Joni Mitchellのアルバム10枚セット”The Studio Albums 1968-1979″がオトクすぎる!

今、巷で話題沸騰(しているはず)の、
ジョニミッチェルのアルバム10枚セット
"The Studio Albums 1968-1979"を入手!

Joni Mitchell "The Studio Albums 1968-1979"

Joni Mitchell "The Studio Albums"

 

最近、地味に色々なアーティストに触手を広げる
"The Studio Albumsシリーズ"。

「なんと言っても安い!」

というのが最大の魅力であり、それしかウリがありませんが、
本当に驚きのボリューム!
これだけで初期ジョニミッチェルが網羅できます。
ちなみにお値段は10枚セットで2500円ほど!

このボリュームはすごい

収録アルバム

1968年 ジョニ・ミッチェル – Song to a Seagull (Joni Mitchell)
1969年 青春の光と影 – Clouds
1970年 レディズ・オブ・ザ・キャニオン – Ladies of the Canyon
1971年 ブルー – Blue
1972年 バラにおくる – For the Roses
1974年 コート・アンド・スパーク – Court and Spark
1974年 マイルズ・オブ・アイルズ – Miles of Aisles (live)
1975年 夏草の誘い – The Hissing of Summer Lawns
1976年 逃避行 – Hejira
1977年 ドンファンのじゃじゃ馬娘 – Don Juan's Reckless Daughter
1979年 ミンガス – Mingus

 


 

ペラペラな紙ジャケに入ったアルバムが、
ボックスの中に10枚格納されていました。

10枚入り!

ちなみに紙ジャケは最低限の仕様。
しかし、以前発売されたChicagoの同シリーズよりは手も込んでいて、
見開き型なのも評価できますね。

一応、見開きで紙ジャケ。

背表紙もついていて、値段のワリには良くできてます。
超廉価盤にしては、所有欲も満たしてくれる、なかなかの作りです。

しっかりとした背表紙!

ちなみにChicagoのやつはこんな感じでした。
背表紙もなく、だいぶちゃちい。

[Chicago Studio Albums 1969-1978]

 

Jaco Pastorius参加時期のもほぼ網羅

さてさて。
このボックスを買うくらいなので、ぼくはあまりジョニミッチェルに詳しくないので、
"Blue""Shadows and Light"くらいしか聞いたことないんですが、
やはりベーシストとしては、Jaco Pastorius参加期が気になるところ。

前述したライブアルバム"Shadows and Light"はこのボックスに未収録ですが、
それ以外の"Hejira"、"Don Juan's Reckless Daughter"、"Mingus"と、
3枚とも収録されているので、歌モノの後ろで奏でられるジャコパス独特のベースを
堪能するにもオトクなボックスセットかと思います。

まだチラっと聞いただけですが、"Mingus"はかなり強烈でした…。


というわけで、
しばらくはJoni Mitchell漬けになりそう!

 

 

 

 

その他の"The Studio Albums"シリーズ↓

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>