コスパ最強耐寒グローブ!?「防寒テムレス」を試してみました!

はじめに

先日の「厳寒伊勢未遂ライド」の際に、
終始、氷点下という厳しい条件の中で走り、
冬に快適に走るために装備について、
考えさせられる良い機会となりました。

前にも一度書きましたが、
どうしても「手足の末端部分」が寒くて、
いろいろと対策を講じてきました。

詳しくは先日のコレにも書いています↓

実はこの上記のウェアの見直しで、
防寒性能はかなり改善されました。
もうこの冬はこれで大丈夫!

そんなとき、「防寒テムレス」という
作業用グローブの存在を知りました。
人間、好奇心を忘れたら終わりです。

「これ一回試してみたい!」

新たな防寒アイテムを入手したのでした。

 

テムレスってなに!?

ところで「テムレス」ってなに?
よく分からないので、早速調べてみました。

ショーワグローブ(株) – 防寒テムレス
http://www.showaglove.co.jp/product/detail/professional/457

テムレスはショーワグローブの登録商標のようで、
所謂、従来の作業用グローブと比較して、
防水性・透湿性などに長けた性能を持っているらしい。

無題
↑リーフレットより

なるほど"高機能作業グローブ"なんですね。
冒頭で書いた「防寒テムレス」というのは、
そのテムレスの派生バージョン、
防寒タイプのテムレスこと「防寒テムレス」なのでした!
ど、どやー!

 

「防寒テムレス」購入!

というわけで、早速入手しました。
amazonで購入したらすぐに届きました。

作業用グローブ感がスゴイ。

DSC01873

「-60℃でも柔軟性を保つ!」という触れこみ。

パッケージ裏を見てみると、
その用途の数々が記載されていますが、
どれも寒そうな作業ばかり!
これは期待が持てます。

DSC01874

開封してみました。
さらに高まる作業手袋感。

DSC01875

しかもヤケにロゴがかっこいい。

DSC01876

防寒テムレスの特徴である「裏起毛」
もっとしっかりとした起毛素材なのかと思いましたが、
ベルクロとかにめちゃくちゃ弱そうな質感のやつでした。

DSC01877

「透湿性が高い」と謳われていますが、
やはり長時間の着用や着け心地なんかを考えると、
インナーグローブの併用がベストかと思います。

モンベルのメリノウールと合わせて使うことにしました。

DSC01879

試しに着用してみました。

「思ってたよりも柔軟性が高くて、指が動きやすい!」

ジューダスプリースト的な何かもできる。

DSC01878

もちろん作業用なのでグリップなんかも抜群。

ちなみにサイズに関してですが、
普段はサイクルグローブもLサイズを着用していますが
テムレスのLサイズは少し大きめ。
ただこれはちょっと緩めのほうが良いのかもしれない。

作業用手袋なので、手首のあたりはガバガバです。
気になる人は何か対策をして使ったほうが良いかも。

DSC01880

 

浅すぎる感想

先日の「三田・能勢モーニングライド」の際に、
このグローブを着けて走ってきました。
1回しか使用してないという「浅いインプレ」

130kmのライドで、
「平均気温-1℃、最低気温-6℃」でした。
絶好のコンディション!?

メリノインナーグローブとの組み合わせで、
使用してみた感想を、少しだけ書いておきます。

DSC01924

最初はインナーグローブとテムレスの組み合わせで、
走り始めましたが、-3℃で使用していると、
指先が痛くなり始めてしまいました。

「さほど暖かくないなぁ」と言う第一印象でしたが、
途中でインナーグローブにカイロを貼り付けて、
使用することにしました。

カイロを貼付して以降はパフォーマンスがグンと上がり、
保温性に長けているのか分かりませんが、
その後に、指先が痛くなるようなこともなく、
"最低気温-6℃"の状況下でも、
非常に快適に走ることができました。
カイロ併用がオススメ。

グリップも良く、レバー操作にも不満がなく、
インナーグローブのおかげか着け心地も良好。
防寒グローブの機能としては優秀!


もちろんデメリットを感じる部分もありました。

手袋自体は柔軟性がある素材なんですが、
指先が丸くて、細かい作業には明らかに不向きです。
バックポケットにあるものを取り出したり、
そういう指先の作業がかなり苦手です。

これは素材のせいでもあって、
ジャージに触れても滑らないので、
ポケットに手を入れること自体が難しく感じました。

ただタイトさには無縁なおかげで、
着脱は楽なので、必要なときにパっと外せます。
これはちょっとした救いかもしれません。

後は、当たり前なんですが、
鼻水を拭ったりできないとか、
些細な部分ですが、使いにくさを感じました。
スポーツ用じゃないので仕方ないです。

帰りに気温が上がってきた時間帯は、
ムレる感じがありましたので、
気温が上がってくるようなときには、
あんまり向いてないかもしれません。

そんなこんなを色々書きましたが、
なんと言っても最大のデメリットはこれ。

グローブのルックス!!
s-file_2204

こんなものは買う時点で分かってる話ですが、
着けている自分には分かりにくい部分だったりします。
"かなりの存在感"を出しているみたいです。
青いバイクに乗ってる人だと違和感少な目かもですね。

 

まとめ

一応、真面目に色々と書いてみましたが、
メリット/デメリットはこんな感じでしょうか。

メリット
  • とにかく安い
  • レバーの操作性は良い
  • 着脱がしやすい
  • 高い防水性
デメリット
  • ルックスが個性的過ぎる
  • 細かい作業は不得手
  • タイトさはない
  • ムレやすい気がする

 

正直、かなり使えるグローブだと思いました。
実売1,300円ほどで、このパフォーマンス!

冬のクソ寒い日に使用するのならば、
選択肢に入れても良いグローブです。

後、防水性に長けたグローブなので、
もし雨の中を走る機会があるならば、
結構強い味方になりそうな気がします。

何と言ってもコストが安く済むので、
厳寒期向けのグローブが、
高すぎて躊躇しているような人がいたら、
一度試してみてほしいです。

これ、"ダサいけど"使えますよ!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です