Larry Graham & Graham Central Station 来日公演 @ Billboard Live Osaka 2012.11.26.

前回は2010年に来日して、現役バリバリの
"ゴリゴリのファンクベース"を聞かせてくれた
ラリーグラハム(グラハムセントラルステーション)ですが、
今回もそのゴリゴリを聞きに行ってまいりました!

新作「Raise Up」の発売に伴ったツアーですが、
いつもと変わりの無い熱いパフォーマンスでした!

 

会場は前回と同じビルボードライブ!
御大のゴキゲンな写真に出迎えられて。

メンバーも前回とほぼ変わりないと思うんですが、
前回のメンバーを失念してしまった…
でもたぶん一緒でしたw

前回は"マーチングで全員登場"という、奇抜すぎる登場でしたが、
今回は、ラリーグラハム以外のメンバーが先にステージにあがり、
ラリーグラハムを呼び込むというイントロダクション。

そして客席総立ちの中、満を持してラリーグラハムが現れる。
いつものトレードマークの白いジャズベースに真っ白の衣装。
これは「きたー!」ってなるしかない。

 

新作"Raise Up"から演奏された曲もあったけど、
基本的には往年のナンバーを演奏してくれました!

ラリーグラハムの独特の粘りのあるフレーズと、
そのリズムに悶絶のステージでした!

 

とりあえず当日のセットリスト載せておきます。
多分、これであってると思うんやけども。

 

「Larry Graham & Graham Central Station
      @ Billboard Live Osaka 2012.11.26.」

SETLIST :

01. Intro (Thank You)
02. Throw – N – Down The Funk
03. We've Been Waiting
04. It Ain't No Fun To Me
05. It's Alright
06. Raise Up
07. I Can't Stand The Rain
08. Release Yourself
09. Bass Solo
10. One In A Million You
11. Dance To The Music
12. The Jam
13. Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin)

Enc. I Want To Take You Higher

 

GCSの代表曲を中心に濃厚なステージでした!
オープニングソングの"We've Been Waiting"
Funkナンバーの"It's Alright""It Ain't No Fun To Me"
ぼくも大好きな超絶アッパーソングの"Release Yourself"なんかは
やっぱり悶絶でしたね~。

例のごとく"POW"はやらなかったし、
前回は演奏したスライの"If You Want Me to Stay"もやらなかったですね。
"HAIR"とかも普段から演奏せーへんのかな…

 

正直、ライブの内容としては前回のほうがまとまりはあった気はしますが、
今回もファンクベースの開祖として追随を許さないスタイル、
それはどえらいライブであったことも、ココに明言しておきます。
 

ちなみに毎回、ライブ後にサイン会があるんですが、
今回は諸事情で行かなかったんです。

しかし友人がベースを持ち込んでサインを貰って、
写真まで撮ってもらってるのを見て、
それを見ると、やはり握手くらいしてもらっといたら良かったかなぁと思ったw

ラリーグラハム、このままいつまでもベースでブリブリいわせてほしいな!

 

関連動画

Ain't no fun to me ~ It's Alright

Release Yourself

 

関連商品

↓2012年発売の新作。
 Princeやらが参加した豪華なアルバム。

by カエレバ


↓名演"POW"収録の名作。

by カエレバ


↓GCS衝撃の1st。

by カエレバ


↓GCSのベストアルバム。

by カエレバ


↓スライのベスト盤。
 ファンクはここから始まった。

by カエレバ


 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>