【絶品のハンバーガーを食す!】チームの走り納め修行グルメライドを走る!

はじめに

daiconさん率いるチーム「Team Gourmet Ride(以下、TGR)」
わたくし、そこに所属をさせていただいておりまして、
今まで「フレッシュ」「鈴鹿エンデューロ」など、
チーム員として参加をさせてもらってました。
(後はどれがチーム活動なのかしっかり把握できてない…)

そんなTGRの忘年会ライドがあるというので、
嬉々として参加をしてまいりました。

 

もう2年以上前になると思うんですが、
daiconさんからこのブログを通じて、
こう教えてもらったことがありました。

「エスケールというパン屋さんが美味しいですよ」

そこから行こうと思っては道を間違えたり、
そもそもあんまり走らない道だったりして、
機会を逃してしまうこの数年間でしたが、
今回、念願の初訪問となりました!


さて。
​ライドの前夜、daiconさんから連絡がありました。
簡単に書くと内容としてはこんな感じ。

「明日集合までに勝尾寺~箕面川ダム走ろうぜ!」

マムートンさん、daiconさんとで、
7時半からチームの集合時間の"9時まで"に、
山を登ってから合流しよう!
という話になっているようでした。

最近、体調が万全でないので、
このお誘いは断ろうかと思ったんですが、
なんせ朝起きるのは得意なので、
顔だけでも出そうかと思って行ってきました。

まさかあんな恐ろしい事件が、
目の前で起きることになろうとは・・・!

 

序章スタート!

ということで、
朝早いと言っても6時を過ぎてからの出発。
「いつもに比べたら遅いくらいやん。」と、
少しでも思ってしまった自分に嫌悪感を抱く朝。

dsc01578

いつも通り、淀川を越えて内環を北上して行きます。

dsc01579

しばらくすると夜明け。
明るい時間に走るのは良いことですね。

dsc01580

阪急千里線沿いを走って、
箕面方面を目指して登り基調の道を走ります。

dsc01581

約1時間で勝尾寺の近くに到着しました。
近いようで、やっぱり遠い勝尾寺。

dsc01582

マムートンさんとは無事にコンビニで合流。
そこからは色々とありましてー、
ごにょごにょごにょ・・・。

「8時前」にdaiconさんと合流して、スタート!
いざ、勝尾寺へ!

dsc01583

dsc01586

久しぶりに登る勝尾寺。

特に後半は必死で登っていたんですが、
「これくらいだと会話しながら走れるから良いですね♪」
という謎の発言をするマムさん。
いや、わたくし先ほどからずっと必死です…。

そして、よくあるこの光景。
光の中に消えてゆく、かっこいいマムさん。
いってらっしゃいませ。

dsc01587

なんとか登りきれました。
でもなぜか予定より時間がないので、
急いで次の「箕面川ダム」を目指して走ります。

dsc01588

少し下ったところにある気温計は「2℃」の表示。
もはや氷点下じゃなければ余裕。

箕面川ダムは勝尾寺からすぐ近くにあります。
高山へ向かうトンネル手前を左に曲がれば、
その激悪な坂が待ち受けているのです。

dsc01589

そういやこのあたりで、
猿の群れに囲まれたことがありましてね…

dsc01590

いよいよ箕面川ダムのヒルクライムですが、
写真なんかございませんです。
察してください。

というわけで、ここがピークです。
ここからは五月山を経由して川西へ下ります。

こちらから走ると五月山は下り基調になりますが、
路面が悪い箇所が結構あるので、
注意しながら走りました。
(最近、この区間での落車事故が多いらしいですよ。)

dsc01591

 

本当のハプニング勃発!

