Tower of Powerのシンガー”Larry Braggs”が年内でバンド脱退!

先日、タワーオブパワーの東京公演が無事に終了。
今回は関西圏での公演はなく、非常に悔しい日程でした。
(関連記事→ 2013年7月にTower Of Power来日、単独ツアー決定!

TOPホーンセクション


今回はベースのロッコプレスティアが体調不良で不参加。
代わりにレイモンドマッキンリーが参加したというので、
それはそれでベーシストとしては興味深い話。

レイモンドは佐藤竹善バンドなどにも参加してたベーシストで、
沼澤尚率いる"Nothing But The Funk"のメンバーでもおなじみ。
ロッコとはかなりスタイルが違うので、どんな感じに仕上がってたんだろうか…

 

セットリストや、当日の様子などは、
吉岡正晴さんのソウルサーチンにて、
東京公演のレポートが出ていたので、早速拝見した。

◎タワー・オブ・パワー~ファンク爆発~セットリスト付き
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11583346737.html


そこに驚愕の事実が書かれていたんですが、
なんとTOPのシンガー"Larry Braggs"が今年いっぱいで脱退するらしい。
脱退後はソロ活動に専念するということらしい。

Larry Braggs


個人的にはTOP歴代シンガーでは
ダントツのフェイバリットシンガーだったので、
今回のニュースは残念でなりませんね。

ボーカルは公募中らしいです。
腕のある方、一回応募してみては?w
www.towerofpower.com/new_singer.html


脱退までにもう一度来日できるのかな…
厳しいやろなぁ。

ロッコの体調不良も心配。
ロッコもラリーもいないTOPはちょっと考えにくいなぁ。

 

 

関連記事:

T.O.Pの実力派ソウルボーカリストのカバー作!「Larry Braggs "Jus' Sangin'"」
ファンクバンドはライブが最高!Tower Of Power @ Billboard Live Osaka 2012.9.10.
 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>