名峠「浮峠」を走る!午前縛りで走る、能勢の峠満喫ツーリング!!

はじめに

最近催されていなかったんですが、
今回久しぶりに「午前縛りライド」をしてきました。
もちろん同行いただくのはロゼさん。

「午前縛りライド」は、
冬に三田方面に行って以来かな?

今回は"丸投げ企画"ということで、
ルートはロゼさんに全てお任せして、
能勢方面を走ってまいりました!

しかし、暑かった~!!

 

汗だくの午前5時

おはようございます。
なんとか3時半に起きて、身支度をする。
これぞ午前縛りライドの醍醐味!(白目)

急いで準備をして4時に家を出発しました。

DSC06450

いくら日が長くなったとは言え、
こんな時間はまだまだ暗い道中なので、
久しぶりにVOLT1600を着けて走りました。

しかも新しいマウントを導入!
途中でへし折れないか心配だ!

DSC06452

真っ暗の淀川を越えます。

DSC06453

内環を北上していきますが、
ひとつだけ言いたいことがあります。

クソ暑い

下世話にも"クソ"を冠してしまうほどの蒸し暑さ。
サウナのような居心地でした。

DSC06454

めざせ川西!!

DSC06455

待ち合わせ5時ピッタリに到着。
達郎風に言えば、Ride , On Timeです(意味不明)

必死に走ってきたので、汗だくの極みです。
「水浴びてきたみたい」と言われるほどの汗。
もう夏やでな!

DSC06456

というわけで、
いよいよここから午前縛りライドの本番スタート!

DSC06457

 

登りだらけの能勢行脚

ガっと走って多田神社の前を通る道へ。
普段走らない道なので、
序盤からどこを走っているのか分からないぞ…

DSC06459

のっけから住宅地の坂を登りまくって、
一体、どこに向かっているんだろうか・・・。

DSC06460

新名神の関係で新しくできた道を走りました。
とても走りやすい舗装でございました。

DSC06461

気が付けばR173に出てきて、
そこからはR477で能勢方面に進みます。

DSC06462

「この道、あんまり好きじゃないですね。」と、
二人とも意見が一致するR477の北上パターン。
でも今日は久しぶりだからiinoyo。

途中で雨が降ってきたので、
コンビニで雨宿り&休憩タイムにしました。

DSC06463

通り雨が過ぎた後は、引き続きR477。

北上していくときは登り基調の道なので、
食らいついて行かないと置いて行かれるの図。

DSC06464

妙見のケーブル黒川駅を越えて、
あっさりとした「大槌峠」を通過して行きました。

DSC06465

この時は目の前の雲を見て、
「今日は一日小雨かな」とか思ってましたが、
天気が悪かったのは、この時くらいでしたね。

DSC06466

倉垣橋からR477を離れ、R732へ。
「逢坂峠」を越えて能勢方面に向かいました。

めちゃくちゃ久しぶりに走ったなぁ、ここ。

DSC06467

R173のコンビニで小休憩。
この時、既にかなり暑さを感じておりまして、
「ショートカットしません?」とか言ってしまう、
ヘタレっぷりを発揮してしまいましたよ…。

しかし、今回の醍醐味はここからなのでございます!

DSC06468

 

浮峠・はらがたわ峠を走る!

R173のファミマのほど近くにある「浮峠」
その名前こそたまに目にしていましたが、
実際あんまり通る機会もない場所だったので、
今回は念願だったのです!