そして川西側の展望スポット、「秀望台」に到着。
裏から走るとあっという間の五月山です。
ここで小休憩をしました。

dsc01594

奥に見えるのが、マムートンさんのバイク。
白いTTバイクです。
あれがこの写真を撮った10秒後くらいに、
僕らとは反対側に倒れます。

「ああああああ!」

人間、驚いたときのリアクションはこんなもんです。
視界から消える白いTTバイク。
ゆっくりと、そして確実に奈落の底へ。

がっしゃーん。

ちょっとした人の不幸なら、
腹を抱えて笑うような卑しい僕ですが、
さすがにこれには焦る焦るの緊急事態。
えらいこっちゃ。

文字だけでは分かり辛いので、
TTバイク落下事案の超高精細図解を用意しました。
これで一目瞭然でしょう。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ただ奈落と思われていた場所は、
「1.5mくらいの落差」で、手前のほうは意外と浅く、
はるか崖下…というわけではない事実にまず一安心。

とはいえ、
1.5mも上から自転車が落ちるなんてことになると、
これはもう十二分に一大事です。

すぐさま自転車を救い出し、
こぼれ落ちたボトルなどを回収します。

自転車の動作確認をしてみますが、
肝要のディレイラーも問題なさそう、
ボディにも大きな傷もなさそうでした…
TTバーの先端に土がついていて、
角度が少し歪んでいるくらいでした。

おそらくTTバーがクッション代わりになって、
本体へのショックを和らげたのでしょう。
自転車は問題なさそう!
なんという不幸中の幸い…。

あまりのことに写真も撮ってなかったので、
「あーブログ用の写真撮り忘れちゃいましたわーw」
冗談で言ってたら、
「ほんまですよ!貴重な思い出やのに。
写真撮っといて欲しかったー!」

と余裕なマムートンさんなのでした。
器のデカサよ…。
(その後、自転車大丈夫ですか??)

あー、本当に驚きの光景やった…。

 

チームライドスタート!

チームの集合場所へ合流します。
しかし初めてこんな人数で集まったなぁ。

そして僕のガーミンはここでフリーズをして、
勝尾寺~五月山をなかったことにしやがりました。
帰ったら説教。

dsc01595

それではチームライドのスタートです。

半分くらいでグループを作るような感じで、
川西・宝塚を抜けて、生瀬のあたりまでやってきました。

前を走るのは、
うどんライドでもお世話になった"ななしきさん"。
今回もブロンプトンでの参戦でした。

dsc01597

そしてここからが本日の難所、「蓬莱峡」です。
どうだ、この勇ましいブロンプトンの後ろ姿。

dsc01599

いざ登坂開始。
誰も前へ行かないので、先頭に出てみると、
クライマーのKさん、マムさんが後ろについて、
そこから二人に煽られるように登りました。

最後は完全にヘタレてしまいまして、
お二人とも後方から発射して飛んで行きました。
あれ?今日は修行ライドかなんかですか??

dsc01600

船坂から西宮山口のほうへダウンヒル。

dsc01601

そしてようやく念願の「エスケール」へ到着しました!
バイクラックもありました。最高。

dsc01602

ハンバーガー、絶品だった!

もう入り口からテンションがあがります。
1Fはパン屋さん、2Fがカフェになっていました。

dsc01603

ハンバーガー以外にもランチは色々あって、
しかもどれもおいしそう!

dsc01604

ただ今回は念願だった「ハンバーガー」を食べる!
さすがパン屋さんだけあって、
バンズも数種類から選べたりして。
迷った挙句、ベーコンチーズバーガーにしました。

dsc01608

これ、間違いないやつや!

今まで食べたハンバーガーの中で、
いちばんうまい!!

みんなそれぞれ好きなハンバーガーを頼んで、
並べてみると、この破壊力。
もはや笑みしか浮かびません。

dsc01607

Kさんはナポリタンランチ。
これもめっちゃうまそう!!

dsc01606

ということで、
ランチタイムは美味しい楽しい大好きという、
ドリカム的な何かでした。
本当に念願だったハンバーガーはクソ美味。
来年もまた食べに来るぞ!!

 

帰りもボロボロに!?

