パンクの神様ありがとう!?ハプニングから三田の秋を満喫するライド!

はじめに

昨年は走る機会の多かった、
ぼく、daiconさん、ななしきさんのトリオ。
串本ライド、金沢DNFライド、答志島ライドなど…
なんか無駄に活発に走っていました。

今年は熱が冷めた(!?)daiconさんの影響もあり、
昨年に比べて、走る機会が激減した3人組ですが
今回、満を持して?無理やり?
「久しぶりに走りに行こう!」となりました!

そこに先日ブルベで600kmを走破した、
“サドルテスター”こと、あまえび氏も参加となり、
総勢4人で三田方面を走ってきました!!

 

朝からトラブル!?

いつものように早起きの週末。

昼夜の寒暖差が大きいので、
服装に悩みつつ、薄手の起毛ジャージ、
下はタイツの上からビブショーツを履いて、
後はウインドブレーカーを羽織って出発。

愛用の中華ライトが調子悪くなったので、
今回からVOLT800を導入!

午前4時40分。
城北公園であまえび氏と待ち合わせ。

あまえびさんはメインのFOCUSが検査中で、
初代のROCKBIKESで登場。

よ~く見ていただきたい。
なんと!またもやテストサドルなのです!!
さすが「サドルテスター」

「サドルちょっと下げて良いですか?」と、
おもむろに携帯工具で作業をし出すあまえび氏。

「これで真っ直ぐですか~?」
サドルの角度を気にしているが、
良く見てみると、それどころではない。

フロントフォークが真っ直ぐ付いていない!

うひょー。

こりゃヤバイでしょー!
とか言いながら盛り上がる午前5時前。
出発前からグダグダなのでありました。

さて、今回も川西で待ち合わせなので、
いつものR176ルートで北上して行きます。

そして約1時間で池田新町のローソンへ到着。
お二人は先に着いてはりました。

しかしdaiconさんの自転車は個性的。
ハンドル周りどないなってんねん。

少し休憩していると、
自転車乗りの方が…

あ、パンダライダーさん!!

どうやら今日はツネさんと一緒に、
「自走アワイチ」に出かけるらしく、
同じくここで待ち合わせとのことでした。

往復自走アワイチ!?
こんな時間から?という話をしたりしてると、
ツネさんも登場!

このお二人の自走アワイチについては、
またツネさんのブログで長期連載されることでしょう。
楽しみにしとこうっと。

偶然にお会いできたお二人と別れ、
我々は三田方面へ向かうのでした。

ちょっといつもと違うルート。
広根の辺りからR324で宝塚へ抜ける道。

工事中の新名神の真下を通る道で、
こちらから走るとガッツリ登る道です。

そこからR33をショートカットする、
脇道を通って西谷方面へ抜けます。

無駄なアップダウンを味わいます。

西谷の「ふれあい夢プラザ」で小休憩です。
まだお店もトイレも開いていないので、
自販機で温かいカフェオレを。

下世話な話で申し訳ないんですが、
ここでdaiconさんが、
「う○こに行きたい」と言い出しまして、
こんなところに便所があるワケないでしょー!

と、ひと騒ぎした結果、
遠回りになる予定ルートを走るのをやめて、
最寄りの三田のコンビニまで直行することにしました。

無事に到着したコンビニの前で、
彼が放った「う○こ出なかった」という、
最高に簡潔かつ、スペクタクルな一言は、
ぼくたちに『僕らは生まれもって自由』だと感じさせるには、
十分すぎる破壊力を持っていました。

 

パンクの神様が降臨された朝。

そんなにぎやかな茶番を経て、
ぼくらは青野ダムのほうへと向かいました。

志手原からR49へ。
道路脇にあった温度計は11℃。
最高に走りやすい天気です。

琴引峠の手前で湖畔の道へ入ります。

スピードを出して走るのには向いてませんが、
こういう道が走っていて楽しいですね。

青野ダムを過ぎて、抜け道を走るんですが、
初めて走るこの道は想像以上の「抜け道感」。

須磨田のほうまで出て、
そこから本庄を通り相野方面へ。

途中、あんまり路面が良くなかったので、
素直に湖沿いのR308を北上するか、
湖畔の細い道を走るほうが正解だったかもなー。

途中R176へ入り少しだけ南下。

今回の休憩ポイント「Rocco caffe’」へ到着です!

Rocco Caffe’
https://ja-jp.facebook.com/rocco0605/

バイクラックもありましたですよ。

モーニングを頂きました。
今回のプランは、時間に余裕があるので、
ゆっくりと朝ごはんを楽しみました。

さて。
ここからは篠山今田町のほうへ進み、
黒石ダムを越えて、篠山市街地へ走る予定。

さて、再度出発!
ってところで、後ろから変な音が・・・

daicon氏のチューブレスがパンク!

穴あきパンクじゃなくて、
隙間が開いてしまい空気が漏れた感じ。
シーラントがブワー。

ということで、
カフェのすぐ横で、修復作業開始。

チューブを入れて、
「クリンチャーとして復帰する作戦」
・・・だったんですが、
なんかリムテープがヘンテコなのです。

これ、チューブ入れてもすぐパンクしそう・・・。

もうチューブレスとして復帰できないので、
後はチューブを入れてしまうしかありませんが、
それも危うい状態なのでは…

これがダメなら走行不能になる!!

