三国越林道を走って信楽まで!大阪市内から走る夏のセンチュリーライド!!

はじめに

今年もお盆休みがやってきました!
と言っても、ほとんど家の用事で忙殺されるだけ。

2日だけ走ることの許しを得て、
1日はロゼさんとロングライド計画を練っていましたが、
結局、家の用事で「夕方4時がタイムリミット」になってしまい、
ロングライド計画は白紙になってしまいました。
あー無念。

しかし朝早く出発すれば、
多少の距離は走れるはずだ!!(←いつものパターン)
ってことで、早起きをして走ってきました。

今回はロゼさんの満足する走行距離を稼ぐため?
滋賀の方へ向かって走ることにしました。

 

早起きして木津川方面へ

今回の待ち合わせは朝4時。
R163のコンビニで待ち合わせです。

DSC09860

ここでの待ち合わせは、
なぜか自走大台ケ原の時を思い出すなぁ。

まだ夜が明けきらないR163をひたすら進みます。

DSC09861

この時間だと交通量も少ないんですが、
お盆だからか、普段よりも多く感じました。

DSC09862

お馴染み"清滝峠"を登って大阪を脱します。

DSC09863

まだこの辺りは暗い時間での通過でした。

DSC09864

バス停の辺りも、ちょっと怖いくらい暗い。

DSC09865

そのまましばらくR163を走り続けて、
山田川の辺りで一旦エスケイプ。

この頃には陽が登ってきました。
いよいよ一日の始まりですね。

DSC09866

またまたR163に戻り、
木津川駅のほうから木津川を渡って、
しばらく川沿いを走ります。

DSC09867

DSC09868

途中の5号線で"和束"のほうへ北上します。
緩やかな登り基調の道。
ロゼさんのスピードに着いて行くのがやっとだった…

DSC09870

DSC09871

チラっと見える木津川の支流が綺麗。

DSC09872

さきほどから走っているこの道。
どこかで見たことあるなぁと思ったら、
こないだkazuさんと走った道だった!
逆向きだから分からなかったな~。

DSC09873

朝の川沿いは気持ちが良い。
写真はブレブレだけど。

DSC09874

途中から道をR62に変え、
今回のメインディッシュ「三国越林道」を目指します。

道の先の登りを目の当たりにして、
うなだれる。

DSC09875

進んでいくと周りの雰囲気も変わってきました。

DSC09876

高台から見る景色は抜群でした。

さすが宇治。
茶畑が美しい。

DSC09877

ここから、いよいよ「三国越林道」だ!

 

三国越林道に屈する!?

少し狭い道を曲がっていくと、
雰囲気がガラっと変わり、
三国越林道が始まりました。

DSC09878

林道と言っても、しっかりと整備された道で、
全編舗装路の非常に走りやすい道です。

DSC09879

車通りもなく、とても静かな道…なんですが、
セミの声と羽音がひっきりなしだった。

途中で案内図を発見。
このまま伊賀の近くまで抜けられるんだから、
なかなかおもしろい道だなぁ。

DSC09880

しかし、走っていて重大な欠点が判明しました。

道がめっちゃおもんない!

景色が全然変わりません。
そしてひっきりなしにアップダウンがあるので、
精神的に不健康な道でした。

DSC09881

途中から道相手に罵声を浴びせるという、
良く分からない午前中のひと時でした。

DSC09882

たまに道の雰囲気が変わると嬉しくなります。
山間の細い道を走って行きます。

DSC09884

今回は信楽方面へ抜けるため、
この「三国越林道」とは途中でお別れとなります。

やったぜ。
クソみたいにしんどい道のりからの解放だ・・・

DSC09885

ありがとう。
もう二度と走ってやらないからな!(涙)

 

信楽をゆく!

林道を抜けて行くと信楽の南のほうに出ました。
多羅尾という集落で、
めちゃくちゃのどかなところに出てきました。

DSC09886

DSC09890

しばらく下り基調の道が続きますが、
川沿いを走る道は最高でした。

DSC09892

少し路面の悪い道もあったりして、
ヒヤリとする場面もあったんですが、
なんとか無事に信楽市街地へ出てきました。

お腹ペッコリーノだったので、
コンビニで昼ごはんのような朝ごはんを。

s-IMG_20170811_080306

休憩の後はR12を走り「今峠」を越えます。

もう既に脚は死んでしまったので、
ロゼさんの背中を遠く見送るだけ。

DSC09898

それほど強烈な峠道じゃなかったので、
なんとか登りきると、ここからは下りの快走路!

DSC09899

DSC09900

写真を見て気づいた人もいるかもしれない。
終始ロゼさんに牽いてもらっているということに…

DSC09901

このまま走ると栗東方面へ行ってしまうので、
途中でR16へ道を変え、大津方面へ。

ロゼさん、強度が高いよ…(白目)

DSC09903

山の中を抜けて、次は田畑の中を走ります。
目指すは"瀬田"です。

DSC09905

京滋バイパスを抜けていきます。

さっきまで雰囲気の良い場所を走っていたのに、
あっという間に街中になってしまって、
ちょっとさびしくもありますね。

DSC09906

そんなことを考えてたら、雨が降り出しました。
近くにあったコンビニに一時避難です。

結構しっかりと降っていたんですが、
どうやら通り雨だったようで、
10分ほどで止んでくれました。

s-P_20170811_092759

気が付けばもう大津に入っていたようで、
ここからは「瀬田の唐橋」を越えて、
瀬田川沿いを南下していきます。

DSC09908

そして本当の目的地に到着!