さて、楽しい楽しいランチタイムは終了です。
今回はエスケールが折り返しになりますので、
ここからは来た道を引き返していきます。
あー帰るのがめんどくさい。

金仙寺湖の橋が工事中で走りにくかった…

dsc01609

さっき下ってきた道を、せっせと登って、
蓬莱峡をダウンヒルしていきます。

dsc01610

ここで後方を走っていた、ななしきさんがパンク。
後輪がパンクしたみたいなんですが、
ブロンプトンは、その辺ややこしいみたいで、
最寄駅から輪行で離脱されるとのこと。
一旦、ここで解散となりました。

Kさん、マムさんとぼくは、
往路とは違う道で帰ることにしていましたので、
そのまま3人で帰路へ向かいます。

久しぶりに見る、この「上り急勾配」の看板。

dsc01613

車通りの多いR176を避けて、
十万辻をヒルクライムして帰ろうという魂胆です。

急勾配と言っても最初だけさ!(強がり)

dsc01614

結構ダラダラと距離のある峠なんですが、
「ゆっくり走りましょうね!」ってあれほど言ってたのに、
Kさんの牽引は、もう着いて行くのがやっとのペース。
しんどすぎます・・・

わたしは完全にデガラシと化しました。
僕以外の二人がなんかおかしいんだ・・・。

dsc01616

ここからは多田のほうへダウンヒル。
途中でKさんとはお別れをして、
マムさんと二人で川沿いルートで帰りました。

dsc01617

川沿いのルートは平坦だし、
後は流して帰れば良いと思っていました。
しかし、現実はそう甘くはなかったのです。

・写真も撮れなかった。
・帰ってSTRAVAを見たら、
 なぜかセグメントが"PRだらけ"だった。

とだけ書いておきます。

気がつけば淀川でした。
思っていたよりも30分早く着きました。
TTバイクの後ろ姿しか記憶にないのは、
なんでなんかなー(白目)

マムさんとはここでお別れ。
鬼牽き、ありがとうございました!

dsc01618

久しぶりにデガラシライドになりましたが、
いろいろあって楽しかったなぁ。
また来年もチームライド、よろしくお願いします!

 

おわりに

もうあの自転車滑落事件を忘れるくらい(失礼)、
エスケールのハンバーガーが美味しかったのと、
全然話が違う「市中引きずり回しの刑」でした。
久しぶりに元気が全部なくなりました・・・

今年は「TGR」のおかげで、
変化に富んだ一年だったと言っても、
少しも過言ではありませんです。
本当に本当にお世話になりました。

一年前、知らなかった人たちと、
こうして楽しく走れるって言うのは、
やっぱり感慨深いですね。

あんまり書くと年末に書くことがなくなるので、
この辺にしときます。

リーダーを始め、チームのみなさま、
来年もよろしくお願いします。

 

今回の軌跡

実は走行中にGarmin Edgeがフリーズしまして、
その前に走っていた区間のデータ、
(勝尾寺~五月山~川西~宝塚まで)が、
なぜかスッポリと抜け落ちてしまいました。
ほんまになんでやねん…。

全く意味が分からないんですが、
あんなに辛い思いしたのに、
記録が全然残らないっていうのは、
ちょっと悲しすぎるぞ。


距離: 85.64 km
平均速度: 22.2 kph
カロリー: 1,771 C
時間: 3:51:54
高度上昇: 1,216 m
平均気温: 7.1 °C

 

スポンサーリンク

2 Responses

  1. Tommy より:

    箕面川からあとのコースは、私の行動範囲なので、状況が目に浮かびます。 ^^

    蓬莱峡をミニベロで上ってちゃうなんて、剛脚過ぎてビビりました。 (><)

    • だるま より:

      五月山は川西側から登るほうが良いですね。
      箕面川ダムの坂は情緒の無い激坂で好きになれません・・・

      ななしき氏は600kmのブルベとか走れる人なので、
      やっぱりなんか根本的に違うんだと思います(笑)

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です