グループライドで行く!六甲山ヒルクライムの後に絶品ハンバーガーを食べるライド!!

はじめに

連休の最終日。
某グループライドにお誘いを頂いたので、
恐縮ながら参加させてもらうことにしました。

実はこのグループライドは念願でした。
何故なら「軍曹プロペルさん」が発起人なのです。
もう1年以上前のことですが、
「暴風の淡路島ライド」で、ご一緒して以来です。
あの体力がゼロになってもケツを叩かれる感覚…
あれは新鮮だった(白目)

久しぶりに立ち上がれないほどに
ボロボロになってきました。

 

久しぶりのグループライド!

前日から極度の緊張でよく眠れました。
でも怖すぎてドタキャンを何度も考えたよ…

なんとか家を出発。
もう行くしかありません(どんなんやねん)。

城北公園を通って淀川を越えます。
朝のラジオ体操してました。

P5070128

P5070130

待ち合わせはいつもの池田のコンビニ。
思っていたより車が少なかったので、
R176を使って北上して行きました。

P5070133

そして待ち合わせ場所へ到着。

P5070138

今回は参加人数が多く、
過半数が初めてお会いする方なので、
極度の人見知りなぼくは緊張。

チームグルメライドのお二人、
お馴染み"マムートンさん"と、
鈴鹿を一緒に走った"Kさん"も居はります。
プロペルさんとは1年以上ぶりです。
知っている人も居るので少し安心。

簡単に自己紹介を済ませて、
池田から宝塚方面へ向かいます。

今回のルートはKさんの監修。
宝塚へ向かうルートも迷路のようで、
初めて走る道を走っていると、
いつの間にか、武庫川沿いの「末広公園」へ。

後でGPSで走った道を確認してみよ・・・

P5070141

更に、ここで1名合流しまして、
グループは総勢9名になりました。
大所帯!

 

1年ぶりの六甲山に挑む!

今から向かうのは六甲山!
「みんなで六甲を登ろう!」という、
少し変態的なイベントなのでした。

逆瀬川が近づくにつれて、
毛穴から無数の後悔が滲み出てきます。
今すぐ帰りたい! でもがんばるぞ!!

今回、六甲山初登坂の人もいるので、
途中の甲寿橋で一旦まとまることが決まり、
それ以外は各々のペースで、
それぞれで登ることになりました。

そんな感じでスタートした六甲アタック。
やはり先頭に速いグループが形成されます。
それに着いて行こうかと思ったんですが、
みなさんめちゃくちゃ速いわ…。

こんなペースじゃ本格的に登る前に、
真っ白な灰になるのが目に見えているので、
途中で守りのマイペースに切り替えて、
先頭集団をお見送りしました。
あんな強度ムリ~。

そんなこんなで甲寿橋で合流。
ここから激坂区間なので、
マイペースで登りきるぞ~!

P5070142

・・・そして数分後。
誰もいなくなりました。

P5070151

しかも途中でぼくだけ信号で引っかかったりして、
さらに間が空いてしまいまして、
めでたく完全にソロ活動となりました。

P5070149

1人で一生懸命登っていると、
途中で先頭から降りてきたIさんの激励。

「ファイトォォォー!!!」

グループの一番最後尾まで降りて、
みんなを励まして回ってるみたいだ。
タフボーイ!かっこいい!

そんな力強い励ましを受けて、
必死にがんばっていたんですが、
宝殿ICの手前の激坂区間の辺りで、
もうなにも出なくなってヘロヘロ。
私は出がらしとなりました。

なんとか激坂区間を終えると、
後ろから「やっと追いついた!」と言って、
背後から再びIさんが登場!
えー速い!!

そこからは「もうちょっとです!」とか、
激励を頂きながら、もがきにもがく。
もがきすぎて、脚も取れてたと思いますが、
なんとか一軒茶屋に到着ー!
本当に疲れまくりました。

P5070155

しかし疲れとは比例しないのがタイム。
区間ごとに見ても自己ベストとは程遠く、
過去の自分に勝てない空しさを
噛みしめるのでした…

その後、自転車を押し歩いて、
「六甲最高峰」へ登りました。

P5070158

実はココまで登るのは初めてでした。
これは景色も良くて最高ですね。

P5070160

↓人の記念撮影を横取り。
P5070166

よーし。
一番の難所も越えたし、
後はランチまでほとんど下るだけだー!

 

ランチはハンバーガー!!

ランチのお店に向かって走り出しますが、
最短ルート(激坂 小笠峠経由)で行くと、
余裕で開店前に着いてしまうので、
少し遠回りをしながら、お店へ向かいます。

P5070169

初めて裏六甲へ下りましたが、
ダウンヒルが苦手なので怖かった…。
風が冷たくて気持ちよかったですね。

P5070172

下りきると、神鉄の線路が見えました。
(冬のブルベ、渦潮300を思い出す…)
途中から交通量が多くなってきたので、
グループを3分割する形で走りました。

P5070175

P5070178

そんなこんなで、
1時間ほど走って到着しました!
本日のメインイベント!

P5070195

エスケール
http://yakitate-pan.com/

ここへ来るのは、
年末の忘年チームライド以来ですね。

今回は人数が多いので、
サイクルラックもパンパンで、
入りきらなかった…。

P5070184

ここで1人離脱されましたが、
それでも8人の大所帯。
待ち時間30分くらい予定してたんですが、
開店直後だったので、運良くすぐに入れました。

ベーコンエッグチーズバーガー!