 

瀬田川から木津川へ

石山寺の辺りにある、
自転車乗りに有名なお店に到着。
今回の本当の目的地はココでした。

「茶丈藤村」

http://sajo-towson.jp/sajo_towson/

お店の外観写真撮り忘れた・・・

噂に違わぬ感じの良い女将さんが、
色々と話してくれて緊張しましたw

ちょっとこの時バテてしまってたので、
本蕨を頂きました。

写真がこんな感じなのは、
半分食べてから撮ったからなのです。

DSC09909

水ようかんも最高だった…

だいぶ回復できました。
ライド中に食べる甘いものは正義だ。

DSC09910

朝早かったので、お客さんも少なくて、
居心地がいいので、ゆっくりしちゃいました。

お店を後にして、
ここからは瀬田川沿いをひたすら走ります。

DSC09911

当初、天ケ瀬ダム経由で宇治川へ行く予定でしたが、
宇治の辺りは交通量が多くて走りにくいので、
少し遠回りですが、木津川のほうへ抜けることにしました。

DSC09913

さっきの雨はなんだったのか。
めちゃくちゃ暑くなってきてヘロヘロだ・・・

DSC09914

途中でR62へ道を変えて宇治田原方面へ。

ちょうどこの辺りでカンカン照りだったので、
あまりの暑さにコンビニへ駆け込みました。
それぞれ2Lの水を買って、2人で水を浴びまくって、
なんとか少し回復しました・・・

途中でR307に合流して、
そのまま山城大橋を渡ります。

DSC09915

DSC09916

ここからは木津川~淀川沿いを走って、
大阪市内を目指すという川沿いコンボルート!

 

灼熱川沿い地獄

久しぶりに走る木津川河川敷は最高。
猪名川・神崎川・淀川・桂川・宇治川。
アクセスしやすい川沿いの道はいくつかありますが、
木津川沿いが断トツで好きかもしれない。

でも、走る先に何もないので、
なかなか走りに来れないんですけどね~。

DSC09917

随一の写真スポット「流れ橋」へ寄り道。

DSC09918

いやぁ、なんかもうエンドロールの気持ち。

DSC09919

しかし、夏の暑さは容赦なく…。
御幸橋に着くころには灼熱でございました。
八幡の「さくらであい館」にて休憩。

DSC09920

計画では宇治川を通って、
長岡京を抜けて柳谷を登り、
高槻経由で帰る予定を立ててたんですが、
このクソ暑さに戦意喪失しました。

木津川沿いを選択した時に、
お互い確認せずとも分かってたんですが、
ここで改めて「柳谷はやめとこ…」となりました。

このまま川沿いでゆっくり帰りましょう…

Screenshot_2017-08-09-12-09-36_1

さて、八幡からは淀川沿い快走区間。
バリバリ走るぜー!と思ってましたが、
いつものヤツが発動してる!!

強烈な向かい風!!

DSC09922

苦しいときに前を牽いてくれるロゼさんに感謝…。

ひたすら走りました。

DSC09923

枚方の医大裏で休憩。

風が強いおかげもあり、
日陰だと涼しくて良いんですが、
日向は地獄でしたね…

ここでも結構ゆっくりと休憩しちゃいました。

DSC09928

枚方でロゼさんとはお別れになり、
残りわずかな距離を一人で走りますが、
全然チカラが出てきません。

あまりのヘロヘロさに、
ところどころで休憩を挟みながら帰りました。

DSC09929

時には水道で水を浴びたり…

河川敷の向かい風の洗礼と、
夏の灼熱のコラボレーション。

厳しすぎます!

DSC09930

ということで、
この青空すら疎ましいくらいに、
ヘッロヘロになって帰りました。

DSC09931

無事に家にたどり着いたけれど、
最後は本当に参ったなぁ。

 

おわりに

今回は楽しみにしていた「三国越林道」は、
アップダウンだらけの修行のような道で、
勝手にガッカリしてしまったんですが、
その後の信楽のほうは、ええ感じでした。

今回、通過時間が早すぎたので、
立ち寄れなかったお店も色々ありました。
次回はそういうところを巡りたいですね。
また信楽へ行こう!

帰りの川沿いはひどかった。
熱中症とかではなかったんですが、
最後はハンガーノックと向かい風と暑さで、
もうほんとに10kmほどが永遠に感じました。

今回もロゼさんにお世話になりました。
最後の川沿いは本当に頼りになりました!
またよろしくお願いします!

 

今回の軌跡

距離:166.02 km
時間:6:38:21
平均速度:25.0 kph
高度上昇:1,516 m

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です