とりあえずチューブを入れてみて、
それでどうなのか様子を見るしかありません。

タイヤを嵌めて、CO2ボンベを注入します。
ここでパンクしたら、もう終了です。

なんとか大丈夫そう!?

とりあえず予定はキャンセルして、
近くの自転車屋さんを目指して走ろう!

でも三田のこんな場所なのに、
近くに自転車屋さんなんてあるワケ・・・

あ、あの店があるやんか!!!

ぼくらは一路、その場所へ向かうのでした。

 

自転車工房エコーへ!

最寄りの自転車屋さんは、
「自転車工房エコー」さんでした。

今居る場所から約8kmほどの道のり。
再度パンクしないことを祈りながら、
少しずつ距離を詰めて行きます。

パンクの不安にヤラれているのか、
daiconさんの顔から生気が失われている。

そして無事に到着!!

自転車工房ECO
http://kobo-eco.com/

リムテープを張り替えてもらって、
健康な状態にしてもらえることになりました。

店長もこのサドルには驚いてはったな・・・

工房の中を見せていただいたり、
TADA車に試乗させてもらったりと、
急に来た僕らにも丁寧に対応していただいて、
来る予定なんて全然なかったくせに、
「あー、今日来れて良かったなー!!」と、
みんな口を揃えて言い出す始末でした。

そして横に併設されているカフェにも
お邪魔することになりまして、
ちゃっかりとケーキセットを頂きました。
ガトーショコラ美味!

予定が大幅に変わってしまったので、
この後どうするかの相談タイム。

正直エコーさんでの時間が楽しすぎて、
もうみんな満足しちゃったのでした。

「ほな昼飯食って帰ろか!」

満場一致。
次なる目的地へ向かうのでした。

目的地があまりにも近いので、
数キロだけ遠回りコースです。

R49を北上して、途中からR309へ。
ここ、走ったことない道かもしれないな…

R309は登り基調の道で、
ちょっとした峠みたいな感じでした。

ということは、
後川からR37~R309と走ると、
快適にR49まで出られるんだな・・・φ(..)

紅葉のスポットなどには寄りませんでしたが、
辺りの山の色が色づいてきて、
畑の柿が大きく実っているのを見て、
それだけで秋を感じられるってもんです。

やっぱり三田の雰囲気は好きだなぁ。

さて、件の目的地に到着です。
前々から行ってみたかったお蕎麦屋さんへ!

十割そば処 山獲
https://tabelog.com/hyogo/A2807/A280703/28006795/

ジビエと十割蕎麦のお店です。
数年前から存在は知ってましたが、
立地的にお昼に通ることが少なくて、
機会を逃していたお店だったんですが、
念願の入店!

むぎとろセットを注文。
なにこれ、最高やんか・・・

蕎麦はパンチがあって美味しかった。
次はジビエ焼肉をしに来たいなぁ。

少し遅めの1時半くらいに行きましたが、
ぼくらの何組か後で売り切れてしまい、
早めの閉店をされていました。
行くときは早めが良いと思われますよ!

あーお店の前から見る景色も抜群だ。

予定になかったところなのですが、
めちゃくちゃ満喫してしまいました!

 

猪名川経由の帰り道

「エコーからお蕎麦屋さん」と言う、
最高の流れをキメてしまったぼくらは、
もう大満足なのでした。

なんにも思い残すこともないので、
さっさと家へ帰ります。

山獲からR323で大坂峠を越えて、
猪名川方面へ走ります。

R12を南下して、道の駅をスルー。
そのまま猪名川町役場を過ぎて、
川沿いの道を走るという、
もういつも通りのルート。

そのまま多田の辺りを通過して、
猪名川沿いの道へ。

朝集合した池田のコンビニで最後の休憩。

ここでdaiconさんは離脱。
ハプニング大賞おめでとうございました。

残りの3人で猪名川の河川敷を南下しました。

11時ごろから気温が上がって、
ジャージの袖をまくって走っていましたが、
少し日が落ちてくると、すぐに気温も下がりますね。
季節の移り変わりを感じざるを得ないわ・・・。

途中でロードバイクを押している人が居て、
ななしきさんが停まったと思えば、
あまえびさんがすかさず声をかけます。

パンクしてしまってお困りだったんですが、
幸いぼくらはチューブもボンベも持ってたので、
それですぐに復帰できました。

一緒に走る仲間を頼もしく感じた出来事でした。
おっさん達、かっこよかったで!

ということで、
後は河川敷をゆっくり走って帰りました。

夕暮れの神崎川を走り、
無事に淀川へ帰り着きました。

いやー、本当に楽しかった!!
また走りに行きましょうー!!

 

おわりに

まったく予定通りに走れませんでしたが、
今回はそれが醍醐味となりました。

結局、知らないお店に行ったり、
機会を逃していたお店にも行けたし、
「有終の美」とはこのことです、ほんと。

ハプニングが起きた時、
それを絶好の機会に変えてしまって、
うまく方向へ切り替えることのできる、
そんな今回のメンバーは素敵でしたね。

エコーさんは本当に居心地が良いところで、
またカフェ利用だけでも、
お邪魔させてもらいたいなと思いました。

美味しいお店もたくさんあるし、
里山風景もとても素敵だし、
三田、やっぱり最高ですわ。

今回行く予定だった場所は、
また別の機会に走れたら良いなぁ。
しばらく大切に取っておこうっと。

 

今回の軌跡

距離 : 136.14 km
タイム : 5:49:12
平均速度 : 23.4 kph
高度上昇 : 1,112 m



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です