生の空気感が伝わってきて
"LIVE!!"の醍醐味が詰まってたと思う!

沼澤尚のドラミングはタイトで重くて、
久しぶりに見たけどやっぱりかっこいい!
叩き方がかっちょいいのはもちろんやけど、
フレーズがええね。
引き出しもなんぼほどあんねんってくらい出てくるし。
かなり個性的やけど、やっぱりぼくは好きなドラマーやなぁ。

 

バンドリーダーとしてはEddieM.が仕切っているようで、
バンドへの合図なんかも全部取り仕切ってました。

まるでMaceo Parkerな感じのリーダーっぷりに、
それはもうFUNKファンとしては、見ていて飽きなかったですね。

来年の夏にまたライブするってゆーてました。
実現するならば是非次回も見に行こう!

 

Eddie M
コメント:Nothing But The FunkのバンドリーダーEddie Mのアルバム。

 

 

 

 

13 CATS
コメント:Nothing But The Funkの原点。キャッチーでファンキー。これぞCat Gray。

 

 

 

 

佐藤竹善,コナー・リーブス,リチャード・ジェームス・ペイジ,リー・ライトナー,ネッド・ドヒニー,ボビー・コールドウェル,Cat Gray,ジョン・ロバート・レンジ,エリック・タッグ,ハミッシュ・スチュアート
コメント:ほぼNothing But The Funkを後ろに従えたような布陣でのライブ。すばらしいですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>