【決意表明!?】「奄美大島チャレンジサイクリング240k」に参加します!

事の始まりは突然に

今年、最後のイベントとして、
「奄美チャレンジサイクリング240km」に、
参加することになりました!

ぼくが後から見てニタニタできるように、
少し細かい話を書いておきましょう。

事の発端…と言うワケではないのですが、
ひとつのキッカケとして、
夏ごろに一度こんな話が浮上しました。

「美ら島オキナワセンチュリーラン」に出よう!

これは家族旅行を兼ねて、
義父と一緒に参戦しよう!という話だったんですが、
後日、義父より「やっぱやめとく」と返事があり、
悲しいかな、お流れになってしまいました。

しかし一度そんな話が出てしまうと、
南国を走りたい気持ちだけが残ってしまい、
届かぬ南の島に想いをはせる毎日・・・

そんな時にふと目に入ったのが、
「奄美チャレンジサイクリング」という、
奄美大島を走るサイクリングイベントでした。

こ、これは…

モーレツに出たい!!

どうにかならんものか…。
とりあえず一人ではイヤなので、
道連れを手配しよう。
うん、そうしよう。

 

仲間をそそのかしてみる

ちょうどそんな時に、
daiconさんと顔を合わせる機会があったので、
このイベントの話をしてみると、
半年くらいまともに自転車に乗ってないのに(失敬
意外と乗り気な感じ!

そのまま話がサクサク進みまして、
まずdaiconさんから参加表明をGET

人をけしかけてる場合ではありません。
ぼく自身が参加できるかどうかは、
ウルトラ超級山岳である”家族峠”を、
越えられるか否かによるのです!

事を慎重に進めていました。
ビビりながら遠征申請をしてみると、
南の島欠乏症候群のぼくを見かねていたのか、
嫁から快諾を得ることができました
もうありがとうしか言えない!!
案ずるより産むがやすしきよし!

順調に2人の参加が決まってしまいました。
こうなれば”彼”を誘わぬわけにはいきません!

ということで、
ななしきさんに声をかけてみたところ、
まんまと参加してくれることになり、
今回のメンバーが揃いました。
やったぜ!

この辺の話がななしきさんのブログに
紹介されていましたー

 

厳しい大会の難易度!

前置きが長くなってしまいましたが、
今回の本題はコレでございます。

奄美、超絶厳しいんです!

 

大会の概要

ざっくりとまとめてみると、
こんな感じでございます。

大会名 奄美大島チャレンジサイクリング240K
開催日 2017年12月10日(日)
競技種目 ◎奄美大島一周コース[240km]
制限時間:13時間
◎奄美ハーフコース[160km]
制限時間:10時間
◎シーサイドコース[90km]
制限時間:7時間
◎ノースラウンドコース[50km]
制限時間:5時間
企画運営 パワースポーツ

運営はMTBイベントで有名な、
「SDA王滝」を運営しているところなんですね。
厳しくて有名だもんなぁ王滝。(←フラグ)

制限時間がタイト!

コースが240km/160km90km/50kmとある中で、
今回参加するのは「240kmコース」

ルートラボにGPSデータがあったので、
参考にさせてもらおう。

トンネルがいくつかあるので、
多少の誤差もあるかとは思いますが、
「獲得標高3200m」というのは、
なかなか登ってくれるやないですか…

正直、距離的な部分では問題ないんですが、
一番恐ろしいのは、その制限時間です。

240kmを13時間で走る!

走れる人からすれば、
特になんともない時間かもしれませんが、
普段の自分の走りから考えると、
こりゃ「かなり厳しい条件」なのです!

制限時間は各関門ごとに設けられていて、
240kmコースだとゴールまでに3か所、
設置されています。

各関門の制限時間はこんな感じです。
グロススピードは出発地点からの換算です。

関門 距離 時間 グロススピード
第1関門 本茶峠下(約107km) スタート後5時間(11:00) 21.4km/h
第2関門 瀬戸内町・海の駅(約153km) スタート後8時間(14:00) 19.1km/h
第3関門 名音漁港(約210km) スタート後11時間(17:00) 19.0km/h
フィニッシュ 奄美市・名瀬運動公園 スタート後13時間(19:00) 18.4km/h

求められるグロススピードは徐々に下がりますが、
最初の107km地点では「21.4km/h」という、
ウソみたいな数字になってます。

ブルベの制限時間が15km/h設定なので、
それと比較すると・・・
あれ、何故か脚が震えてきちゃうよ…

実際、240kmくらいの距離を走ってきて、
グロス18.4km/hで走り終えた経験もないので、
これは明らかな「チャレンジ」なのです!
(あ、だから「チャレンジサイクリング」!?)

というわけで、
今年最後の大きな目標ができました。

240kmを時間内完走する!!!

やるしかないぞー。
がんばるぞー。

 

少しお金の話

後の情報になるように、
気になる必要経費のことを書きましょう。

今回の経費はズボリこれだ!!

これが奄美遠征の経費だ!
用途 備考 費用
エントリー代 240kmコース 10,500円
JAL(大阪⇔奄美) 往復/ウルトラ先得 14,800円
ホテル(2泊3日) 素泊まり 9,300円

食費などは含まれていませんが、
行って泊まって帰ってきて…で「3.5万円」

奄美大島へ行ってイベントに参加する!
っていうところで考えると、
意外と安く済むなぁという感じでした。
この辺のコストも参加の決め手になりました。

JALのウルトラ先得が安い。
シーズンオフのフライトをありがとう。

事前に自転車を送る場合は、
これに加えて配送費がかかります。
おそらく人間の交通費よりも、
自転車の配送費のほうが高いので、
その辺りはお財布と相談しないとですね…

[ロードバイク配送] ヤマト便を使ってロードバイクを送ってみた!

2014.08.20

 

身体に不調が出た!

9月頃にエントリーを決めて、
ここ数か月は「奄美完走!」を目標に、
がんばって走っていました。

先週は大台ケ原に行く予定で、
惜しくも雨で流れてしまったんですが、
走りに出られなかったのには、
別のワケがあったのです。

股関節がラリった。

あ。ちょっと言葉のチョイスが…。

週末を前にして、
急に脚に痛みを覚えたので、
自転車には乗らず大人しくしていました。

整形外科で見てもらったところ、
骨には異常がなかったので、
「関節炎」ではないかという診断でした。

それで済めば良いのですが、
なんかちょっと違う症状も出ている気がして…。
治りが遅ければセカンドオピニオンかなーとか、
色々考えていますが、
大事なイベントを前に心配事が出てきました。

ちゃんと完走できるのか!?
その前に脚は治るのか!?

ということで、
自分のことながら、なかなかの波乱で、
今後の展開が楽しみですね~。

参考リンク:

 



2 件のコメント

  • こんにちは。
    奄美大島一周ですか?万全な体調での楽しい完走を祈念致します。(拝)
    私事。昨日、ちょっとヤボ用で高野山の奥の院にお参りして来ました。
    行き帰りの道すがら(京奈和道~R480)、意外と多くのロードバイクの方々と行き違いました。
    我々軟弱な体質では思いもよらないほど皆さんパワフルに登坂(勾配5~8%以上?)にはビックリするやら脱帽です。

    • どうも、こんにちは。
      脚の調子が不安ですが、がんばって走ってきます!
      高野山は自転車のメッカですからね~。(←行ったことないですけどw

      坂も繰り返し走れば意外と慣れる・・・のかな?^_^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です