NILE RODGERS & CHIC Japan Tour 2011

参戦してきましたー!
ゴキゲンなDISCOミュージック漬けで最高なライブでしたねー。
最高にGood timesなステージやったなぁ!
nile rodgers&chic 2011

この前見たLarry Grahamを彷彿とさせるオープニング!
ホーン隊を先頭に、ドラクエみたいに列を成して
客席を練り歩きながらステージに登場!
そこからChicワールド全開でした。

セットリストは代表曲のオンパレードで、
日本ツアー最終日だからか、やけにアットホームなステージでw
演者側がめっちゃおもろそうに演奏してましたね。

Nile Rodgersもガンを患っていたとは思えないほどのステージングで、
あの独特なカッティングも冴え渡りまくってました。

ベーシストとしては、
個人的に大好きなJerry Barnesを、生で見る事ができて感無量。
あのクセのある粘りベースが炸裂してましたねー。
弾くポジションとかも、思ってたのと全然違ったなぁ。

後、ボーカルの女の人がめっちゃ良かった。
Kimberly Davisのパワフルボーカルが良かったなぁ。
なんか今までのCHICっぽくないイメージやったけど、
めっちゃ良かった。

まぁ、なにより音楽はやっぱり楽しみながらやらんとあかんな!
って、思いましたわ。
あれほど楽しそうにギター弾く人はなかなかおらんw

残念やったのは、
パーカッションのノリノリおじさんが不在やったのと、
ク○トロの許容量のなさ。
あのハコで大所帯バンドは無理やなぁ、音が悪い。
TOPのときも限界値超えてる感じやったし。
ライブ自体は最高でした。

そういえば、来月また東京でライブやるらしいです。
なんで大阪来ないんすか。

nile rodgers&chic 2011
↑恒例の写真タイムで撮影したやつ。

ライブ終わりにJerry Barnesに握手してもらって、
「You Are My Hero!」ってゆーたら、
「Really!?」ってゆーてはりましたが、
それがほんまに「え、マジで!?」みたいなリアクションやって、
ちょっとおもしろかったですw

Members:
Vocal&Guitar:Nile Rodgers
Vocal:Kimberly Davis
Vocal:Folami
Sax:Bill Holloman
Trumpet:Steve Jankowski
Keyboards:Rich Hilton
Keyboards:Selan Lerner
Bass:Jerry Barnes
Drums:Ralph Roll

Setlist:
01.Hangin’
02.Everybody Dance
03.Dance Dance Dance
04.I Want Your Love
05.I’m Coming Out
06.Upside Down
07.He’s The Greatest Dancer
08.We Are Family
09.Soup For One
10.Like A Virgin
11.Let’s Dance
12.I’m Thinking Of You
13.CHIC Cheer
14.My Forbidden Lover
15.Le Freak
16.I Wanna Dance
17.Good Times

2011 Japan Tour 東京ブルーノートの模様

2011 Japan Tour コットンクラブの模様

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です