Joe Cockerの名曲”The Letter”をカバーしました

先日のライブ映像を2曲ばかしYoutubeにアップロードしました。


The Letter

New York State of Mind

ビデオカメラの録音レベル調整を間違えて音が割れてしまった…。
残念。

Joe Cockerの"The Letter"をカバーしましたよ。
最後コーラスで音程外しているのはワタクシです。
下はBilly Joelの"New York State of Mind"
どちらも名曲ですね。

 

さて、この"The Letter"という曲。
元々Box Topsというグループのカバー曲なんですが、
Joe Cockerが、その原曲のニオイをかき消すような
素晴らしいカバーに仕上げてしまってます。
結果このカバーバージョンのほうが人気が出てしまって
もはやJoe Cokerの曲みたいになってます。

日本語タイトルは「あの娘のレター」
時代を感じます…

Joe Cocker

Joe Cockerは同じ手法?でThe Beatlesの
"With A Little Help From My Friend"もカバーしてますね。
当時チャート1位を獲得するほどのヒットになったようです。
(確かこれがデビュー曲だったはず…)

これも原曲とは違うロックな暑苦しさが光る秀逸なカバーです。
ハードロックバンドのThunderなんかは、
こっちのバージョンでカバーしてましたね。


初期のJoe Cockerのめざましい活躍には、
Leon Russellのチカラが欠かせなかったわけですが、
この"The Letter"も例外ではなく、
彼のプロデュースがあったからでもあるんでしょうね。

Joe Cocker & Leon Russell

Joe Cockerのライブ録音の名盤"Mad Dogs & Englishmen"にて、
そのLeon Russellの活躍を聴くことができます。
バンドを動かして、更には自らピアノを弾いてはります。
アホみたいにかっこええピアノです。

 

ああ…気がつけばバンドのことじゃなくて、
ジョーコッカーのことを書いてしまってました。
素晴らしいシンガーです、ほんまに。

少し後に発表する"You Are So Beautiful"などなど
本当にええ歌を歌う人です。

 

バンドの話はなんや忘れてしまったので、
思い出した頃にまた書きますわw

 

by カエレバ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>