P5070190

気が付けば、前回と同じのを頼んでいました…。
せっかく再訪したのに、なんてことを。
まぁ激ウマなので、問題なし!

絶品ランチを堪能しました。
後は帰るだけですね!

お店を後にして、後は帰るだけの道のり。
少し先にある船坂のコンビニまで走り、
ここで最後の休憩をしました。

P5070199

P5070202

3日前にDNF宣言したコンビニだ…

「後はゆるゆるで帰りましょう!」

この時はこの甘い言葉の裏側に気付かず。
まさかこの先にラスボスが居るなんて、
思いもしていなかったのでした…

 

ラスボス!十万辻ヒルクライム!

船坂からは蓬莱峡を生瀬へ下ります。

P5070206

少し宝塚方面へ戻ると、生瀬橋があり、
そこをR176へ渡る交差点から、
R33を登る道、これが「十万辻」です。

入り口に大きく掲げられた
「上り急勾配」の文字に戦慄が走る!

P5070209

というわけで、
十万辻を登りだした一行なんですが、
みんな死ぬほどペースが速いのであります。

P5070213

まずIさんが一瞬で視界から消える。
それを追う第二集団。

あれ!?1mmもゆるくない!!!

しかし、ここで食らいつかねば
今回のこのイベントに参加した意味がない!
そう言い聞かせて、踏ん張ります。

第二集団の5人の先頭から、
プロペルさんともう一人が抜け出します。
あれは追えない速さだ。

残った3人はKさんとマムートンさんとぼく。
この時点で確実にぼくにはオーバーペース。
つらい。

比較的勾配の緩いところが多いので、
なんとかギアを選んで食らいつきますが、
ガンバリもむなしく、
途中で離されてしまいました。

でもここであきらめたら負けや!
再度追いついて気合を見せた!
…までは良かったんですが、
結局最後勾配がきつくなるところで、
どうしてもついて行けず、離脱。
さよならー。

前を走るマムートンさんに、
15秒くらい遅れてフィニッシュでした。
もうヘロヘロです。
なんやねんこれ。
どこがゆっくりですねん・・・

P5070216

バス停の前でへたり込んで、
しばらくみんなで雑談をして過ごしました。
なんだろう。
たまにはこういうのも良いな…楽しい!

はー合宿みたいやぁー(白目)

 

帰路へ!

十万辻でケチョンケチョンになって、
完全なるデガラシと化しましたが、
もう後は帰るだけなので、大丈夫!

帰り道。

P5070219

P5070220

それぞれの場所で解散をして、
最後は3人で川沿いをゆきました。
向かい風が強かったけど、
先頭のお二人の風よけのおかげで、
楽に走れました。(←畜生)

P5070228

神崎川からはマムートンさんと二人。
「本当にゆっくり行きますからね。」
と言われましたが、暴走特急でした。
たやすく人の言葉を信用してはいけない。

でもそのおかげで、
予定時刻より大幅に早く淀川へ帰着!
ラッキー!

ここでマムートンさんともお別れ。
今日は本当にありがとうございました!

P5070234

ラスト2kmで膝痛発生!

淀川の河川敷で一人になり、
「あー、楽しかったなぁ。」と、
ペダルを踏んだ瞬間、
右膝に痛みが走りました・・・。

先日のフレッシュの時に、
痛みが出ていた場所なんですが、
3日前のライドでは大丈夫だったので、
もう治りかけていると思い込んでました…。

幸い、家までは近かったので、
それほど困りはしませんでしたが、
悩ましい課題が出てきてしまいました。
むむむ、膝痛め。
年一回くらい遊びに来よるな…

 

おわりに

いやぁ、楽しかった!
先日のチームロゼライドも刺激が多かったですが、
今回もまた普段ない"強度"の走りで、
良い刺激となりました!
お誘いいただいたプロペルさんを始め、
みなさまありがとうございました!

自分がいかにヘナチョコか、
身に染みた一日でしたね…。
まぁぼくはニャンニャン落車専門なので当然か。

でも骨折の後にずっと感じている、
「自転車に乗っているときの違和感」が、
この連休でかなり薄れたような気がしてます。
夏には今まで通り走れそうな気がする!


しかし右の膝痛は悩ましいです。
フレッシュのときに、
トップチューブバッグの固定を
緩めにしてしまっていたようで、
バッグが少し右に傾いたままの状態で、
長時間走っていました。

「それを"無意識に避けて"ペダリングしていた。」
原因はそんな感じじゃないかと、
なんとなく思っています。

今回、むしゃらに走っているときに、
治りかけてた膝を刺激してしまった!
のかもしれませんね。

今まで何度も経験のある膝痛。
自転車に乗っていないときは、
痛みも全くないくらいの症状なので、
おそらく時間が解決してくれるでしょう。

ただ次の週末にまた刺激的な予定が…
もうしばらく強烈な坂は登りたくない。
温泉で休みたい…

 

今回の軌跡

距離: 124.26 km
平均速度: 22.8 kph
カロリー: 2,465 C
時間: 5:27:02
高度上昇: 1,691 m

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です