自作カメラストラップ!

自作カメラストラップ!

だいぶ前に「”Fenderのカメラストラップ”がかっこいい」
という話をここでも書きましたが、
作ろうと思いつつ、忙しくてなかなか手が出せず…。

でもこの「忙しい」を言い訳にするのはよくないです。
これはズルイ大人の言い訳です。

I Hate ズルイ大人!!
Sharan Qはズルイオンナ!!

『ギターストラップからカメラストラップを作ろう!』

まずデザインですが、ここはもちろん、
「Fenderのギターストラップを使う!」というアイデアを
丸パクリするところから始めることに。

だいたい安く買うと1680円とかで入手できます。
超ベタなものなので楽器屋に行けばだいたいあります。
わけわからんメーカーのストラップを使うのはやめましょう。
なんとなくダサいです。

楽器屋は高いところも多いので、、
ネットのほうがラクに安く買えるかもしれないですね。
今回使用したのはFenderのモノグラムストラップ。

ぼくは「赤/黒」を選びましたが、他にも色々あります。
fender カメラストラップ

手元にあった純正のCanonストラップと比べてみると…

Canon純正は”首提げ仕様”なので60cmほど。
“肩かけ仕様”のストラップの場合は100cm前後が目安。
フェンダーのギターストラップは”約107~約195cm”。
一番短くして、カメラストラップとしては少し長いかな?くらいの状態。
長さ調節が可能なので30cmほど切れば良いのではないかと思われます。

思い切って切断。
ちなみにぼくは間違って切りすぎました。
(間違って半分にしてしまったw)

後は東急ハンズで革の”はぎれ”を入手。
張り合わせて、カメラにつけるヒモとともに接着。
革の加工用品のない人は丈夫な布などでいけると思います。

簡単な手順としては、
1.カメラヒモ(Canon純正のやつから拝借)と、
 Fenderストラップを縫う。
2.革で先端部分を切り出して張り合わせます。
 ボンドを使用して圧着。
3.接着した革を縫い合わせます。
4.カシメをつけます。

これだけすればかなり丈夫な感じです。
ドシロートですが、なんかええ感じになりました。

ふふふ。
かっこええではないか。

JUGEMテーマ:CANON キヤノン カメラ

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です