Marlena Shaw"WHO IS THIS BITCH, ANYWAY?" REUNION TOUR 2011@Billboard Live Osaka

 Marlena Shaw
 featuring Chuck Rainey, David T. Walker, Larry Nash, Harvey Mason
"WHO IS THIS BITCH, ANYWAY?" REUNION TOUR 2011
[June 29, 2011, Billboard Live Osaka]

2009年の奇跡の豪華メンバーでの来日から、
もう恒例になった高齢によるライブに今年も参加しました!

WHO IS THIS BITCH, ANYWAY? REUNION TOUR 2011

いつものあの完成された気取らない脱力型パフォーマンスに
冒頭から吸い寄せられるように見入ってしまった。

ちなみに去年は正直なんかちょっと気の抜けた感じで、
演奏もあんまり締まってない部分もあったんやけど、
2009年に初めて見たときの衝撃もさることながら
今回のステージは、もうホントにすばらしいステージやった!

巨匠Chuck Raineyはやっぱり死ぬほどカッコイイ。
今回は黄色いXoticのベースを使ってましたが、
音はいつもの感じで、甘い和音を響かせまくってました。
途中MarlenaがChuck Raineyのことを"Sexy"と言ってましたが、
ほんまにSexyなベース。
あんなGroovyで妖艶なベースを生きている間に弾いてみたい。

最近のChuck Raineyのインタビューとかありますよ。 ↓↓↓
http://www.prosoundcommunications.com/tips_main/video/index.html?area=rwv_player&id=136&movie=857

音楽の原点。
「楽しむ」ということを忘れてはならないな。
と、強く感じさせるライブでしたね。

吉岡正晴さんのブログ"ソウル・サーチン"でいろいろ書かれてます。
(セットリストはネタバレになるのでご注意を。)
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10930204999.html

JUGEMテーマ:No Music, No Life

 

ジム・ゴードン,デヴィッド・T.ウォーカー,デニス・バドマイアー,チャック・ドマニコ,チャック・レイニー,ハーヴィー・メイソン,マイク・ラング,マリーナ・ショウ,ラリー・カールトン

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です