ということで、
しばらく走ったところにある小さな脇道を入ります。

道に入った途端に、
道端の蛙が2匹ほどピョンピョンしてました。

DSC06470

道の真ん中が苔むしている狭い林道。
猪名川の「くろまんぷ」の辺りを彷彿とさせる、
静かな道のりです。

DSC06471

特になにもない小さな峠。
なんともいえない素朴さがありました。

どこかへ出る近道でもなければ、
近くに何があるわけでもない立地なので、
なかなか通る機会がなかった道でしたが、
「浮峠」、評判通りおもしろい峠でした。

DSC06475

小さな峠はあっさりとおしまい。
民家を抜けて再びR173へ戻ります。

DSC06476

R173なんか走ってて何もおもしろくないので、
すぐに道を逸れて「はらがたわ峠」へ向かいます。

DSC06478

DSC06479

キャンプ場を越えると、
道の雰囲気がガラリと変わってきます。
久しぶりに来たけど、ここも大好きな峠道。

DSC06480

DSC06482

木々の中を登る九十九折。
少し怖いような雰囲気もあるんで、
最近は一人では走らない道だったりします…

DSC06484

DSC06485

R173のトンネルを上から越えるので、
峠道らしく登坂区間が続く道のりですね。

DSC06487

ということで、
はらがたわ峠も無事に登坂完了。

DSC06489

峠を下ると、再びR173に出ます。
少し北上して、R601を走り"後川"を目指します。

DSC06490

もはやテッパンルートと呼びたいこの道。
大好きな後川に至る道なのですが、
道の雰囲気はもちろん、西進すると下り基調で最高。

DSC06491

躍動感。

DSC06492

そして篭坊温泉を抜けていきます。

DSC06493

DSC06495

DSC06496

本当にここは気持ちのいい道ですね。

DSC06499

というわけで、
「ドライブイン後川」で休憩となりました。
ここは毎年ツバメが巣を作っているんですが、
今年もバッチリ巣があって、
周りを忙しく飛び回ってました。

DSC06500

ここで「ウン○がしたい」とワガママを言うぼくに、
優しくコンビニ行きを提案してくれるロゼ氏。
ジェントルメン。

ここからは時間の都合もあるので、
川西方面へ南下することになりました。

 

西峠からラスボス西谷へ

というわけで、
西峠は気合で登坂完了。

DSC06501

下り基調の道はロゼさんの強い牽きで、
後ろなのに着いて行くのが精いっぱいという…

途中でコンビニ寄ってもらった後、
「少し遠回りしません?」というロゼさんの提案。
「もうヘロヘロなんで、あんまり登ったりしないなら!」
という消極的な条件を元に、
R12を逸れて走ることにしました。

ということで、R319を三田方面へ。

DSC06502

この名もなき峠は地味にキツイ。
誰か立派な名前を付けてあげてほしい。

DSC06503

DSC06504

そしてR33で西谷方面へ南下します。

この辺りで「遠回りの道」の実態に気が付くぼく。
ぼくの知っている道のりだとすれば、
結構キツイルートのはずです・・・。

DSC06505

ぼく:「あれ?この道めっちゃ登りますよね?」
ロゼさん:「そうですか?平坦のイメージですけど。」

そんなやり取りの後、
西谷を抜けて件のルートに出てみると・・・

ずっと登ってるやないかーい!

ロゼさんも記憶の中では「平坦」だと
思い込んでたらしいんですが、
まさかの登り基調のラスボスルート。

最後の最後にキツイ道のりだ…
ラスボス西谷にメチャクソにヤラれました。
西谷め、しばらく寄りつかないからな…。

DSC06506

厳しい区間を経て、
後はR325で多田の辺りまで下るだけです。

DSC06507

途中で野菜の直売所を発見。
次来るときは大きめのサドルバッグを用意しないと!

DSC06510

その辺の自販機で最後の休憩。

DSC06509

ちょうど100km地点でした。
距離のワリに、やたらに疲れました・・・

DSC06511

少ししてからロゼさんとはお別れ。
今日はルート設定などの諸々、
ありがとうございましたー!

さて、後は帰るだけの道のりです。
1人で猪名川沿いを走って大阪方面へ。

DSC06513

陽を遮るもののない川沿いは灼熱でした。
猪名川は向かい風だったのもあり、辛かったなー。

DSC06514

神崎川から逸れた辺りで水を買って、
頭から水を被るという、真夏の儀式へ。
熱中症まったなしの季節だよ・・・

DSC06515

今回も無事に午前中に帰着。
久しぶりの午前縛りライドでしたが、
充実した時間になりました!

DSC06516

 

おわりに

なんと言っても、暑かった…。
忘れていた夏の空気を思い出す、
そんな汗だくのツーリングとなりました。

今回はロゼさんの思惑通り、
久しぶりに通る道が多かったので、
新鮮な感じで楽しかったですね。​

念願の浮峠だけではなくて、
大槌峠・逢阪峠・はらがたわ峠・西峠と、
なんやかんやで峠をたくさん越えました。

能勢のあたりは走りやすいし、
風情のある峠もたくさんあるので、
本当に走っていて楽しい場所ですね。

途中の後川の辺りは大好きな所で、
ここからR37で三田へ行くのも良し、
永沢寺へ登るのも良し、
西峠、もしくは篠山へ行くのもよし、
という他へ続く道があるのも好きな理由。

しかし夏の走り方を考えないと、
今年も暑さにヤラレそうだな・・・

 

今回の軌跡

距離:132.84 km
時間:5:26:25
平均速度:24.4 kph
高度上昇:1,532 m

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です